やあやあ

音楽談義、DTM初心者に向けたアレコレの導入編の第二回目だよ。
今回はマストでもないけどDTMをやるならばほぼ必須と言っても良いであろう機材である「オーディオインターフェース」というモノについて書いていくよ。
これがあるのとないのとでは雲泥の差があるよ。

まずは「オーディオインターフェース」がなんなのか説明していくよ。

簡単に言えば音の出入り口、という事になるね。
パソコンの中で鳴っている音を音楽制作用のスピーカーに送ったり、ギターやマイクを繋いでパソコンに録音したり出来るようになるよ!
あと少し難しいけど「サンプリングレート」や「ASIO」といった機能を管理する事も出来るのじゃ。

頑張って図を描いたよ。
配線図.jpg
赤矢印がインプット
青矢印がアウトプット

パソコンとの接続方法は最もメジャーであろう「USBケーブル」と表記したけど、他にも「FIREWIRE
」や「Thunderbolt」、「PCI Express」なんてものを使用する接続方法もあるよ。

前回の記事でスピーカーやイヤホン等を「パソコンの音声アウトプット端子にザクっといっておけば音が出るぞ」って書いたのだけれど、じゃあオーディオインターフェースって別にいらなくない?とか思うじゃん?

ところがどっこい。

パソコンに元々搭載されている再生、録音の機能というのは性能があまり良くないのである。
DTM、つまり音楽制作においては、自分が作った曲(音)を原音になるべく忠実な状態で聴くことが出来ないと、良し悪しの判断をしにくいわけだ。
あと歌や楽器をなるべく良い音で録音しておけば、それだけ最終的なクオリティにも差がつくぞ。

つまり、オーディオインターフェースというのは音が良くなる魔法の箱と言っても過言ではない。
あとは単純に「入出力の数」が増えるので、いろんな機材を使いやすくしてくれるのだ。

さらにプラスして音楽制作用の高性能なスピーカー(いわゆるモニタースピーカー)や、同じく制作向けのモニターヘッドフォンなんかを揃える事によって、本当の意味で制作環境が整うことになるよ!

さて、ここまでの話でなんとなく思った人もいるかもしれないけれど、DTMの環境を整えるのにはとてもお金がかかるという事。
でもお金をかけた分だけ音やクオリティとなって表れてくるのもまた事実。

なので、DTMを始めたいならまずはパソコンのスペック、そしてオーディオインターフェースとスピーカーになるべくお金をかける事をおすすめするぞ!
もちろん予算によってはオーディオインターフェースとスピーカーは後回しでも構わない。
僕も初期の頃(アブアトミック~とか多分その辺まで)はどちらも持っていなかった。
その場合でもヘッドフォンだけはそこそこ良いものを持っておくといいだろう。

ここで間違ってはいけないのが「お金をかけたからといって、良い”作品”が出来るわけではない」という部分だ。
どんなに音の環境が良くても、いい作品が出来るかどうかは別問題だ。
逆に言えば環境が整っていなくても才能と努力次第ではどうにかなるとも言える。
そこはやる気とか根気とか愛とかなんかそういうの諸々で頑張れ!!
…頑張れ!!!!!

僕の使用機材に関しては一度過去記事で書いたので、そちらを参照してね☆
機材の過去記事

次回は「MIDIキーボード」と「レイテンシ」について書こうと思うよ!
配線の図を頑張って書いたのでおまけ画像はお休みだ!!

それではまた次回に続く。

やあやあ。

ブログのネタがお知らせ以外に思いつかないので
何回かに分けて音楽談義をすることにしたよ。

第一回目の今回はDTM初心者に向けたアレコレの導入編だよ。
まずDTMというのは「Desk Top Music」の略で
パソコンと電子機器を用いた音楽制作を指しているよ。

音楽作りたい!歌ってみたやりたい!ミックスしたい!
でもやり方がいまいち分からないとか本格的に学びたいとか
そういった人たちへの足掛かりになったらいいなと思っているよ。

一応言っておくと
なるべく気を付けるけれども僕個人の持論や考え方が出てくる可能性もあるので
まぁあくまでも参考程度に楽しんでもらえるとこれ幸い。

DTMに興味がない人でも
「ふーん、普段こんな感じで音楽作っているのね」
って思って読んでくれると嬉しいよ。

というわけで前置きが長くなってしまったけれども
先にも述べたように今回は導入編として
マストで必要なモノを紹介していくよ。

まずはこれ!
パソコン!!

