皆さん。こんばんは🌃✨
秋田市は少しずつ暖かくなってきて🌸桜も市内では満開に近い感じになってました‼️
と言うわけで昨日は元の職場の後輩と千秋公園の桜🌸まつりへ行ってきました~👏👏👏まだ満開ではありませんでしたが、本当にとても綺麗でしたよ~✨( ≧∀≦)💕
でも風が強くて、少し肌寒かったですね💦
IMG_4472.JPG
IMG_4473.JPG
IMG_4479.JPG
↑出店も沢山ありました
花より🍡団子状態になりますよね~✨笑
IMG_4494.JPG
IMG_4492.JPG
↑お城と桜って合いますわ~(。-∀-)ホクホク✨
この写真格好いいわ~(←自画自賛笑)
千秋公園の桜まつりは4月17日から28日までやっていますので、皆さんも桜を見て癒されに来てくださ~い
暖かくなってきたとは言え、秋田はまだまだ冷えますので上着を持ってきてお花見を楽しんでくださいね🎌
(長時間付き合ってくれた後輩Kちゃん✨
本当にありがとう😆💕✨風邪ひかないように気をつけてね。。。💦)

それでは今日ご紹介する施設は「市指定有形文化財・旧金子家住宅」です🍀
IMG_4293.JPG
IMG_4294.JPG
「ねぶり流し館」の受付の反対側の扉を見ると丁度「旧金子家住宅」の順路になっています。
ちゃんと丁寧に矢印で道順があるので、その通りに進んでいきましょう🚶🎵
IMG_4295.JPG
IMG_4297.JPG
扉を出て直ぐ左に歩くと入り口が見えます。
って、近ッッッ👀❗笑
では早速入ってみましょう✨😃
IMG_4298.JPG
IMG_4299.JPG
IMG_4300.JPG
↑土蔵の内部は、作品展示や演奏会などにご利用出来るようになっています😆🎵フトッパラー✨
IMG_4301.JPG
IMG_4303.JPG
IMG_4306.JPG
↑昔の炊事場ですよね。当時の暮らしがここで見られます✨何か朝ドラ(昭和初期)って感じ。。。感動だ~
と言うか是非とも朝ドラとかでも使ってほしいですね❗( ・`д・´)キリッ✨
IMG_4308.JPG
IMG_4309.JPG
↑奥へ入ると、昭和初期の店先の様子が見られます👍✨
IMG_4311.JPG
IMG_4312.JPG
IMG_4310.JPG
↑太物や絣(かすり)、足袋(たび)、布団地(ふとんじ)など、多くの商品を扱っていたそうです(゚ω゚)フムフム
IMG_4322.JPG
IMG_4324.JPG
IMG_4325.JPG
↑そろばんとか久しぶりに見た~💦
もうやり方忘れたなぁ。。。( ´゚д゚`)アチャー
印鑑入れも重厚そうで、年代を感じるます✨
IMG_4314.JPG
IMG_4315.JPG
IMG_4316.JPG
商品は注文に応じて土蔵から店先へ運んできましたここでは、品物の札付けや注文品の荷造り発送📦帳簿類の整理もしていたそうです。(帳簿の分厚さにビックリです❗Σ(Д゚;/)/)
IMG_4313.JPG
IMG_4318.JPG
↑金子家は、江戸時代後期に質屋・古着商を営み、明治初期に太物(綿織物、麻織物)などの卸商を創業しました。
昭和50年まで、この店で商いが営まれたそうです✨老舗ですね~(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
平成8年に所有者から秋田市へ寄贈され、平成9年に江戸時代後期の伝統的な建物として、秋田市指定有形文化財として指定されました
IMG_4317.JPG
IMG_4340.JPG
IMG_4345.JPG
IMG_4344.JPG
↑他にも2階には女中部屋があったり、縁側を通ると奥には座敷もあります🎵
昔懐かしい日本の家屋を感じる事が出来ますよ✨😃
和室は明治33年に増築されたお部屋で、趣味の教室や少人数の集まりごとに利用出来ます❗(和室や土蔵のご利用については、秋田市民俗芸能伝承館にお問い合わせください。
☎️018-866-7091)
IMG_4346.JPG
IMG_4347.JPG
IMG_4348.JPG
↑都市景観賞✨うーん。見て納得です
ここまでしっかり昔のまま残ってるなんて、貴重ですよね( ☆∀☆)アッパレ❤️

さて。皆さん。どうでしたか?
これで「旧金子家住宅」は終了になりますが、たっぷり堪能していただけましたか?|д゚)チラッ✨昔の暮らしと言っても金子さんは商人だったので、町民の暮らしとはまた、異なる感じかもしれませんけどね
少しでも興味を持った方や行きたいと思ったら是非とも秋田へお越しください~└( ゚∀゚)┘待ってます✨❗
お店の概要は昨日までの「ねぶり流し館」と一緒なので省略させていただきまーす(^.^)(-.-)(__)ペコリ💦💦

