はい、こんにちは。

またしてもブログの更新にだいぶ間が空いてしまい申し訳ない限りである。

別に忘れていたとか飽きたとかではなく、公私ともにやらなければならない事が多すぎるあまり手が回らなかっただけです。
ホントすまんやでぇ…
せめてものお詫びの気持ちとして今回は内容盛りだくさんでお届けできれば。

それでは、はじまりはじまり~

アレだったな、音源とかプラグイン関係の話をするって予告だったな。
皆さん覚えているだろうか。

まずは僕の使っている「DAW」である『FL studio』の画像を紹介するよ!
※DAWについては過去記事参照

こんな感じだよ!
FL.jpg
なんか出来るヤツっぽくてかっちょいい。

DAWにはピアノロールというモノがあり、そこに「ノート」という棒みたいなやつを並べていくのだけど、これがDAWに音を鳴らしてもらう「譜面」のような役割になるよ。
音の強弱なども設定できたりするよ!
凄いね!

ピアノロールはこんな感じだよ
piano.jpg
縦が音階(音の高低)で横が小節(時間)を表しています。
つまりピアノロールの上の方が音が高い、ノートが長いと音も長く伸びるというような感じ。

んで!
さっきも言ったように、ピアノロールというのはDAW用の譜面みたいものなので、これだけでは音が鳴りません。
この譜面を「どんな楽器で演奏するか」を設定する必要があります。
そこで登場するのが”音源”!!

音源というのはズバリ、「楽器の音をDAWで演奏できるように再現したもの」と思ってもらえれば。
例えばピアノの音を曲に入れようと思ったら、実際に演奏したものをマイクで収録(レコーディング)しなければいけないわけですが、こんな事を全ての楽器で行うと膨大な手間やお金や時間がかかってしまうわけですね。
まぁDAWがなかった頃の音楽は全てそうやって作られていたわけですけど。

実際に音を収録する「レコーディング」に対して、こうした音源を用いて再現したものは「打ち込み」なんて言われ方をしたりもするね。

もちろん今でも楽器のレコーディングは行われているわけだけれど、演奏してもらうミュージシャンにイメージを伝える為のデモ作りや予算が限られる個人での制作、趣味としての楽曲制作など幅広いところで「打ち込み」というのはとても重宝されているのさ!!
逆にEDMのように、打ち込みが出来ないと始まらないジャンルもあったりするね。

音源はDAWに初期搭載されていたり、音源を提供しているメーカーから買ったり、フリーでダウンロード出来るものもあったりします。

実は音源の他にも「イコライザー」「コンプレッサー」といった音を加工する『エフェクト』なんかも色々な種類があるんですが、音源やエフェクト等をまとめて「プラグイン」という呼び方をしたりもします。
プラグインにはVSTやAU、AAXといった規格がありますが、まぁこの辺りは割愛。

音楽やってる人が
「また新しいプラグイン買っちゃったよ~」
なんて言っていたら新しい音源やエフェクトを導入したのかもしれません。

DAWとプラグインが登場したことにより、楽曲制作の敷居は大幅に下がり、昔とは比べ物にならないくらい色々な事が出来るようになりましたとさ。
めでたしめでたし。

それではここで僕が普段使っているプラグインの一部を紹介したいと思います。

■ピアノ音源 IvoryⅡ 
ピアノの音がするよ。ピロピロ。
安定のアイボリー先生。
ivory.jpg

■ベース音源 MODO Bass
ベースの音がするよ。ドゥ~ン!
元々ベースはトリリアンという音源を使っていて、これは最近導入したけど全然使いこなせていない。
modobass.jpg

■ドラム音源 Addictive Drums2
ドラムの音がするよ。ドコドコ!
これも割と鉄板の音源ですな。Drum Treeという音源も最近気になっています。
AD.jpg

■シンセ音源 SERUM
シンセサイザーの音がするよ。いろんな音が作れるよ。
シンセはMASSIVEも好きだけど最近はもっぱらこれ。
serum.jpg

■リミッター Invisible Limiter
音が大きくなるよ。
早くInvisible Limiter G2にアップグレードしたい。
invisible.jpg

■マスタリングプラグイン OZONE8
マスタリングはとりあえずこれ買っとけ。絶対後悔しない。
「個人的に買って良かったプラグインオブザイヤー2018」最有力候補。
ozone.jpg


次回からは「制作に役立つちょっとしたTips」を何回かに分けて更新してゆく所存。
それではまた~

今回のおまけ画像。
休日のおっさん。
C8B2E270-4BF2-4948-8E96-4F865B709508.JPG


やぁやぁ、久しぶりの音楽談義だね。
今回からちょっと難しい話になるよ。
難しいと言っても出来るだけ簡単に解説するので
ふーんって感じで読んでみてね。

ここまでの音楽談義の記事を読んでくれている事を前提で話すので専門用語なんかも普通に出てくるよ。
まだ読んでいないという人は過去記事も合わせて読んでもらえると嬉しいよ!

