やあやあ

音楽談義、DTM初心者に向けたアレコレの導入編の第二回目だよ。
今回はマストでもないけどDTMをやるならばほぼ必須と言っても良いであろう機材である「オーディオインターフェース」というモノについて書いていくよ。
これがあるのとないのとでは雲泥の差があるよ。

まずは「オーディオインターフェース」がなんなのか説明していくよ。

簡単に言えば音の出入り口、という事になるね。
パソコンの中で鳴っている音を音楽制作用のスピーカーに送ったり、ギターやマイクを繋いでパソコンに録音したり出来るようになるよ!
あと少し難しいけど「サンプリングレート」や「ASIO」といった機能を管理する事も出来るのじゃ。

頑張って図を描いたよ。
配線図.jpg
赤矢印がインプット
青矢印がアウトプット

パソコンとの接続方法は最もメジャーであろう「USBケーブル」と表記したけど、他にも「FIREWIRE
」や「Thunderbolt」、「PCI Express」なんてものを使用する接続方法もあるよ。

前回の記事でスピーカーやイヤホン等を「パソコンの音声アウトプット端子にザクっといっておけば音が出るぞ」って書いたのだけれど、じゃあオーディオインターフェースって別にいらなくない?とか思うじゃん?

ところがどっこい。

パソコンに元々搭載されている再生、録音の機能というのは性能があまり良くないのである。
DTM、つまり音楽制作においては、自分が作った曲(音)を原音になるべく忠実な状態で聴くことが出来ないと、良し悪しの判断をしにくいわけだ。
あと歌や楽器をなるべく良い音で録音しておけば、それだけ最終的なクオリティにも差がつくぞ。

つまり、オーディオインターフェースというのは音が良くなる魔法の箱と言っても過言ではない。
あとは単純に「入出力の数」が増えるので、いろんな機材を使いやすくしてくれるのだ。

さらにプラスして音楽制作用の高性能なスピーカー(いわゆるモニタースピーカー)や、同じく制作向けのモニターヘッドフォンなんかを揃える事によって、本当の意味で制作環境が整うことになるよ!

さて、ここまでの話でなんとなく思った人もいるかもしれないけれど、DTMの環境を整えるのにはとてもお金がかかるという事。
でもお金をかけた分だけ音やクオリティとなって表れてくるのもまた事実。

なので、DTMを始めたいならまずはパソコンのスペック、そしてオーディオインターフェースとスピーカーになるべくお金をかける事をおすすめするぞ!
もちろん予算によってはオーディオインターフェースとスピーカーは後回しでも構わない。
僕も初期の頃(アブアトミック~とか多分その辺まで)はどちらも持っていなかった。
その場合でもヘッドフォンだけはそこそこ良いものを持っておくといいだろう。

ここで間違ってはいけないのが「お金をかけたからといって、良い”作品”が出来るわけではない」という部分だ。
どんなに音の環境が良くても、いい作品が出来るかどうかは別問題だ。
逆に言えば環境が整っていなくても才能と努力次第ではどうにかなるとも言える。
そこはやる気とか根気とか愛とかなんかそういうの諸々で頑張れ!!
…頑張れ!!!!!

僕の使用機材に関しては一度過去記事で書いたので、そちらを参照してね☆
機材の過去記事

次回は「MIDIキーボード」と「レイテンシ」について書こうと思うよ!
配線の図を頑張って書いたのでおまけ画像はお休みだ!!

それではまた次回に続く。