パソコンで音楽やりたいのにパソコンがない!
それは流石にどんな才能を秘めていてもどうにもならないので
持っていない人は買いましょう。
予算内で出来るだけ高性能なものを買っておくと後々困らないぞ。

最近ではスマホやタブレット用の音楽制作ソフトなんかもあるけれど
本格的な音楽制作や録音・編集なんかは厳しいかもしれない。
このブログにおいては「パソコンでの音楽制作」に重点を置いて進めてゆきます。
WindowsかMacかの選択はぶっちゃけどっちでも良い。
もしも教えてくれる知り合いとかがいる人はその人と同じ方買っとけ!
ちなみに僕はWindows(理由は後述)

次!
DAW (Digital Audio Workstation)!!

これが音楽制作ソフトというやつの総称だ。
メーカーによって操作方法や画面の表示などに特色がある。
大体高い。無料で使えるのも一応ある。

ドラ〇も~ん、種類が沢山あってどれがいいのかわからないよぉ~
という声も聞こえてきそうではあるが
いろんなメーカーのそれぞれのDAWに関して解説を書くと
凄まじく長いブログ記事が誕生してしまいかねないので
要望などがあったら番外編として別途書こうと思っているよ。
なのでDAWの種類に関しては各個人でネットの海をサーフィンしてくれ。

ただし!
ほとんどの人が最初に選んだDAWとずっと一緒に戦っていく事になるのでDAW選びは慎重に!
そしてやっぱり教えてくれる知り合いとかがいる人はその人と同じの買っとけ!
ちなみに僕は「FL studio」というのを使っているよ。
僕のパソコンがWindwsなのは、このソフトがWindws版しか発売されていないから。

最後はこれ!
音を鳴らせるサムシング的な何か!!
要はスピーカーとかヘッドホンとかイヤホンとか。
とりあえず音楽制作を「始めたい」だけならぶっちゃけ何でもいい。
いやホントに(イヤホンにかけた洒落ではない)
パソコンの音声アウトプット端子にザクっといっておけば音が出るぞ。

本当は音楽制作向けのスピーカーとかヘッドホンとかがあるのだけれど
それに関しては「オーディオインターフェース」という機材と一緒に
次回の更新でお話ししたいと思うよ。


さぁこれでパソコンで音楽制作を始める環境が整った!!

と言っても本来の「制作環境」という意味では厳密には整っていないので
歌や楽器の録音ってどうやるの?
他にはどんな機材があったらいいの?
どうやったらもっと音がよくなるの?
という所も含めて次回書こうと思っているよ。
僕の使用音源やプラグイン、ミックスの話など
結構突っ込んだ中~上級者向けの話も追々するつもりだよ。

もし途中で飽きなかったら続くかも!
乞うご期待っ!!

今回のおまけ画像
最近のシュウさん。
FA9C1745-BBEE-42B6-A912-03B3E75E8583.JPG

やあやあみんな

いよいよ新年度がスタートしましたね。

今日はお知らせ。
というかこのブログ、最早ほとんどお知らせしかしてないような気がしなくもないけど
まぁそこはなんていうか目を瞑っておいてくれ。
僕も花粉症が辛すぎて出来れば一日中目を瞑っていたい。

んでよ。
お知らせというのは新曲のアレコレについてでござる。

去年の4月1日にボカロ曲を投稿して以来
1年以上投稿が止まってしまっていて申し訳ない。
そろそろボカロP免許が失効しそう。

なので今月中に1曲ボカロ曲を投稿しま~す(唐突)
来月、5月にもボカロ曲を1曲投稿しま~す(恍惚)

ちなみに今年の6月20日でボカロ曲初投稿から10周年を迎えます。
いやー早いもんだ。
当時は18歳だったのにね。
そりゃ年も取るよね。
時の流れは残酷だなぁと思いました。

ので、10周年に合わせていろいろと準備もしているんですが
そちらは近日中にお知らせ出来るかなと思います。

ひとまず、今月の上旬~中旬辺りに新曲「シエレトワール」を投稿予定ですので
もう暫し楽しみにしていてもらえると嬉しいぞっ!

それではまた~


今回のおまけ画像
ポテイトゥ!!
トルネェェェェェェェ~イドゥッ!!!!!!!!

GUgIfTdNw_.jpeg

↑このページのトップへ