やぁやぁ、久しぶりの音楽談義だね。
今回からちょっと難しい話になるよ。
難しいと言っても出来るだけ簡単に解説するので
ふーんって感じで読んでみてね。

ここまでの音楽談義の記事を読んでくれている事を前提で話すので専門用語なんかも普通に出てくるよ。
まだ読んでいないという人は過去記事も合わせて読んでもらえると嬉しいよ!

では「MIDIキーボード」と「レイテンシ」のお話
はじまりはじまり~

皆はパソコンの「入力装置」と聞くと何を思い浮かべるだろうか。
まぁマウスとか文字を打つキーボードとかその辺りだろう。

実は先日こういう物を買いました。

De0VNSxUYAEMmJU.jpg


De2KXzkVQAAg31J.jpg

MIDIキーボード」というやつです。
これも所謂「入力装置」という分類になるよ。
元々使っていたものが壊れてしまったので買い替えました。

普通のキーボードと何が違うのよ?って思った人もいるかもしれない。
実はこれ、キーボードだけでは音が出ない。
パソコンと接続することによって、はじめて音が出るのだ。

パソコンのDAW上で音を打ち込んだりするときに使うよ。
ピアノだけではなく、色んな楽器の打ち込みにも使えるよ!

普通のキーボード(パソコンがなくても音が出るやつ)の場合も
「MIDI端子」というモノが付いていたら代用可能。
まぁそれに関しては今回は割愛させてもらおう。

MIDIキーボードを接続して実際に音を鳴らしてみるぞ!!

………あれ?鍵盤を弾いても音が遅れて聴こえてくる???
なんで!!なんでなのぉぉぉぉぉぉ!!!!!

これが「レイテンシ(入力遅延)」です。
説明がザックリすぎるので詳しく解説しよう。
ここでの登場人物は
人間:人
パソコン:PC
MIDIキーボード:Key
オーディオインターフェース:AIF
スピーカー:ス

人「ドの音を鳴らしたいので、ドの鍵盤押します。ポチー。」
Key「急に押すなよwwパソコンニキ~信号送るンゴwwwww」
PC「何か信号来たわ。DAW上でドの音鳴らしとくわ」
AIF「パソコンさんが何か鳴らしとる。スピーカーから音を出さねば」
ス「ドォォォォォォォォォォォ~~~!!!!!!!」

といった感じで、鍵盤を押してから音が出るまで
各所で色んな処理がなされているわけである。

この処理にかかる時間が鍵盤を押してから音が出るまでのタイムラグ。
つまり音が遅れて聴こえる原因だよ。
どうかな?わかったかな?
このタイムラグを「レイテンシ」って言うよ。

これじゃまともに演奏できないよ~
助けてドラ〇もん~

じゃぁどうしたらいいのかって?
答えは簡単だ。
処理を急がせればいいのだ!!
ほら!!!急げよ!!!!!!!ってな具合で。

ここで活躍するのが「ASIO」という輩じゃ。
以前の記事でもチラっと名前が出たね。
こいつを導入すると頑張って処理を急がせてくれる。

ASIOの設定に「どんくらい急がせたらいい?」って項目があるよ。
これを「バッファ」っていうよ。
別に覚えなくていいよ。

この「バッファ」の値を小さくするとめっちゃ急ぐ。
ただしPCにめっちゃ負荷がかかる。
ので、出来るだけ高性能なパソコンを買いましょう。
パソコンの性能が足りていないと音が途切れたりするので
その場合はバッファの値を少し大きくするとかして調整しよう。

逆にバッファを大きくするとパソコンの負荷が軽減されるよ。
でも音の遅れ具合も大きくなるよ。

この「ASIO」というやつはMIDIキーボード以外にも
マイクや楽器の録音でも力を発揮してくれる。
まぁ生楽器とかだとオーディオインターフェースに付いてる
ダイレクトモニターという機能を使ってもいいだろう。
これはオーディオインターフェースに入力された音を
パソコンに送ったりせずにそのまま直接出力する機能だ。
ここではあまり詳しく説明しないので、気になる人は調べてね。

これで鍵盤を押してから音が遅れて出てくる問題が解決された!
た~のしぃ~!!
めでたしめでたし。

次回は「音源」と「プラグイン」の話だよ。
実際に僕が使用している音源とかも紹介するかもしないかも。
乞うご期待!!!!!


