r1Q5aJnZ2t.30.44.jpg

昨年度の事業売上がコレなので、今期は新しくアレやって売上いくらにします。

って決めて自分が自ら新規事業に挑戦することを通して、挑戦しやすい環境をつくろうってしてました。


俺がやらねば、みたいなところと

挑戦しやすい環境を作るって言ってる割には俺がストッパーしてるよな

と思ってちょっと驚き。


スタッフからは

制作スタッフ増やしたい

性能のいいカメラを買いたい

もっと責任ある仕事をしたい

クライアントのプロモーションの結果を出すためにこんなことを考えた


素晴らしいんだけど俺が止めてる感がすごい。

フッと湧くのは「でも今のままでもいいのでは」って言葉。



スタッフのチャレンジを止めていながら挑戦しやすい環境を作ると言ってたわけだ。




という損失に気づいた今日は、新しくセットアップ。

リーダーが率先して挑戦せねばではなく、スタッフの自発的な挑戦をサポートする、自発的挑戦意欲を出すリードで関わります。

4YGTahZpuB.33.48.jpg

これを書いている今もドキドキしてます。

10月から新しく常勤スタッフが加わります。

これで8名になります!嬉しいな。

一つ一つの嬉しいを味わうことも大事にしたい。

これまでの取組の結果だもんね。



常勤スタッフが増えることを時間の観点でみると21日×8時間で168時間が増えます。

時間資源が増えた分をどう意図的に売上生産性を高めるか、ってところが重要です。

売上生産性を高められれば、スタッフの給料も増やせてスタッフにとっては暮らしを穏やかで創造的なものにするための資源になる循環が作られると考えています。



経営者として意図的に時間資源を扱う器が必要になります。

正直ドキドキするのは嬉しい、楽しみだけじゃなくて、意図的にスタッフから預かっている時間(=命)を扱えるだろうかと不安、怖い、プレッシャーを感じています。



おれの中では嬉しいことと怖いことが同時に起きてる。

怖い。自信がない。緊張してる。うまくやんないとと思ってる。

自分の中に起きてる体験を受け取って、反応に翻弄されずに素晴らしく生きようと思う。



「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を理念とするFCFとして、まずは制作全行程を習得していただきます。

制作ができれば他の役割が最悪うまくいかなくてもつぶしが利くので、離別しなくていいから、スタッフにも会社にも穏やかさに必要な緩みを持つことができると考えてます。

あとはスタッフが急に欠員が出てもフォローできて安全な環境を創り続けられます。

全スタッフが制作全行程できるようにすることにこだわってます。

また全行程をできると各工程のクオリティが数段上がります。

全体を見通してスケジュールや緊急度・重要度を判断することもありマネジメント能力も育ちます。

どの工程を改善すると生産性が高まるか、改善能力も育ちます。




新しいスタッフの彼には制作リーダーを任せられるようにしたいという直近のビジョンがあります。

今の制作リーダーは制作全行程を教えていただき、マーケティングに移っていただきたい。

クライアントのニーズに直接接することで制作のクオリティが上がります。

できる仕事の幅が広がると視野が広がり全体の付加価値や効率アップさせる事につながると考えてます。

全員が売れて、全員が作れる組織が制作会社として強い基盤だと思う。

こういう思いと方針を共有して決め事や戦略を作ることが大切な人が穏やかで創造的に働き続けられる環境を作るために必要な僕の役割です。


愛から意図から大切な人を大切にする会社を創るために、来週も挑戦を楽しんでいこう〜!ヾ(*°▽°*)ノ

新しい挑戦の機会をいただけて嬉しいぜぃ!!楽しむよーーーーーヾ(´▽`)ノ

sUCa5WGtih.00.33.jpg

会社を経営していてSNSがパブリックな繋がりの場になってくると、なかなか本音が言えないように感じてましたが今日はもう本音を言っちゃおうと思う。(今日のブログは長いし、改行が意図的に少ないブロックがあります。セーブポイントはありません。中途半端な覚悟で進むんじゃないぞ。いいな。笑)

俺、今すげぇ幸せです。

本当に幸せです。地球よーありがとう!
こんなに素敵な環境をつくることができてマジで幸せだー!!

