1950年代から晩年にかけて活躍したB.B.キングというブルースギタリストがいる。
彼の所有していたギターには逸話が存在していて、「ルシール」という女性の名前が付けられている。

ここでおっ?と思った人、そうそこの君。
BECKという漫画に出てくる伝説のギターであるルシールもこれが元ネタだよ。

これは僕の持論なのだけど、楽器は女性を扱うように大事にしてあげるといい結果をもたらすと思っている。
優しく、時には激しく、ちょっとだけ我儘で、手は掛かりすぎないけど金が多少掛かるくらいだと良い。
愛着が湧く。

なので、B.B.キングのように僕も所有するギターには女性の名前をつける事にしています。
真面目に語るのは結構恥ずかしいけど。
やっぱり愛着が湧く。

言っておくけど、変態ではない。

別に「ギターにも穴はあるんだよな…」とか思ったりしないし、別にペロペロ舐めたりもしない。

ただ良い音の楽器に興奮するかしないかで言ったら、興奮する。

各楽器の名前紹介についてはまた今度。


本日のおまけ画像。
リペアから帰ってきたゴールドトップ。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1868.JPG

こにゃにゃちゃわ。

ギターについてのちょっとしたお話をば。
割とマニアックな話なので、あんまり興味のない人はラーメンでも(ry

いや、今回は真面目に書きますから。
漢のロマンについてではなく、ギターについて。

僕がライブでメインで使っているギブソンの「ES-355」というギターがあります。
ギターを肩から背負うにはストラップという専用のベルトみたいなものを使うのだけど、
そのままだとライブで激しく動いたときにストラップが外れてしまう危険があるので
こういうのを使ってストラップが簡単に外れないようにします。

niEHPYUOqe.jpg

↑これはゴム製の通称ストラップラバーってやつなんだけど
他にも金属製でカチッ!とはめる様なタイプもあるよ。

ここで問題が発生する。
僕の所有するES-355というギターには
「ビグスビー」というパーツが搭載されているのだけど
これが原因でストラップを付けるピンの部分が奥まってしまっているのだ。
こんな感じに。
yMTNzE0oMw.jpg


ので、ピンの長さが足りなくてストラップラバーが使えない。
ライブ中にいつストラップが外れるか不安で気が気じゃない。

そこでこれ!
j3loK6WHN1.jpg

これでピンを延長しようという目論見です。
とあるお方がこの為だけにわざわざ作って送ってくれました。

THE☆最高オブ最高!!!!!!!
いひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!

これをこうして
LeLJCu980d.jpg


こう!!!!!
i4XzNGVB3w.jpg

はいストラップラバー使えるようになった~!!!!!!!!!


っていう話でした。
先にも述べたビグスビーというパーツのせいで
意外とこれで困ってる人多いと思うねん。

寸法とかは結構適当に伝えてしまったのであんま覚えてない。

これでライブ中にギター回ししても大丈夫なはず。
別にギター回しとかしないけど!!!!!

5月が終わる前に書こうと思っていた事があったのを思い出したの。

今日がギリギリ31日だったので
滑り込みセーフな感じでサーティワンのアイスが31%OFF!!


私事ながら、5月23日に誕生日を迎えてまたひとつ歳をとりました。
気が付いたら音楽を始めて今年でちょうど10年なのでは?と思った次第。
正確には「音楽で飯を食おうと思ってから」なのだけど。

中学生まではピアノを習っていた。
まぁそんなに真面目にやっていたわけでもなく、ポップスピアノというか、
ゆるい感じで好きな曲を弾かせてもらっていた。
いや、なんか「弾かせてもらっていた」って表現も変なんだけど。

その後高校生と化した僕はギターを買った。
理由はギター弾けるとかっこいいから。
ん~思春期♡

購入初日でFコード(ギター初心者のほとんどが躓くであろう第一の壁)を難なく突破した。
めっちゃ調子に乗って自分は天才だと思った。
いや、恥ずかしいけど結構マジで。

そんで初めてバンドというものを組んだ。
世間知らずのアホだった僕は初めてのバンドで初めてやったのが初めてのオリジナル曲。
ここでさらに調子に乗る。
これがどんな具合だったかというと
「あー、これは有名になって音楽で食っていけちゃいますわー」
ってな具合。

今にして思えば何の根拠もねぇのに大した自信だww

バンドのオリジナル曲は僕が作っていた。
その流れで17歳の時には音楽を作る事の面白さにのめりこんでいて
DTM(パソコンを使っての音楽制作)に没頭することになる。

ここで僕は劇的で運命的な出会いを果たすのだ!!

彼女の名前は「初音ミク」だった。



あれから10年が経つ。
つまり普通に計算したら僕の年齢がバレちゃう!

いや別にもともと公表してるからそれはどうでもいいのだけど。
だって永遠の18歳だから☆(ゝω・)vキャピ

1990年(平成2年)生まれ、ふたご座のB型です。
よろしくお願いします。

自己紹介みたいになってしまった。


あれから10年たった今、こうして音楽をやっていられるのは
きっと、というかどう考えても絶対的にみんなが居てくれるからです。

今まで関わって下さったり、今現在お世話になっている関係者の方々や
色んなところで支えてくれている方々にも頭が上がらない。
もちろん家族にも友達にも。


でもまだまだ僕は自分の音楽に満足できていないんだなぁ。
本当に贅沢な事だと思う。
正直感謝しかないよね。


僕は僕に出来る事しか出来ないから
初心を忘れずに、常に音楽と真摯に向き合っていたいと思います。

そのうちまたボカロ曲も投稿したいなぁ~


まぁ別にこんな記事書かなくてもよかったんだけどね。
なんとなく節目というか、自分への戒め的なサムシングとして。

なんか上手くまとまらなくて恐縮ですが、
こらからも頑張りますという話でした。


本日のおまけ画像。
はじめました。
DcGVXLHyzz.jpeg


↑このページのトップへ