それでは今日はこの辺で失礼します🌼
らっしーでした( ゚∀゚)ノシ💕



皆さん。こんばんは🌙😃❗
今日の秋田市はまた少し気温が下がりました😭💦さすが秋田ですね~(*-ω-)💨
簡単には🌸🍶✨春を満喫させてくれません‼️ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!
さて私は昨日の駆け足🏃の疲労で、今日はグダグダなんじゃないか⁉️と心配していましたが。。。そんな心配もなんのその👊❗
全然平気でしたー✨(●´∀`●)パァァァァァア✨
と言いつつ多少まだ不安は残りますが。笑
とりあえず元気なので良かったです🎵

では体が元気な内に本日のブログを書かせて頂きます✨😌✨笑
「秋田市民俗芸能伝承館・ねぶり流し館」の第3弾です❗最終章✨になると思います
昨日は2階コーナーを紹介したので、いよいよ最上階コーナーへ行きます🍀👍
IMG_4277.JPG
IMG_4276.JPG
おぉっ⁉️👀今チラっと見えたけど。。。まさか。。。❓
そうなんです❗3階はなんと。。。竿燈に使われる太鼓の紹介と経験させてくれるコーナーになってました~( ≧∀≦)ノスッゲー💕
IMG_4278.JPG
デデーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン💣💥ちょ。マジか。でっか❗でっか❗
リアル太鼓の達人やん❗笑
幸い私の他に誰も居なかったので、恐る恐るバチを持って叩いてみることにしました✨
じゃ。。。まぁ。軽~く。。。ね。トン🎵って感じで。
と思ったのも束の間、部屋に「ドォン❗」と重低音が響きました❗ナンダー⁉️
か、軽く叩いたつもりだったのに。。。スゲェ💦
その後少しずつ慣れてきて、力の調節も出来て良い感じに叩く事が出来ました(。-∀-)✨ドヤッ
IMG_4283.JPG
IMG_4284.JPG
と言うかよく見たら隣に太鼓の叩き方の説明とDVDプレーヤーが親切に置いてありました。
自分気づくのおっそアホヤー❗笑
これはちょっと、DVDを一から見直して叩き直しだ👊と思ったら、他の観光客が6人ほど入ってきて太鼓を叩き始めたので私は静かに後ろへ下がりました。(こんなんばっかだな。自分(・・;)笑)
IMG_4279.JPG
IMG_4280.JPG
↑太鼓の他にも壁一面に竿燈の歴史や、県外で披露した竿燈の写真やら貼られてありました。
ホント見れば見るほど竿燈の歴史の勉強になりますね~凄いな~
IMG_4281.JPG
おっ。メッセージボードもあるんだ😃
ここは是非とも書いて私の存在をアピールしとかねば❗( ・`д・´)✨キリッ(←何で?笑)
。。。うーん。何て書こうかな。。。いざ書くとなると思い浮かばないなぁ。。。😭💦💦
。。。(3分ほど考え)よし❗決めたー😃✌️
カキカキ。。。カキカキ。。。φ(..)。。。出来た❗
IMG_4282.JPG
↑。。。何て言うか。。。ハイ。。。何のひねりも無く全く普通ですみません。。。😅笑
もしこのメッセージボードを見てくれた人が更にメッセージを書いてSNSにアップしてくれたら、面白いですよね~✨
あ。その頃には消されてますかね💫笑
その前にそんな事をしてくれる奇特な人がいるかな。。。もう自分で書きに行こうかな。。。笑
IMG_4285.JPG
いや~この太鼓の体験コーナーはなかなか貴重ですよね(*^ω^)ノ✨
これは是非とも県外の甥っ子と姪っ子を連れてこねば❗二人とも夏休みまで待ってろよ~✨クワッ🔥🔥(←怖い怖い💦笑)
そして3階は太鼓とは逆の方向には昔の展示品がありました👏
IMG_4286.JPG
IMG_4289.JPG
IMG_4287.JPG
おぉっ。。。伝統芸能に使われた笛とか飾ってありますね
その横にあるのは。これは。。。❓
一番右のヤツが蓄音機。。。ですかね?|д゚)チラッ💦💦
年代物って感じがします。。。✨
IMG_4288.JPG
お~格好いいなぁ~😃💕
使い方さっぱりだけど。(そりゃそうか)
当時は最先端だったんだろうな~✨
IMG_4290.JPG
うーん。これは多分。。。テープレコーダー。。。ですね。しかもよく見ると「Sony」って書いてあるーーーー‼️Σ(゚Д゚ノ)ノマジカー❗
凄いなぁ~。音声を録音出来るんだもんな~
こういう発明があったから今に繋がってドンドン進化していってるんですもんね📲✨
機械音痴の私は電子機器が便利になっていくほど、ついていけませんが何とか上手く共存出来るように頑張ります
。。。どうやら。これで3階コーナーも無事終わりのようですね🌠