ごめんなさいね急に。言えなかったの。
幸せを得るまでのプロセスで関わった方、関わらなくなった方がいるのは確かで
いち経営者として公的な面もあり、SNSで繋がっている友人関係者の方の目を気にして俺は俺でいられなくなっていたような気がしてました。

(第一人称が俺になったり、僕になったりしているのはその時の自分の面によって変わっています。ハートからの言葉は「俺」という言葉をあえて「僕」に変えずに書いてます。)


立場上自分が今幸せって言えない人もいるんじゃないかなと思って
今日はそういう方にも届くといいなと思って全力で心を開いてブログを書いてます。

めちゃ悲しい事がありました。

とても頼りにしていた仲間がいて、その人とは別れました。

ずーっと好きだった。いつか一緒にビジネスしたいと思って1年近く会話して、任せたい役割があった。

問い合わせを待たずに自社で売れる力を持ちたかった。そのためのプッシュ型のセールスを長年やってきた昔の仲間に依頼して入社してもらいました。

だけど結果は出なかった。売上のないまま半年間利益が落ちている。今しっかり利益を出して資金調達したいのに、利益が潰れていく。。。と失敗の残念さや悔しさを当時は味わえず、プロジェクトに区切りをつけることもできず、反応は『NO!』でしかなくて、そして別れを切り出しました。

(*ブログ読者のあなたと安全なコミュニケーションをする意図で注.読者の方はドキッとするかもしれませんが、下記は僕の腹に留めてあった言葉です。経営者というパブリックな立場として相手に伝えるためのものではなく、ただ自分の中にあった言葉です。関係者にしかわからない特定の人物への私の気持ちを伝える意図ではなく、色々あった経緯の質感を表現するために使っています。独自の解釈を持ち帰らない意図で、できればここまで読んだ人はこの文章、最後まで読んでいただけましたら嬉しいです。)

終わった後の申し訳なさ。悲しさ。不甲斐なさ。お前このーー!!って責めるような気持ち。ばかー!!!ってお金返せよ!!ってマジで悔しかった。こんなもんなの?とかもうボッコボコに沸騰したお湯みたいに相手に対する思いが湧いてきて一方で大好きだったのにどうして!みたいな自分の中で男性的なパワーと女性的なパワーが入り混じってガコンガコンぶつけあってる感じだ。そんな(妄想の)やりとりが自分のお腹の中で起きててそんな自分を許せない俺がいてそんな俺を評価してる俺がいる。ちっさい男だなとか、経営者だろそんなことでそんなになってんじゃないよ!みたいな。「でも〜だってあいつがひどいんだ」みたいな言葉を持ってる子供のような僕もいて、そんな俺に対しても「男だろ!ねちょねちゃすんなや!」みたいにさ、男らしくあれみたいな姿もあるわけさ。

どうーーーせいっちゅうねん!!!!!

もう自分の中にいるたくさんの自分の声に当時は耳を傾けられなかったな。

あの時はホントごめんな、って思う。俺にも彼にも。

「お互いに目一杯やったじゃないか。色つけなくてもいいよ。」と今の俺から当時の俺に言ってあげたい。俺にも彼にもありがとう、あのときの挑戦から得たことを生かして素晴らしく結果を出して、いつかあの頃の挑戦があったおかげでこんなにすごいことになったよと言いたい。あの頃の挑戦の価値をどれだけのものにするかは今の俺にかかっている。


そして4月から再挑戦して、7月から本格的にプロジェクトが始動し9月にして1つ受注を獲得しました!今めちゃくちゃ嬉しいです。あの頃の挑戦と一緒に挑戦してくれた彼にありがとう。そして今の挑戦をしてくれているメンバーにありがとう。すごく頼もしいよ。


3月にめちゃくちゃ悔しいことがあった。

腹の内容物を全部吐き出してオエーッてなるほど、あんなに発狂したこと人生でない。

ちょうど先週にウチのイベントによく遊びにいらしていたお父さん以上に年齢の離れているかたがいるんだけど「あの子辞めたんだって?」って聞かれて僕は「そうです」とだけ答えた。そしたら「それが良かったね」と言われて僕は「そうですね」とだけ答えました。その後いろんな人と会話に混ざることになったのでそれっきりだったんだけど、家に帰って泣きました。守秘義務で僕は辞めた人のことを伝えない約束を結んでいて「勿体無かったね」とか「残念だったね」とか言われることもありましたが説明は控えていました。何も説明も伝わっていないのに「良かったね」と認めてくれていた人が存在していることに本当に救われた。ありがとう、、、もう悔しくて悔しくてたまらなくて本当に周りの目は節穴かよ!!何もわかっちゃいないよ!!と勝手に一人で絶望してた自分がいたけど、何だろうすごく暖かくて穏やかな口調でたった二言で僕の心はこんなにも救われました。