では「MIDIキーボード」と「レイテンシ」のお話
はじまりはじまり~

皆はパソコンの「入力装置」と聞くと何を思い浮かべるだろうか。
まぁマウスとか文字を打つキーボードとかその辺りだろう。

実は先日こういう物を買いました。

De0VNSxUYAEMmJU.jpg


De2KXzkVQAAg31J.jpg

MIDIキーボード」というやつです。
これも所謂「入力装置」という分類になるよ。
元々使っていたものが壊れてしまったので買い替えました。

普通のキーボードと何が違うのよ?って思った人もいるかもしれない。
実はこれ、キーボードだけでは音が出ない。
パソコンと接続することによって、はじめて音が出るのだ。

パソコンのDAW上で音を打ち込んだりするときに使うよ。
ピアノだけではなく、色んな楽器の打ち込みにも使えるよ!

普通のキーボード(パソコンがなくても音が出るやつ)の場合も
「MIDI端子」というモノが付いていたら代用可能。
まぁそれに関しては今回は割愛させてもらおう。

MIDIキーボードを接続して実際に音を鳴らしてみるぞ!!

………あれ?鍵盤を弾いても音が遅れて聴こえてくる???
なんで!!なんでなのぉぉぉぉぉぉ!!!!!

これが「レイテンシ(入力遅延)」です。
説明がザックリすぎるので詳しく解説しよう。
ここでの登場人物は
人間:人
パソコン:PC
MIDIキーボード:Key
オーディオインターフェース:AIF
スピーカー:ス

人「ドの音を鳴らしたいので、ドの鍵盤押します。ポチー。」
Key「急に押すなよwwパソコンニキ~信号送るンゴwwwww」
PC「何か信号来たわ。DAW上でドの音鳴らしとくわ」
AIF「パソコンさんが何か鳴らしとる。スピーカーから音を出さねば」
ス「ドォォォォォォォォォォォ~~~!!!!!!!」

といった感じで、鍵盤を押してから音が出るまで
各所で色んな処理がなされているわけである。

この処理にかかる時間が鍵盤を押してから音が出るまでのタイムラグ。
つまり音が遅れて聴こえる原因だよ。
どうかな?わかったかな?
このタイムラグを「レイテンシ」って言うよ。

これじゃまともに演奏できないよ~
助けてドラ〇もん~

じゃぁどうしたらいいのかって?
答えは簡単だ。
処理を急がせればいいのだ!!
ほら!!!急げよ!!!!!!!ってな具合で。

ここで活躍するのが「ASIO」という輩じゃ。
以前の記事でもチラっと名前が出たね。
こいつを導入すると頑張って処理を急がせてくれる。

ASIOの設定に「どんくらい急がせたらいい?」って項目があるよ。
これを「バッファ」っていうよ。
別に覚えなくていいよ。

この「バッファ」の値を小さくするとめっちゃ急ぐ。
ただしPCにめっちゃ負荷がかかる。
ので、出来るだけ高性能なパソコンを買いましょう。
パソコンの性能が足りていないと音が途切れたりするので
その場合はバッファの値を少し大きくするとかして調整しよう。

逆にバッファを大きくするとパソコンの負荷が軽減されるよ。
でも音の遅れ具合も大きくなるよ。

この「ASIO」というやつはMIDIキーボード以外にも
マイクや楽器の録音でも力を発揮してくれる。
まぁ生楽器とかだとオーディオインターフェースに付いてる
ダイレクトモニターという機能を使ってもいいだろう。
これはオーディオインターフェースに入力された音を
パソコンに送ったりせずにそのまま直接出力する機能だ。
ここではあまり詳しく説明しないので、気になる人は調べてね。

これで鍵盤を押してから音が遅れて出てくる問題が解決された!
た~のしぃ~!!
めでたしめでたし。

次回は「音源」と「プラグイン」の話だよ。
実際に僕が使用している音源とかも紹介するかもしないかも。
乞うご期待!!!!!


今回のおまけ画像
お好み焼き
epk1ZkUaiR.jpg

お陰様で先日、6月20日にボカロ曲初投稿から10周年を迎え
同日にボカロミニアルバム「RERISE」をリリースする事が出来ました。
ここまで来れたのも沢山の人の支えがあってこそだと思っています。
この場を借りて御礼をば。

この10年間、本当にいろんな事がありました。
長かったようで短かったようで、なんとも不思議な感じです。

ミニアルバムのタイトル「RERISE」は
直訳で”再び昇る”といったような意味になります。
ボカロでCDを制作するのが3年半以上振りというのもあるんですが
何年経ってもこれからもずっと変わらず等身大で
また気持ちを新たに頑張っていけたらという想いも込めてつけました。


24_t1fKNSN.jpg

ブックレットはY_Yさん(twitter:@legacy2outback)に担当して頂きました。
とても綺麗なイラストを沢山載せて頂いておりますので
ブックレットも一見の価値アリですぞ!
楽曲とも合わせて世界観を楽しんでもらえたら幸いです。

そして昨日、23日にリリースイベントを行いました。
生憎の雨でしたが、遊びに来てくれた人はありがとう!

基本的にバンド編成でライブをすることが多いので
弾き語りでのライブはなかなか珍しかったりします。
機会があればまた弾き語りライブもやりたいね!

7月27日にも四谷LOTUSでライブを行いますので
もし良かったら遊びに来てね~
ライブ詳細とチケット購入はこちら
https://t.livepocket.jp/e/20180727-rerilink


少し間が空いてしまっているけど、
次回の更新は音楽談義の続きを書くよ!
それではさらばっ!!

↑このページのトップへ