mi*




            正解なんてないのかも
            しれないけど。
             今はこの世界が望む私に
             はなれないです。

            どうしてもこの世界に
              招待されたからじゃなく
             私からしたら
               自分自身でやりたかった
              守りたかった、やりきりたかった
              約束。
                 
               見つけてしまったから
              あなたの作った世界に
                私の夢を乗せても
                いいですか?
               
               もしかしたら
              傷つく事から逃げてる
               言い訳に捉えられるし
            自分自身の勝手さを
                 知りながら 
                傷を刺してる
              その色を変えられるのが
              私だけなのならば
                 いつだって
                   色をつけるから
                  
                 やっと言えるから
              言えたから残せるんだよ。



                              
              




        夢への扉の鍵をポケットへ。
     時計の針を止めるね。
物語に代役は作りたくはない。
     だからと言って向き合う事から
逃げたくも諦めたくもない。
    今の私。鏡が怖いの。







優しい言葉を貰う度。
何度も励まされて、その分何もできない自分にイラつく事しか出来なくて、
いつの間にか心に釘を刺してしまったようです。
      
この流れる涙に色をつけてくれた
貴方にありがとう。

     とりあえず今は「生きる」  を
     貴方と約束します。

         もう少し。



      月が濡らした
             雫の色が好きになれない。


              僕     わがままを吐いた口が
     歪んで心に釘を刺すから


                反射する光が怖くなるんだ。


       本物ってなんでしょうか、
               偽物があるから本物が
光るのでしょうか

                        見えない表情が迷わせる。





       臆病な心

↑このページのトップへ