はい、こんにちは。

またしてもブログの更新にだいぶ間が空いてしまい申し訳ない限りである。

別に忘れていたとか飽きたとかではなく、公私ともにやらなければならない事が多すぎるあまり手が回らなかっただけです。
ホントすまんやでぇ…
せめてものお詫びの気持ちとして今回は内容盛りだくさんでお届けできれば。

それでは、はじまりはじまり~

アレだったな、音源とかプラグイン関係の話をするって予告だったな。
皆さん覚えているだろうか。

まずは僕の使っている「DAW」である『FL studio』の画像を紹介するよ!
※DAWについては過去記事参照

こんな感じだよ!
FL.jpg
なんか出来るヤツっぽくてかっちょいい。

DAWにはピアノロールというモノがあり、そこに「ノート」という棒みたいなやつを並べていくのだけど、これがDAWに音を鳴らしてもらう「譜面」のような役割になるよ。
音の強弱なども設定できたりするよ!
凄いね!

ピアノロールはこんな感じだよ
piano.jpg
縦が音階(音の高低)で横が小節(時間)を表しています。
つまりピアノロールの上の方が音が高い、ノートが長いと音も長く伸びるというような感じ。

んで!
さっきも言ったように、ピアノロールというのはDAW用の譜面みたいものなので、これだけでは音が鳴りません。
この譜面を「どんな楽器で演奏するか」を設定する必要があります。
そこで登場するのが”音源”!!

音源というのはズバリ、「楽器の音をDAWで演奏できるように再現したもの」と思ってもらえれば。
例えばピアノの音を曲に入れようと思ったら、実際に演奏したものをマイクで収録(レコーディング)しなければいけないわけですが、こんな事を全ての楽器で行うと膨大な手間やお金や時間がかかってしまうわけですね。
まぁDAWがなかった頃の音楽は全てそうやって作られていたわけですけど。

実際に音を収録する「レコーディング」に対して、こうした音源を用いて再現したものは「打ち込み」なんて言われ方をしたりもするね。

もちろん今でも楽器のレコーディングは行われているわけだけれど、演奏してもらうミュージシャンにイメージを伝える為のデモ作りや予算が限られる個人での制作、趣味としての楽曲制作など幅広いところで「打ち込み」というのはとても重宝されているのさ!!
逆にEDMのように、打ち込みが出来ないと始まらないジャンルもあったりするね。

音源はDAWに初期搭載されていたり、音源を提供しているメーカーから買ったり、フリーでダウンロード出来るものもあったりします。

実は音源の他にも「イコライザー」「コンプレッサー」といった音を加工する『エフェクト』なんかも色々な種類があるんですが、音源やエフェクト等をまとめて「プラグイン」という呼び方をしたりもします。
プラグインにはVSTやAU、AAXといった規格がありますが、まぁこの辺りは割愛。

音楽やってる人が
「また新しいプラグイン買っちゃったよ~」
なんて言っていたら新しい音源やエフェクトを導入したのかもしれません。

DAWとプラグインが登場したことにより、楽曲制作の敷居は大幅に下がり、昔とは比べ物にならないくらい色々な事が出来るようになりましたとさ。
めでたしめでたし。

それではここで僕が普段使っているプラグインの一部を紹介したいと思います。

■ピアノ音源 IvoryⅡ 
ピアノの音がするよ。ピロピロ。
安定のアイボリー先生。
ivory.jpg

■ベース音源 MODO Bass
ベースの音がするよ。ドゥ~ン!
元々ベースはトリリアンという音源を使っていて、これは最近導入したけど全然使いこなせていない。
modobass.jpg

■ドラム音源 Addictive Drums2
ドラムの音がするよ。ドコドコ!
これも割と鉄板の音源ですな。Drum Treeという音源も最近気になっています。
AD.jpg

■シンセ音源 SERUM
シンセサイザーの音がするよ。いろんな音が作れるよ。
シンセはMASSIVEも好きだけど最近はもっぱらこれ。
serum.jpg

■リミッター Invisible Limiter
音が大きくなるよ。
早くInvisible Limiter G2にアップグレードしたい。
invisible.jpg

■マスタリングプラグイン OZONE8
マスタリングはとりあえずこれ買っとけ。絶対後悔しない。
「個人的に買って良かったプラグインオブザイヤー2018」最有力候補。
ozone.jpg


次回からは「制作に役立つちょっとしたTips」を何回かに分けて更新してゆく所存。
それではまた~

今回のおまけ画像。
休日のおっさん。
C8B2E270-4BF2-4948-8E96-4F865B709508.JPG