今回のおまけ画像
お好み焼き
epk1ZkUaiR.jpg

お陰様で先日、6月20日にボカロ曲初投稿から10周年を迎え
同日にボカロミニアルバム「RERISE」をリリースする事が出来ました。
ここまで来れたのも沢山の人の支えがあってこそだと思っています。
この場を借りて御礼をば。

この10年間、本当にいろんな事がありました。
長かったようで短かったようで、なんとも不思議な感じです。

ミニアルバムのタイトル「RERISE」は
直訳で”再び昇る”といったような意味になります。
ボカロでCDを制作するのが3年半以上振りというのもあるんですが
何年経ってもこれからもずっと変わらず等身大で
また気持ちを新たに頑張っていけたらという想いも込めてつけました。


24_t1fKNSN.jpg

ブックレットはY_Yさん(twitter:@legacy2outback)に担当して頂きました。
とても綺麗なイラストを沢山載せて頂いておりますので
ブックレットも一見の価値アリですぞ!
楽曲とも合わせて世界観を楽しんでもらえたら幸いです。

そして昨日、23日にリリースイベントを行いました。
生憎の雨でしたが、遊びに来てくれた人はありがとう!

基本的にバンド編成でライブをすることが多いので
弾き語りでのライブはなかなか珍しかったりします。
機会があればまた弾き語りライブもやりたいね!

7月27日にも四谷LOTUSでライブを行いますので
もし良かったら遊びに来てね~
ライブ詳細とチケット購入はこちら
https://t.livepocket.jp/e/20180727-rerilink


少し間が空いてしまっているけど、
次回の更新は音楽談義の続きを書くよ!
それではさらばっ!!

やあやあ

音楽談義、DTM初心者に向けたアレコレの導入編の第二回目だよ。
今回はマストでもないけどDTMをやるならばほぼ必須と言っても良いであろう機材である「オーディオインターフェース」というモノについて書いていくよ。
これがあるのとないのとでは雲泥の差があるよ。

まずは「オーディオインターフェース」がなんなのか説明していくよ。

簡単に言えば音の出入り口、という事になるね。
パソコンの中で鳴っている音を音楽制作用のスピーカーに送ったり、ギターやマイクを繋いでパソコンに録音したり出来るようになるよ!
あと少し難しいけど「サンプリングレート」や「ASIO」といった機能を管理する事も出来るのじゃ。

頑張って図を描いたよ。
配線図.jpg
赤矢印がインプット
青矢印がアウトプット

パソコンとの接続方法は最もメジャーであろう「USBケーブル」と表記したけど、他にも「FIREWIRE
」や「Thunderbolt」、「PCI Express」なんてものを使用する接続方法もあるよ。

前回の記事でスピーカーやイヤホン等を「パソコンの音声アウトプット端子にザクっといっておけば音が出るぞ」って書いたのだけれど、じゃあオーディオインターフェースって別にいらなくない?とか思うじゃん?

ところがどっこい。

パソコンに元々搭載されている再生、録音の機能というのは性能があまり良くないのである。
DTM、つまり音楽制作においては、自分が作った曲(音)を原音になるべく忠実な状態で聴くことが出来ないと、良し悪しの判断をしにくいわけだ。
あと歌や楽器をなるべく良い音で録音しておけば、それだけ最終的なクオリティにも差がつくぞ。

つまり、オーディオインターフェースというのは音が良くなる魔法の箱と言っても過言ではない。
あとは単純に「入出力の数」が増えるので、いろんな機材を使いやすくしてくれるのだ。

さらにプラスして音楽制作用の高性能なスピーカー(いわゆるモニタースピーカー)や、同じく制作向けのモニターヘッドフォンなんかを揃える事によって、本当の意味で制作環境が整うことになるよ!

さて、ここまでの話でなんとなく思った人もいるかもしれないけれど、DTMの環境を整えるのにはとてもお金がかかるという事。
でもお金をかけた分だけ音やクオリティとなって表れてくるのもまた事実。

なので、DTMを始めたいならまずはパソコンのスペック、そしてオーディオインターフェースとスピーカーになるべくお金をかける事をおすすめするぞ!
もちろん予算によってはオーディオインターフェースとスピーカーは後回しでも構わない。
僕も初期の頃(アブアトミック~とか多分その辺まで)はどちらも持っていなかった。
その場合でもヘッドフォンだけはそこそこ良いものを持っておくといいだろう。

ここで間違ってはいけないのが「お金をかけたからといって、良い”作品”が出来るわけではない」という部分だ。
どんなに音の環境が良くても、いい作品が出来るかどうかは別問題だ。
逆に言えば環境が整っていなくても才能と努力次第ではどうにかなるとも言える。
そこはやる気とか根気とか愛とかなんかそういうの諸々で頑張れ!!
…頑張れ!!!!!

僕の使用機材に関しては一度過去記事で書いたので、そちらを参照してね☆
機材の過去記事

次回は「MIDIキーボード」と「レイテンシ」について書こうと思うよ!
配線の図を頑張って書いたのでおまけ画像はお休みだ!!

それではまた次回に続く。

↑このページのトップへ