3人のサポートギタリストに支えられてハンブレッダーズは現在活動している。この春まで一緒にバンドをしていた吉野。大阪でライトフライトというバンドのギターボーカルをしているうきくん。そして元The Floor、現Coupleというグループのギターの永田さんの3人だ。ライブをしていても三者三様のプレイスタイルがあるのが面白く、お客さんにもガチャガチャのような感覚で楽しんでもらえたらいいなと思っている。

永田さんと初めて一緒にライブをしたのは8月だった。緊張感と高揚感が入り混じった心斎橋JANUSの楽屋の端に、見知らぬTシャツが置いてあるのがわかった。よく見るとそれは、アメリカのロックバンド、ガンズアンドローゼスのロゴTシャツだった。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5208.JPG

僕は永田さんに尋ねた。「これ永田さんのTシャツですか?」「そうそう!今日着るかわかんないけど」永田さんはかなり音楽に関する造詣が深く、知識量も多い。ガンズのことを好きなのは意外だったが、何らおかしい話ではなかった。「知らなかったっす、ガンズ好きなんですね。」と聞いた。永田さんは少し困ったような顔になった。

「いや〜実はそんなに今までめっちゃくちゃガンズ聴いてきたワケじゃないんだけど…オシャレだから気に入ってんだよね…笑」少しばつのわるそうな顔をした永田さんがなんだか可笑しくて、僕は笑ってしまった。ミュージシャンがステージ上でバンドのTシャツを着るのであれば、お客さんに『あの人、あのバンド好きなんだ!』って思われても不思議じゃない。でも永田さんはただ単に「オシャレ」という理由でガンズアンドローゼスのTシャツをバンドマンの聖域たるライブハウスに持ち込んでいたのだ。

ふと僕は思った。本当にガンズアンドローゼスが好きな、いわゆる"ガンズガチ勢"のバンドマンと対バンして、変な空気になったりしないんだろうか。例えば僕はエレファントカシマシがすごく好きだけど、対バンしたバンドマンがエレカシのTシャツを着ていたら親近感が湧く。打ち上げで会話の糸口として「エレカシ好きなんですか?」と話しかけるかも知れない。そこで「いや、オシャレとして着てて…」と返されても、こちらとしても反応に困ってしまう。

「本当にガンズ好きな人に怒られることないんですか?」と聞くと、「たまにあるよ」あるんかーい!まーあるだろうな!ガンズなんて好きな人多いだろうし。「でしょうね!」「でもオシャレなんだよ〜」面白くて2人でずっとゲラゲラ笑っていたけれど、永田さんは何か思うところがあったのか、ガンズアンドローゼスのTシャツは楽屋に干したまま、違うTシャツを着てステージへ上がっていた。

終演後、楽屋で再び永田さんと2人になる時間があった。壁にかかったガンズTシャツがチラチラと視界に入るたびに、僕は笑いそうになる気持ちを堪えた。暫くすると、楽屋をノックする音がした。

「おつかれ〜!!!!ライブめっちゃ良かった〜!!!!」声の主は、もう1人のサポートギタリスト、うきくんだった。うきくんはテンションが高い時と低い時の落差がかなりあり、その日は僕らのライブを楽しんでくれたためか、レッドブルを5本一気にキメたのか?ってくらいテンションが高かった。ちなみに低い時はよくツイッターにいる。

「ありがと〜!あ、こちら、永田さん」僕はうきくんと永田さんの2人の間に入ってお互いのことを紹介した。彼らはこの日、初めて顔を合わせたのだ。うきくんは永田さんにあらゆる言葉で賛辞を送り、永田さんも照れくさそうにそれを喜んでいた。すごくいいムードの楽屋を見回して、うきくんの目にあるものが留まった。

「永田さん…もしかして……ガンズ好きなんですか!?!!!??!???俺もめちゃくちゃ好きで!!!!!ツアーも行って!!!!!…」

あまりにも嬉しそうなうきくんを見て、僕は両手を叩いて大笑いしてしまった。言わんこっちゃない!あまりにも綺麗な伏線の回収だった。永田さんも何か吹っ切れたのか大笑いしている。

自分以外が爆笑しているという謎の時間に戸惑っているうきくんに、一部始終を説明する。さっきまでキラキラしていた瞳が、徐々にギラギラと鋭く光を放ち始めた。「なるほど…なるほどね…?」さながら血の匂いを嗅いだ人喰いザメのような、ジョーカーになる為に化粧をしているアーサーような表情だ。口元は笑っているのに、目は1ミリも笑っていないのだ。


後日、大阪でうきくんと一緒にライブすることがあった。リハーサルを終え、本番が近づき、彼がおもむろにカバンから取り出した衣装がこれだ。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4800.HEIC


めっちゃ根に持ってる〜〜〜〜!!!!

「俺はちゃんと、ツアーで買ったやつよ」

めっちゃ根に持ってる〜〜〜〜〜!!!!!


愉快なサポートギタリスト達のおかげで、ハンブレッダーズは今日もライブができています。