Bf3jMSI3J_.jpg


僕自身はキャパを超える頭数は絶対に引き取らないと決めてます。
断らないといけないことの方が多いです。
断ると、「見捨てるの?」「じゃあこの子たちはどうするの?」「愛護センターに入るとどうなるか知ってるの?」と聞いてくる人がいる。


そんなもん、痛いほど知っている。
そこまでいうならあなたが保護してくださいというと、私はもう歳だからとか、マンションは飼えないからとかツラツラと言い訳を並べる。
それを聞いている時間がもったいない。


どれだけ頑張っても、頭数は限られているし1年間で譲渡できる頭数も劇的に増えるわけでもない。
明日いきなり殺処分がゼロになるかというと絶対に不可能で、どうしても時間がかかる。


昨日は60家さんと、外猫の避妊去勢の一斉手術ができそうな場所を見学。
保護がキャパオーバーでもできることを探してやる。
それが一番の近道なんです。
殺処分は明日なくならないけれど、10年後になくなるかもしれない。
それまで辛いこともたくさんあるし、厳しい判断もたくさんある。
それでもやれることをコツコツと。


買い物で応援してください!
変えてみよう!
買い物を変えよう! 売上の一部で社会の矛盾を解決していくためのショッピングサイトです。 今買っているもの、どうせならこっち!というような商品を掲載していきます。
kenkoshukan.stores.jp