月別アーカイブ / 2020年01月

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7521.JPG


去年の9月、大阪で気候変動を訴えるマーチをした時、たくさんの人から「あなたの活動とどう関係があるのか」と指摘を受けた。
メディアで気候の異常が報道されるようになってようやく理解してくださる方が増えた。


地球温暖化という言葉を出すと、反論してくる人も多いし地球のことなんてまだまだ分からないことも多いけれど事実として人間が原因でたくさんの生き物が絶滅し、海ではもうすぐ生物よりもゴミの方が多くなると言われ、経済活動のために森林はものすごいスピードで伐採され住処を失う。


オーストラリアでは異常な高温でユーカリの木が自然発火し考えられない数の動物が死に、コアラが絶滅の危機に。
人間の活動によって最初に被害を受けるのはいつも立場が弱い者たち。
間違いなく僕たち一人一人の目の前の選択が関係してます。


知って選択を変える人がどれだけ増えるか。
今一番重視していることです。
立場の弱い者が当たり前に幸せに暮らす世の中以外に何を望むのか。
果てが見えないことですが一生言い続けます。



_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7503.JPG


日本では1年間で29億着の衣服が供給されているが、半分以上の15億着が売れ残っているといわれています。
そのほとんどは処分。
値下げして売るとブランドの価値が下がるから。


企業は昨対比〇〇%アップと常に上向きの目標を掲げる。
人口が減っているこの国で売上アップなんて続くわけがないのに。
経済優先経済優先けーざいゆうせん。
聞き飽きた。


経済が優先された結果、誰が幸せになっている?
日本国内では格差が広がり苦しんでいる人が多い。
着られずに処分される安価な服をつくる海外の人たちは貧困から抜け出せない。
人件費も他のコストも抑えることを優先した結果、ラナプラザビル崩壊で2000人以上の死者を出している。
服1着を製造するのに大量の水が使われている。


人はどこに向かっていくのか。
真剣に全員で考える時です。
僕もバングラデシュで感じたことを伝えます。
タワシのチラシにいいこと書いてある。
きっとこの想いが少しずつ伝わるはず。
プレゼント企画で自分ができることを気付く人が増えますように🙏

m139vcZlGf.jpg


ベッドでスマホをいじってる時を見計らっているかのように「今どこおんのー?」と社会活動家藤原ひろのぶ氏からLINEがくる。


先日4人で晩ご飯食べてたら、普段はアホな会話してるけど珍しく感情を出して話している。
僕が見たことないものを見ていて、変えたいけれどすぐに変えられないことにものすごく歯痒い気持ちになったのでしょう。
僕も見に行きます。
2月にバングラデシュに行ってきます。


EARTHおじさんジュートタワシプレゼントします!
洗剤のいらないたわしです。
これを使うことで、キッチンから出る排水による川や海の汚れを少~し減らせます。
スポンジから出るマイクロプラスチックが出なくなります。
製造元のバングラデシュの作り手が適正な給料を受け取れます。


動物の問題も貧困の問題も根っこの部分はつながっていて、大きく変わるのは時間がかかるけれど一人ひとりが意識を変えていくことで必ず変わります。


食器の汚れも社会の汚れも落としていきましょう!

↑このページのトップへ