_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4456.HEIC


殺処分を減らそうとしているのに妊娠中の子は堕胎している現状。
いろんな意見がありますが、それに直面している張本人が一番辛いです。
自らの選択でそうしているのですが、その選択は本当に辛い。


本当は産ませてやりたい。
本当は野良猫に避妊去勢手術などしなくてものびのび暮らせるようであってほしい。
けれど、産まれる数を減らしていかないと殺処分が減らないのが現実です。


いつか、こんなことに悩まないで良い未来が来るはずです。
そして、いつか繁殖して生体に値段をつけるということも衰退していきます。
未来はきっとよくなる。
そう信じて今宵も捕獲器を持って出動します。


買い物で応援してください🙏
変えてみよう!
買い物を変えよう! 売上の一部で社会の矛盾を解決していくためのショッピングサイトです。 今買っているもの、どうせならこっち!というような商品を掲載していきます。
kenkoshukan.stores.jp