と言うわけで。。。いや~✨久しぶりに長期に渡って紹介してきました‼️
「秋田市民俗芸能伝承館・ねぶり流し館」は今回で終了になります😃❗
皆さん。如何でしたか?( ´ ▽ ` )ノオツカレー🍀
興味がそそられる物はありましたか❓
少しでも気になったなら是非とも秋田へお越しいただいてご自身の五感で体感してほしいですね~
来てみて損はしない施設ですよ❗
本当にオススメします( ☆∀☆)ホシヨッツ⭐笑
宜しくお願いします🙇⤵️
IMG_4291.JPG

では施設概要です🎉✨😆
住所:秋田県秋田市大町一丁目3番30号
営業時間:午前9時30分から午後4時30分まで
休館日:年末年始(12月29日~1月3日)
観覧料(高校生以下無料):個人(一般)100円(団体20人以上)80円 
赤れんが郷土館との共通券:(個人)250円(団体20人以上)200円
お問い合わせ:018-866-7091
Fax:018-866-7095

以上になりまーす❗

それでは明日からは、ねぶり流し館と隣接している「市指定有形文化財 旧金子家住宅」を紹介していきますので、宜しくお願いしま~すペコリ(^.^)(-.-)(__)🎵

今日はこの辺で失礼します✨😃✌️
らっしーでした( ゚∀゚)ノシ💕





皆さん。こんばんは🌙😃
本日の秋田市は昨日よりは気温が下がりましたね~(*-ω-)ウム
まぁ天気はすこぶる良かったので暖かく春の陽気で気持ち良かったです😁🌸
で、何を思ったのか調子に乗った私は久しぶりに駆け足をしましてですね。ええ。
しかもダッシュを加えての駆け足6キロ🏃
こいつバカなの?死ぬの⁉️(。-∀-)笑
と言う声が聞こえてきそうですが。。。何とか無事に生きて帰って来ました。。。😭💦💦アブネー
イキナリ無理をすると後で身体にガタがくるので、皆さんは気を付けてくださいね。。。
正直。明日が怖いです😂ギョエー💣💥笑

