唐突に、恐らく本人も覚えていないであろう、ゆーだい画像。

image
吠えてます。
よく見ると、

image
ん?ご本人様でいらっしゃいますか?





はい、どーもイノです。

今日は横浜Baysis10周年をお祝いに、横浜の星としてI-RabBitsがトリを務めさせて頂きます。



横浜のバンドとして生まれたのは、全く偶然以外の何物でもなく、なにしろ一人も横浜由来の人間がいない( ゚Д゚)

当時の大学のサークルの先輩に、「ライブやってみたいんですけど」と相談して初めて出演したのが、新横浜BeLL'Sというライブハウス。

余談だけど、その時はI-RabBitsの前身バンド、猪野がリーダーの「猪野頭」という、ヘドバンしまくり、トゲトゲした衣装着まくりの、絵に描いたようなパンクロックバンド!!が出てくると思わせておいて、借りてきた猫みないな猫背J-POPバンドでしたがね。


それ以来、バンドの駆け出しの頃、全国を駆け巡りだした頃も、ずっとこの地にお世話になり続けてきました。




横浜Baysisは、そんなI-RabBitsのバンド人生の途中で生まれたライブハウスで、何となく知り合いのバンドに誘われたから出演するとか、積極的に自分達から関わってきたライブハウスではなかったけど、それでも店長三井さんを始め、スタッフさんが行く度に顔を覚えてくれて、いつの間にか横浜の第2の故郷となっていきました。



横浜と言えば、I-RabBitsは何をするにしろ横浜を一番最初の地に選んできた訳であって、路上ライブも毎週水曜日、文字通り雨の日も、風の日も欠かさず、新星堂のインストアライブもバンド人生で初のインストアライブだったり、初のワンマンライブも、全部が横浜からでした。


 
なんか、いつの間にか故郷になり過ぎて、大事にしたい気持ちもあるし、大事にし過ぎていたのか、 逆に横浜での活動が減ってきてしまっていたけれども、バンドを辞めたくなった時に思い浮かべる景色は、やっぱりほとんどが横浜です。



ちなみに、今日の店長三井さん、ドラムみづきが脱退するとなった時に、発表の仕方も、今後のバンドの活動も、訳がわからなくなって一番最初に相談した人物です(笑)

全く適当な人なんだけどね(笑)、年一くらいで必要な言葉をくれたりするんだよね。




「横浜の星になれ」





いつだったか、今日のライブが今年見てきたライブの中でベストアクトだったと言われた事も、すごく記憶にあるし、どこかで自信にもなっていたりします。
名だたるツアーバンドが押し掛けるライブハウスですからね。



 
横浜の事を書き出したら、意外とキリがなくなりそうだΣ(・ω・ノ)ノ

そりゃそうです、いつも身近にいた場所ですからね。




つい先日、新横浜BeLL'Sに当時の先輩バンド(形を変えてしまったけれども)を見に、今のI-RabBitsはこうですっていう近況報告をしに、顔を出してきたけれども、ふとこうして故郷が故郷としてあってくれるのも、守ってくれている存在がいるからなんだよなぁ、と今まで思った事もない事を感じさせられました。



お前らエセ横浜だもんな(笑)




なんて冗談ぽくいわれましたが、今日は一応、横浜の先輩としてライブしに行きます(*・ω・)ノ




10年分のお祝いをしにいきますよーーー!!!!





P.S
懐かしい画像が欲しくて、携帯の画像を漁ってたら、2012年のヤバい写真出てきた。。

ゆーだいさんのみ晒す訳にはいかないので(笑)
この年代に残っていた唯一の自撮り。

これを撮ったシチュエーションが思い浮かばないよ。寝起きか!(≡ω≡.)
意外とでもこの髪型好きだな、多分それで残しておいたんだろうな。。
image