FCFは理念「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」に忠実な組織を作るため、独自に仕事の在り方を表明する「会社の手引き」を作りました。私たちスタッフの暮らしをより穏やかで創造的なものにしていくためにお金と愛とバイタリティの循環を大きくしていくことを意図してリーダーの総量を増やす方針を表明し、生産性を高める方針、リーダーシップを発揮する方針を作りました。

属人的な仕事のやり方、役員の隠れ残業を含む全ての残業を撤廃し、今まで毎月開催していた会社主催の飲み会を辞め、休日に開催した料理教室も辞めました。

仕事を属人化すること、自分個人指名の仕事が来るように意図的に促すことを禁止して、当時のパートスタッフを契約社員にし、スタッフを4人から8人に増やしました。パートタイム契約では地元の主婦の方を紹介いただき、一から企画、調理、メニュー開発、撮影、編集、執筆、取材、企画会議などの制作全行程のノウハウを教育資産化し、企画から制作までの全行程を内製する基盤を作る宣言をしました。

会社の全ノウハウがパートタイム契約スタッフを含む全ての社員がアクセスできるようにし、徹底的に教えることで業務の生産性を高め残業がいらない、有給が取得できる会社づくりには会社のノウハウを使って会社と競合する転職と独立を一定期間と場所を限定して禁止する誓約書を作り意思を確認しました。

「あなたとあなたの大切な人との暮らしを穏やかで創造的に」という理念を軸に全ての行動を一体にすることで意図が違うスタッフがいなくなりましたが、同時に入社したスタッフと今の職場を作る仕事はとても歓びに満ちていて本当に大好きなメンバーで会社を作れていることに満ち足りた気持ちです。

日々挑戦して、共に未来を作る大好きなメンバーとの生活。
妻との日常も日々新しく暮らしの企画を生み出して穏やかで創造的な暮らし。
色々あったけどこんな日々をつくりたくて、ある意味メスを入れたくなかった馴れ合いに切り込んだことも、苦しい思いをしたけど、今すごく幸せです。

2つの社内で起きた事件に触れましたが、皆に独自の解釈を入れて欲しくない点は「僕はそれぞれの当事者に感謝しています。綺麗に終われない完了の形こそあれ、互いの決断を尊重し、別々の道を選択して今幸せな人生を送ることが、当時一緒に働く決断をした相互にとって互いへの貢献に繋がると考えています」このブログに書いた気持ちに偽りはないし、ここまでハートに起きてることをオープンにできたのも探究を力づけてくれる家族、仲間、そして当時関わってくれた当事者と源泉である自身の存在に感謝します。

かつてはこんな黒い気持ちというか暗い感情というか、この手のものを会社経営者という「パブリックな立場の私」がブログで書くのはマズいとか、評価を受けるとか、気にしいで、今の自分すらも封印していたところがあった。今ここで幸せな気分を「今幸せ!」って言えて本当に楽になった。今振り返ると無自覚ながら、罪の十字架みたいなものを背負っとかないといけないかな「よいしょっと」みたいな感じでいた部分もあって、今の自分がそこに一声かけるなら「周囲の目を気にして背負っとかなってそっちの方が不誠実やんw」って言いたいと思います。

長い長〜い不完了案件でしたが、今こうして黒いところも今幸せな気持ちもオープンにできて幸せです。仕様上改行が少ないところは読みにくいけど、関心ある方が読んでくれればいいと思って編集は諦めました。w


元SMAPメンバーの香取さん、稲垣さん、草彅さんで新ユニットを組んだそうです。
同時にabemaTVの27時間テレビで本音で話すそうです。
実は御三方のチャレンジに触発されて僕もオープンにすることにトライしてみました。
御三方の今後さらなる活躍をおお祈りします。勇気をいただきありがとうございます。


そしてこれは僕の活動の紹介ですが「愛の講座2017」の有志スタッフをしています。
今回僕も男性性のパワーと女性性のパワーの対立を自分の中で直面しましたが、男女のパワーゲームを終わらせて愛からパートナーシップを築くのが今回のテーマになってます!
俺自身こんなに弱い自分がいるなんて思ってもみなかったよ。怖いとかあいつがひどいんだよーとか先生に言いつけるような気持ちも含めて自分の声。その声をはねのけたり、「男だろ!」と一喝するでもなく、しっかりと受け取って向き合って味わっていくことで自分の愛の深い部分に触れることができます。パワーのいらないパラダイムシフト。結構知ったように振舞ってしまう分野ですが俺だけかなww大きくて優しくて、誤解を恐れずに言えば楽にシフトするエネルギーでもあり直面するのはとても怖くもあるというすごく探究しがいのある分野です^^ 関心ある方はイラッシャーイ★

https://www.facebook.com/events/125049551443693/

↑このページのトップへ