NNX_mgL8fW.jpg


百戦百勝は、善の善なる者に非るなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。
孫子の有名な「戦わずして勝つ」という意味の原文です。


生体販売や殺処分の現実を知ると感情が揺さぶられて何かを叩きたくなります。
戦いたくなります。
けど戦わない。
今はまだそう簡単に変えられないから。


僕は生体販売は悪、殺処分は悪だと思ってこの活動を始めましたが、この考え方は対立しか生まないのでやめました。
何度も何度も書きますが正義や悪なんてないです。
生体販売禁止に賛成だと思っている人は世の中の1割もいないと思ってます。
多くの人は現状を知らない。
半分以上の人がおかしいと思ったら変えられます。


生体販売を禁止にできるかというと今はまだまだ時間がかかります。
例えばパチンコ禁止にできますか?
食肉を禁止にできますか?
全部産業として成り立っていて大きなお金の流れがある限り変えることはできないと僕は思ってます。
けれど、繁殖の回数規制はできるはず。
パチンコの一玉の値段の規制はできるはず。
妊娠ストールやバタリーケージの数字の規制はできるはず。


ペットショップやブリーダーを悪だと吊し上げて戦わない。
ペットショップの人も流通の中で年間26000匹が死んでいる現実をおかしいと思っている人もたくさんいます。
戦うのではなくどの立場の人もこれは変えていかないとということから変えていく。
そんな動きをする仲間を増やしていければなぁと思ってます。