驚かせてしまい、そして悲しませてしまってごめんなさい。お知らせの通り、吉野は5月からサポートギターとしてハンブレッダーズに関わる事になります。

吉野とはもう13年くらいの付き合いになる。初めてCDを借りた友達は吉野だったし、バンドを組もうと最初に誘ってきたのも吉野だった。それまでは音楽なんて車のカーステレオくらいでしか聴かなかったし、人生で夢中になれるものなんて1つもなかった。彼は僕の中学からの友達で、最初のバンドメンバーで、僕に音楽という生き甲斐を教えてくれた恩人だった。


いつからか遊びがマジになって、大学を卒業してもハンブレッダーズは続いた。平日はサラリーマン、土日祝日はバンドというサイクルで活動をすることになった。(僕だけはコンビニバイトだったけど。なるべく多くの時間をバンドに割きたかった。)過酷だと思うこともあったけど、ありがたいことに少しずつ応援してくれる人も増え、理解してくれる事務所とも協力してバンドを続けた。マネージャーから「東阪クアトロがソールドアウトしそう」という報せを受けた昨年12月に、僕ら4人はこれからについて話し合い、そこで吉野から「この先バンドだけに集中して生きる選択肢はない」と告げられた。

たった1人のメンバーチェンジに見えるかもしれないけれど、これからバンドに吉野が居ないというビジョンが僕には到底、想像できなかった。同時期に喉を壊して声が出なくなり、初めてライブをキャンセルした。今までずっと頑張ってきたものが、プツリと切れてしまったような絶望感に襲われた。2018年の12月は、バンドを始めてからの10年間でいちばんキツかった。

ボロボロになっていた僕に、でらしは「続けましょう」と声をかけてくれた。キジマは「ムツムロの言葉とメロディが好きだから、付いていくよ」と言ってくれた。その二言がどれほど重かったか。嬉しかったか。優しかったか。自宅謹慎中に部屋の隅にまとめているファンレターを読み返した。SNSにはたくさんのメッセージが届いた。数少ない友達に打ち明けると、みんな「頑張れ」と言ってくれた。涙が止まらなかった。


続けてみることにしよう、と思った。3年前にまっちゃんが辞めた時も、今回も、結果として沢山の人の期待を裏切ってしまった。だけど、彼らがいてくれたから生まれた曲たちをこれからも演奏していこう。吉野の一言で始まり、でらしとキジマの二言で続いたこのバンドで、僕は今まで以上に素晴らしい曲を作る。吉野が仕事を続けることを決意してくれたおかげで、僕もやっとこのバンドを生涯続ける覚悟が出来ました。


新しいギタリストが見つかるまで暫くの間は吉野に協力してもらいます。もしかしたらすぐかも知れないし、半年かも知れないし、一年以上かも知れないし、それはわかりません。しかし彼の本職はあくまでサラリーマン、あくまでサポートギタリスト。業務提携という間柄になります。彼以外を迎えてライブをしても、それは正真正銘ハンブレッダーズのライブです。

今まで応援してくれた人からすれば、すぐに受け入れるのは難しい話だと思います。当の僕らだって時間がかかりました。だけど僕ら3人はもっと音楽と向き合う為にこの道を、吉野は吉野自身が守りたいものの為に会社員として働く道を選んだ。4人全員にとって前向きな決断だし、僕は吉野の仕事を応援したいと思っています。

みんなの優しさに救われてここまで来ました。なので今度は、みんなに優しく出来る音楽を、僕らが作る番だと思っています。3年間ずっと葛藤した。だからもう前しか向いていません。冷めたフリするのも逃げるのも妥協するのも、もうやめた。


ヘッドフォンの中は宇宙。だとしたら、バカみたいな話をしたり、大好きな音楽をカーステレオから流してライブハウスに向かったあの高速道路は、銀河だと思った。

新曲『銀河高速』のMVが、今月中に公開される予定です。10年間の軌跡と奇跡を思い出して作った唄です。よかったら聴いてください。


ハンブレッダーズ ギターボーカル
ムツムロ アキラ