まず、春のワンマンツアーのチケットについて。ずっと保管してくれていた人には本当に申し訳ないのですが、一度すべて払い戻しという方法を取らせてください。延期公演をずっと待ってくれていた人の気持ちを思うととても心苦しいのですが、バンドセットでライブが出来るようになった暁にはもっと広いところでライブを開催出来るように頑張るので、その時もう一度購入してもらえたらとても嬉しいです。ごめんなさい。



『見るラジオ』初回放送が終わった。楽しんでもらえたでしょうか?演奏シーン以外のアーカイブは、また明日アップロードされる予定なので、見逃した人や何度も見たい人はまた明日チェックしてみてね。

そして、この『見るラジオ』の公開収録と銘打ったトーク&アコースティックライブを10月から開催します。その名も、『"ライブハウスで"見るラジオ』

3月段階では、バンドセットで秋ワンマンツアーを予定していた。だが6月現在、秋に従来通りの三密のライブが出来る可能性は限りなく低い。 「距離を取って入場制限をしてライブを?」と考えたけど、シンガロングも出来ず、誰かと触れ合うことに怯えざるを得ない状態でワンマンライブを開催することが、個人的にどうしても正解と思えなかった。

ライブ配信という案も浮かんだけれど、そもそもライブと配信は別であること、配信の為のプラットフォームや方法論がまだ広く浸透していないからマネタイズが難しいこと、『ライブハウスで会おうぜ』のMV撮影で事務所にもレーベルにも資金を出してもらっているのできちんとお金を還元したいこと、様々な理由からライブ配信も得策ではないと考えた。

「なら秋は再延期で、今は配信番組に力を入れるしかないのか…」と諦めかけた矢先、事務所から別の方法を考えてみようと打診された。「バンドという形じゃなくても全国に行くことはできないか?」「僅かでもライブハウスに還元できないか?」幾度もミーティングを重ね、『見るラジオ』の収録をライブハウスで行うことを決定した。

距離を取るためにバカでかい会場で着席形式にする。大阪はなんばHatch、東京はZepp Diver Cityを抑えている。そこで敢えてトーク&アコースティックライブをする。1日に2公演行う場所もある。そもそもトークライブなんてしたことがないし、上手くいくかどうかわからない。まだラジオ1回しか放送してないのに、公開収録が10箇所以上決定している。不安がないといえば嘘になるし、正直マトモじゃないと思っている。いやマジで無茶がある。

けど、新しいことに挑戦できる。そしてみんなの顔を直接、見に行くことができる。それについては超ワクワクしている。中途半端な覚悟じゃなく、遊びに来てもらえたら最高のエンターテインメントを提供する気概だ。楽しませることに関してはプロなんですよ、俺らメジャーアーティストだから。

公開収録ツアー『"ライブハウスで"見るラジオ』のチケット発売日は追ってアナウンスされます。HPやSNSをチェックしてもらえたらと思います。よろしく。