東京に来てもう4カ月が過ぎた。アルバム製作が無事終わって、ツアーと練習とキャンペーンを並行して行なっている。暮らしていれば自然と心は揺れてメロディと言葉が湧いてくるので、更に新しい曲も作ったりしている。

さて、11月24日にフルアルバム『ギター』を発売する。気付けば『ユースレスマシン』発売からかなりの時間が経過していた。ご存知の通り、なかなか順調とは言えない1年9ヶ月だった。

去年の春頃。ライブが無くなり、毎週入っていたスタジオが営業停止になり、バンドを始めてからほぼ毎日書いていた歌詞を書く手が止まり、生活から音楽が完全に消えた日があった。朝からランニングをして、配信で映画を観て、友達とZOOMで電話して、たいして疲れてもいない身体のままベッドに入る。誰とも会わず、メンバーともマネージャーとも連絡を取らない。そんな日がしばらく続いた。12年間で初めて、ハンブレッダーズのことを考えない期間だった。悲しいことに大した問題はなく時間は過ぎて、「そっか、音楽を作らなくてもぜんぜん生きていけるんだな」と理解してしまった。心は静かで、涙も出なかった。

就職活動をしていた時期に、大学教授に「生活必需品に関わる仕事をしなさい。不況になっても仕事が失くならないから。」と言われたことがあった。毎晩電気を消して天井を見ると、その言葉がフラッシュバックした。自分の仕事は世の中に必要とされていないのだろうか?そんなハズはないと言い聞かせても、決まっていたライブがひとつひとつ消えていく度に、その仮説は徐々に説得力を持っていった。

2週間ほど経ったある日。関連動画でたどり着いた漫才師の動画をYouTubeで見ていた。久しぶりに声を出して、ひとりで笑った。ほんの少しだけ躍動した心臓に、なんとなく歌詞とメロディを添えてみる。思えばこういう時に思い浮かぶ曲は、いつもエイトビートの速い曲だった。頭の中で独り言を言いながら、半日でフルコーラスが完成して、ギターも歌もヨレヨレな音源をメンバーに送る。『BGMになるなよ』というタイトルは、きっと自分に一番言いたかった言葉だった。

それからはどんどん曲が出来ていった。夏頃に『君は絶対』という曲が書けて、アルバムの方向性が固まった。ライブを制限付きで少しずつやれるようになったり、自分の歌がアニメ主題歌になったりした。全国で待ってくれている人の顔を見る度に心が震えた。でらしもキジマも同じだと思う。

俺は卑屈で、何でも斜に構えて見る癖がある。だけど本当はすごく寂しがり屋で、誰かと繋がりたくて、無機質なインターネット越しじゃなくて、たしかな手触りで誰かの名前を呼びたくて、誰かに名前を呼んで欲しくて、だからバンドをやっているんだと思う。コロナ禍に俺が経験した孤独みたいなものは、きっといつだって誰にだって訪れる。そういう負の感情をブチ破るためのアルバムを作りたいと、ずっと思っていた1年9ヶ月だった。

大学教授に「生活必需品に関わる仕事をしなさい。」と言われたことがあった。俺はそんな仕事に就いている。そう胸を張って言えるアルバムができた。『ギター』今月24日発売です。聴いてください。

昨日、東京近郊に引っ越してきた。別にわざわざ明かすことでもないのでは?と事務所とレーベルに言われ、確かにそうかもなとも思ったけど、今まで大阪に住んでいるとさんざん公言してきたし、後々「いつの間に東京行ってたの?」みたいになるのもなんだか寂しいかなと思って少しだけ文章に残すことにした。

理由は単純明快。僕らが契約している事務所とレーベルは東京にあり、ずっと担当マネージャーとディレクターが月に数回大阪に来てくれてミーティングをする、という遠距離恋愛のような関係で活動をしてきた。ならいっそ僕らが上京し、すこやかなる時も病める時も近くに居た方が、生まれたばかりの曲や思いついたばかりのアイデアをすぐさま形にできて愛を育めるよね?という感じです。

まあ上京するとはいえ、今の僕の夢は港区のタワーマンション最上階に住んで夜な夜な怪しいパーティを開くことではなく、いつか地元の吹田万博記念公園でハンブレッダーズ主催のイベントをやることです。学生時代にライブハウスでしかライブを経験したことがなかった僕は、初めて野外フェスに出た日、そのエネルギーに仰天した。今までヘッドフォンの中やライブハウスのスピーカーの前でやってきたコトを、いつか太陽の塔の足元でやれたら最高だなーと考えている。

音楽で世界なんか変わらないかも知れないが、誰かの世界観ならば変えられる。ひょっとしたら故郷の景色すらも変えられるかも知れない。そう思うとワクワクする。大人には大人なりの初期衝動があって、17歳の頃より輪郭がハッキリとした夢を見ている。

実は奇しくもキジマと同じ駅に住むことになってしまったんです。なんで27歳なってまで一緒の電車乗って一緒の帰り道で帰らなアカンねん。スーパーの特売コーナーで惣菜を取り合って喧嘩して解散する日も近いかも知れません。

応援してくれると嬉しいです。行ってきまーす。

ライブハウスで見るラジオツアー、10都市20公演が無事に終了しました!

来てくれた皆には、本当に感謝しかないです。こういった状況の中で直接全国に行けたこと、メンバー全員とてもありがたく思っています。通常通りのライブが開催出来ないだろうと考え、「どうせならこの機会にメンバーの素の部分を知って欲しい」「どんな形であれ直接会いに行って歌いたい」そう思って始めたトーク&アコースティックライブ。笑いの量は千差万別だったにせよ、本来の目的は達成できました。全公演で言いましたが、次の全国ツアーは必ずバンドセットで演奏しに行きます。


そして、解禁した『ライブハウスで会おうぜツアー』これは今年の3月に『ライブハウスで会おうぜ』のMV撮影に協力してくれたライブハウスで、ハンブレッダーズ主催イベントを開催するというものです。手始めに2021年1月、3本ワンマンライブをやります。

おいおい!関西ばっかり!それよりも全国ツアーしてよ!と思う方もいると思います。メンバーもスタッフも2021年の目標は『とにかくライブをする』です。「全国ツアーはやりません!」ではなく「全国ツアーを始めるにあたり、まずは手の届く関西から再開しよう」という感じです。僕らが大阪に今も住んでいること、関西のライブハウスに育ててもらったこと、今出来る選択肢を諦めたくないことから、このツアーを組みました。来年中には全国ツアーも予定しているので、情報をチェックしておいてもらえると助かります。



8月にスタジオに入っていて、冗談半分でキジマに「この期間終わって、お客さん0人からやり直しになったらどうする?」と聞くと、「もう11年やってんねんから、何回でもやり直すやろ」と当たり前のように言っていました。カッコいいなと思いました。

2020年いろいろありましたが俺たち三人は何一つ諦めていません。世界中に後ろ指さされても俺は俺の好きなものを肯定する。それがハンブレッダーズのロックンロールです。



長くなりましたが最後にひとつだけ。

今、ライブに行きたいけれど、家族の反対で行けない。職場の空気的にライブに行くなんて言えない。そんな人が全国にたくさん居ると思います。

俺は、今はライブに行かないという選択肢も正しいと思います。

「バンドが頑張ってるんだし私も無理して見に行こう!」とか「ピンチなんだから応援しなきゃ!」とか思わなくても、ぜんぜん大丈夫です。自分のことを一番大事に考えて下さい。

この先もずっとハンブレッダーズは活動を続けます。いつか心置きなく遊べるようになったタイミングで遊びに来てください。

↑このページのトップへ