ハイ❗それでは昨日に引き続きブログを始めまーす(。・Д・)ゞ✨
「秋田市民俗芸能伝承館・ねぶり流し館」の2階コーナーでっす👏キタ━(゚∀゚)━!
IMG_4245.JPG
IMG_4246.JPG
IMG_4247.JPG
↑2階へ向かう踊り場には沢山の秋田の広告が貼ってありました❗(^∀^)ウレシー✨
特に5月24日、25日、26日にアゴラ広場、エリアなかいち等で開催される「食と芸能大祭典」は是非とも行きたい👊つーか行きます‼️
良ければ来てください❗皆さんも一緒に盛り上がりましょー(^з^)❤️
IMG_4273.JPG
IMG_4274.JPG
IMG_4272.JPG
↑先ずは壁一面に貼り出されている絵巻が目に入りました👀オヤッ?
どうやら江戸時代後半の豊耕、年中行事、街道、港などなど秋田城下の風景を描いているみたいです✨
IMG_4270.JPG
IMG_4271.JPG
↑正面には皇太子さまの写真が‼️Σ( ゚Д゚)ファッ
まさかのアゴラ広場での竿燈を持ったり興味を示すような写真がありましたよ~😆💕ドヤッ
勝手に得意げになりながら奥の展示コーナーへ進みました。笑
IMG_4250.JPG
IMG_4252.JPG
IMG_4251.JPG
↑入って直ぐに秋田市のどの地域で何の民俗芸能がやっていたか、と言うのを分かりやすくて表してくれてる地図がありました❗( ・`д・´)ホホゥ✨
こういうの一目で分かるのは良いですよね👍
IMG_4262.JPG
IMG_4253.JPG
IMG_4254.JPG
↑一発目に来たのが前回の一階の展示ホールで推されていた竿燈です
ここでは簡単に追記として期日と場所を教えますね~( ≧∀≦)ノチョリーッス✨
竿燈祭りは現在、竿燈大通りを会場に8月3日~6日の4日間行われます。祭り期間中には、妙技会がエリアなかいちで開催されます❗(4日、5日が予選、6日が決勝🎌。ですが、天候により会場が変わる場合がありますのでご了承ください🙇⤵️)皆さん❗要チェックですよ✨
IMG_4256.JPG
IMG_4255.JPG
↑続いては「秋田万歳(あきたまんざい)」です😁✨これは、年の始めに烏帽子に松竹鶴亀をあしらった直垂(ひたたれ)に手に扇を持った「太夫」と、大黒頭巾に紋付き、手に鼓を持った「才蔵」が家々を訪問し祝辞を述べる祝福芸能です🎉オメデトー✨😆✨オメデトー🎊
訪問先の家をたたえ、人々の長寿を祝福する文言を掛け合いで唱えながら舞を演じる万歳は12種類の儀式万歳と、秋田弁で語る噺万歳で構成されています。
秋田弁のユーモラスな噺万歳が付随するのが特色です面白そう~✨是非とも聞いてみたい❗
昭和49年に秋田県の無形民俗文化財に指定され、昭和51年には国の記録作成の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選択されました。
国の⁉️国からって。。。スゴクネ⁉️
IMG_4261.JPG
IMG_4258.JPG
IMG_4257.JPG
↑こちらは「山谷番楽(やまやばんがく)」❗
生面神社のご神体とされる15体の面(内13体が秋田市の有形文化財✨)を用いて舞われますが、その面には室町時代の「一透」桃山時代の「イセキ」や「是閑(ぜかん)」など一流の面打師の刻名が見られます。これらの古作の面をつけて番楽を舞うことにより、悪疫除去、五穀豊穣を祈願し続けてきたと伝えられています。
昭和42年に秋田市の無形民俗文化財に指定されました。(*^ー゚)b グッジョブ❗
真ん中のお面が「ガラスの仮面」の「紅天女」みたい。。。まさか。。。月影先生?|д゚)チラッ笑
IMG_4266.JPG
IMG_4265.JPG
お次は「黒川番楽(くろかわばんがく)」です❗
明治の中頃まで一時、番楽は途絶えていましたが、明治22年部落🔥大火🔥の際に番楽の面を保管していた家が延焼を逃れ、しかも番楽面の裏側がじっとり汗をかいていたなどの不思議な出来事があったことを機に、再び盛んになったと伝えられています。ヨカッタネ🎵
⛩️神社の祝祭や村人の案穏、長寿、五穀豊穣を願い、時には☔雨乞い行事として長く演じられてきました。
大正3年の黒川油田の大噴油をきっかけに、300人足らずの小山村の人口が10倍以上にも膨れ上がった大正から昭和にかけての時代は、黒川番楽の「娯楽化」や「勇芸化」が一層進み、盛んに演じられてきました(。-∀-)ホホー✨
昭和42年に秋田市無形民俗文化財に指定されました👏スゴイ❗
IMG_4268.JPG
IMG_4269.JPG
IMG_4267.JPG
↑最後は「羽川剣ばやし」になります⚔️✨
下羽川地区に伝わる羽川剣ばやしは囃子と扇の舞で演じられています。この地を治めた羽川小太郎義植が天正年間(1573年~92年)に大曲城を攻め落とした際に、戦勝の酒盛り🍶に小太郎自らが剣を降るって踊り、居合わせた人々に銀扇を与えて舞わせたのが始まりとされています。。。( ・-・)フーン
のちに羽川氏は滅び、時代とともに剣舞はすたれ、婦女子が舞う奥ゆかしい優雅な踊りが「羽川剣ばやし」と名付けられ、受け継がれました✨イイネ-
明治初期からは地区の鎮守八幡神社の例祭やお盆の時に、五穀豊穣と地区の安全を願って町内を練り歩き、披露されるようになりました。
こちらも昭和54年に秋田市の無形民俗文化財に指定されました。🙌サスガ✨

うーん。「万歳」から「番楽」やら「剣ばやし」等々、盛り沢山でしたが。。。
自分が今まで知らなかった事ばかりで。。。今まで何をしていたんだろう。という不甲斐ない思いと今現在の自分で知る事が出来て良かった❗という思いが交錯してました💫
総じて言えるのは、こういう民俗芸能がこれからも保存と伝承をきちんとされていく為にも意識を持って正しい知識で語り継いでいくことが大事なんだなと改めて思いました。
(にわかのくせに偉そうにすみません。。。😭💦💦)

さて。今日で2階コーナーは終わります🌼
いよいよ明日は3階へ行きますよ~(。-∀-)ホクホク✨
ねぶり流し館は明日の第3弾で終わる予定ですので、良ければ最後までお付き合いの方、宜しくお願いします‼️( ・`д・´)キリッ✨

それでは今日はこの辺で失礼します🎵
らっしーでした( ゚∀゚)ノシ💕

↑このページのトップへ