月別アーカイブ / 2019年07月

黒木です。
アルバム発売日という言葉も2年ぶりだ。
HOWLBEQUIET 「Andante」が発売された。

今日は都内CDショップを巡った。
感謝の言葉しかない。
「待ってたよ」と言って頂ける店員さんばかりで、嬉しい限り。

聴いてくれた皆様、
どうだった?

感想はTwitterでも、インスタでも発信してくれると嬉しい。すぐ見る。
「月並み」な言葉だが、何度も何度も聴いてほしい。


さて、今回のアルバム、皆さんは
どんな再生装置で聴いてくれてるのだろう。
CDは手にとって?
それとも配信で、サブスクで聴いてくれているのだろうか?

昨日のツイキャス配信でも話したのだが、
かなり突発的に話したので言葉が足りないと思ったので
改めて、
今作「Andante」における、
CDについてのことを書きます。

まず大前提に
あなたがどんな再生装置でも
HOWLBEQUIETの
音楽を聞いてくれたら僕らは最高に嬉しい。
ということの前提で見てください。

「CD世代」
「配信、サブスク世代」
というものがあるとするならば、
僕らは完全に狭間の年齢だと思う。

で、そんな中、
今作の「Andante」

CDで手に取ってほしいと強く思う理由が今作にはある。
今回、CDが出来上がって、改めて手に取った時、
「ぁあ、2年の積もりに積もった物語が全て詰め込まれてるこの円盤に、、」
と思った。

「モノには全ての思い出が詰まる」

昔の指輪も、ネックレスも、

現像してない撮り終わったフィルム
にも。

そう、
自宅の引き出しに入っていた、現像していない、フィルムを見て、

モノと思い出ことについて強く思いを馳せた。

フィルムってのはカメラ屋さんに赴いて、
現像しないと写真は見れないので、
一手間もふた手間も写真を見るのにも時間がかかる。

だけど、何を撮ったか、どんな思い出が詰まっていたか、そんな思いを募らせて現像に行くときはなんとも愛しい。

二年間、音源を出していなかった俺たち。
外から見ている人達からしたら、何も動いてなかったように見えるかもしれない。
だけど、日々バンドはライブ活動、音源制作を通して、右往左往活動してきた。

俺たちはこの二年間の想いを、
ちゃんとこのCDという円盤に現像できたんだ。
どこか恥ずかしいけれど、
楽しかったこと、正直辛かったことも
全て現像された気がしたのだ。

俺たちのことをずっと月のように照らしてくれている人達がいたからなんだな。
と思う。

そうそう、
「俺たちのCDがCD屋に並べてある!!って感動はいつまでも忘れちゃいけないよね。


最後に、
もちろんサブスクでも配信でも買ったり聴いてくれたら本当に嬉しいので、
あなたにとっての一番の聞き方で構わないです。(これは本当に)

では、明日は渋谷WWWXにてライブなのでここらへんで。
S__10059820.jpg

こんばんは!とおるです!!







気温が高くなるにつれて夏が来たんだなーって思うし、いよいよアルバムリリースまであと僅かなんだなと実感している今日この頃です。





先日、そんなアルバム発売翌日の8/1に行われるリリースパーティー、
その名も、「Screen0」に出演していただくWEAVER先輩のスタジオにお邪魔させて頂きました!

S__11730973.jpg





WEAVER先輩。
同じピアノバンドで、とても素敵な曲と精密なアンサンブルをする個人的にも大好きなバンドなので、それはそれはずっと実現したかったし、快く快諾してくれて本当に嬉しい限りです!



そんな先輩のスタジオに伺うとあってとっても緊張しました!



絶対に遅れるなんてことはあってはならないと思い、30分前には最寄駅に着いていたんだけど、

道中ボーカルの杉さんらしき後ろ姿をお見かけ、、!!

これはまずい!!と思いダッシュで回り道して、あたかもずっと前からいましたよ感を出す事に。


そして上手く先回りし、スタジオの前の陰からひょっこり飛び出し、




「おざっっす!!!!(大声)」




ってやりました!!!

















ごめんなさい!めちゃくちゃ知らない外国の方でした!!!


「はっ!?(・・;)」


って多分英語で言ってました!


僕も「ごめんなさい間違えました!!」

って言えたら良かったんだけど、
英語表現が分からないから思わず

「オージーザスソーリー!」

っていう訳わかんない英語を使ってしまいました。。。


なぜかめちゃくちゃ笑ってくれてたから良かったけどビビるぐらい汗かきました。。。






まぁその後無事にWEAVER先輩にお会いでき、出来上がったばかりのAndanteと今回の為に作ったコラボTシャツをお渡しできました!




いきなりだったのにとても優しく対応してくれて、心から当日を楽しみにしてくれていて、改めてWEAVERと2マン出来て嬉しいし、本当に素敵な兄さん達でした!!



やっぱり2マンライブって独特のグルーブ感とバチバチ感があるから最高にワクワクする、、!!



アルバム発売翌日だからね、一番鮮度の高い状態で演奏できることがめちゃくちゃ楽しみです!





是非是非お越しくださいね!!!





本日から一般発売開始です!!!!



2019/7/20(土)10:00~2019/7/31(水)18:00
「Screen0」一般販売受付はこちらから


🎹「fantasia」先行配信中(LINE MUSIC)🎹

黒木です。

配信されましたね。
聞いてくれましたか?

リスタートを切った僕らの聞ける楽曲は
「ヌレギヌ」と「fantasia」となりました。
BPMは共に90前後なのだが、僕らの意識は「バラード」ではないのだ。
もちろん、BPMの早いj-ROCKでもない。

ライブで早く皆の前で演奏したい。
今あるライブ空間の天井をさらに突き破る二曲だと信じている。

「ヌレギヌ」の大合唱、

「fantasia」では高らかに手があがる絵を想像している。

ヌレギヌ配信の時に、
「少し大きい音で聴いてみて」と言っていると思うのだけど、
ライブを想像して大きい音で聴いてほしい。という意味で綴っていた。
雨ばかりだし、大きい音で聴くのも良い。

俺が好きなバンドは
いつだって感動的なシーンを作り出す。
ステージはもちろん、
となりにいるお客さんや、会場全体の雰囲気から更に感動する。

いつもそう。
SEが流れて歓声があがって鳥肌が立つし、
何万人もの大合唱にあたりを見渡してふと泣けてくる。

そんな未来を夢見て、
皆で必死こいて作った二曲。

Decemberの初期衝動
BIRDCAGE.epの飛び出す衝動
Mr.HOLICのポップス爆発させる衝動

その全てが
「Andante」にはある。

どこからかHOWLBEQUIETを聞かなくなった、そこのあなた、
ちょっと聴いて見てよ。
取り戻したものが沢山あるんだ。

🎹先行配信「fantasia」はこちらから(LINE MUSIC)🎹

✒️「Andante」全曲歌詞先行公開中!!✒️

S__71016467.jpg

懐かしの一枚。

↑このページのトップへ