4月です。

新年度、初の更新となりました。

どーもイノです。


好きな数字は41です。


何でかって?



みなまで言うな!!



あ、今回画像少なめです。っていうか「無」です。本日は読み物です。



改めまして、マイコさん誕生日おめでとうございました。

よくマイコさんに「イノは早生まれでずるい」と言われます。





そう思います。  
 


入学式やクラス替えで、そわそわしている内にあわよくば祝われる事なく誕生日を終えてしまう、学年で誰よりも早く大人の階段を上る4月生まれに比べて、割とギリギリまで下の学年の仲間みたいな顔を出来る3月生まれです( ・ω・)



しかしね、幼稚園や小学校低学年の時は、ほぼ1年も成長が遅いという中、運動会は一緒に走らされ、テストも同じ問題を解いてきた訳ですよ(覚えてないけど)


あまり褒められる事なく競争社会を生き抜いてきた訳ですよ(覚えてないけど)



だからね、ま、 いーじゃないかと。この話どーでも。





新年度初ブログですが、今月は割と初物が多くて、まずは4月1日の新栄RAD SEVENは初ライブ、 いわゆる「こけら落とし」というヤツでした。

大役を任せて頂き、ありがとうございました!!



そして迎えたマイコさん誕生日は、I-RabBitsにとって初となるツイキャスでのLIVE配信!



ツイキャスって、もっとゆる~いモノを想像していたけど、ゆるさ少な目なだいぶ本気なヤツになりました。

ツイキャスLIVEはコチラ 



そして、ツイキャスの面白さも分かったので、今後増えていくと思われます(・◇・)ゞ






さて、そんな全国どころか全世界でも見れてしまうツイキャス、を始めとしてSNSやらのインターネットも、究極まで紐解いていくと、「0と1」の数列だったりする訳です。


0と1という究極まで紐解いて行っても、永遠に繋がる事のない2つの数字によって世界が繋がっているっていうのも、何だか不思議な話。



先日、駅のホームで数年ぶりに会った友人に、電車に乗る寸前に声をかけられて、とっさに出た一言が「お~、久しぶり!!」、でもう電車が出る直前だったので、最近元気?みたいな間もなく終わってしまったのだけども、twitterとかで連絡出来るし、まぁいっかと終わってしまったのだけれども。


これも考えてみれば、今の時代だから成せる事であって、これがひと昔前だったらそれこそ電車1本遅らせてでも話をしておかなかったら、もう一生会う事すらないかも、だったのです。





インターネットのせいで、っていう事もあれば、インターネットのおかげでっていう事もあって、当然の事ながら、道具は使いよう。




音楽という本来アナログなモノを、0と1というデジタルに変換して、CDや電波という媒体に乗せてみんなに届けているのです。

人の感情という、究極に割り切れないモノを、0と1というたった2つの点によって、ブログやツイキャスに乗せて、みんなに届けているのです。





でも受け取った時にはそれが0と1なデジタルなモノとは感じない訳で、なんだかなぁとグルグルグルグル思考している今、「0と1で繋がる」から「0と1が繋がる」。




人と人の繋がりも、そんなもんじゃないかと。




どうあがいたって、他人は他人で、0と1の関係。





 最近話題の人口知能も「0と1」の集合体だし、そこに対して生理的に受け入れられないような壁があるけれども、もはやこの世界の9割が「0と1」で繋がっている世界だとしたら、それはもう新しい生命体として受け入れるべきなのではないか、とかなんとかで、、、、




はい、理系的哲学が全開で働いている深夜です。 





結局何が言いたいのかというと、今だからこそ「繋がり」が大事だという事。





 想いは伝わる。




これもまた「100匹目の猿」という話があって、これも語り出したらよりいっそう収拾がつかないので、また別の機会に。。