こんばんは!とおるです!!







気温が高くなるにつれて夏が来たんだなーって思うし、いよいよアルバムリリースまであと僅かなんだなと実感している今日この頃です。





先日、そんなアルバム発売翌日の8/1に行われるリリースパーティー、
その名も、「Screen0」に出演していただくWEAVER先輩のスタジオにお邪魔させて頂きました!

S__11730973.jpg





WEAVER先輩。
同じピアノバンドで、とても素敵な曲と精密なアンサンブルをする個人的にも大好きなバンドなので、それはそれはずっと実現したかったし、快く快諾してくれて本当に嬉しい限りです!



そんな先輩のスタジオに伺うとあってとっても緊張しました!



絶対に遅れるなんてことはあってはならないと思い、30分前には最寄駅に着いていたんだけど、

道中ボーカルの杉さんらしき後ろ姿をお見かけ、、!!

これはまずい!!と思いダッシュで回り道して、あたかもずっと前からいましたよ感を出す事に。


そして上手く先回りし、スタジオの前の陰からひょっこり飛び出し、




「おざっっす!!!!(大声)」




ってやりました!!!

















ごめんなさい!めちゃくちゃ知らない外国の方でした!!!


「はっ!?(・・;)」


って多分英語で言ってました!


僕も「ごめんなさい間違えました!!」

って言えたら良かったんだけど、
英語表現が分からないから思わず

「オージーザスソーリー!」

っていう訳わかんない英語を使ってしまいました。。。


なぜかめちゃくちゃ笑ってくれてたから良かったけどビビるぐらい汗かきました。。。






まぁその後無事にWEAVER先輩にお会いでき、出来上がったばかりのAndanteと今回の為に作ったコラボTシャツをお渡しできました!




いきなりだったのにとても優しく対応してくれて、心から当日を楽しみにしてくれていて、改めてWEAVERと2マン出来て嬉しいし、本当に素敵な兄さん達でした!!



やっぱり2マンライブって独特のグルーブ感とバチバチ感があるから最高にワクワクする、、!!



アルバム発売翌日だからね、一番鮮度の高い状態で演奏できることがめちゃくちゃ楽しみです!





是非是非お越しくださいね!!!





本日から一般発売開始です!!!!



2019/7/20(土)10:00~2019/7/31(水)18:00
「Screen0」一般販売受付はこちらから


🎹「fantasia」先行配信中(LINE MUSIC)🎹

黒木です。

配信されましたね。
聞いてくれましたか?

リスタートを切った僕らの聞ける楽曲は
「ヌレギヌ」と「fantasia」となりました。
BPMは共に90前後なのだが、僕らの意識は「バラード」ではないのだ。
もちろん、BPMの早いj-ROCKでもない。

ライブで早く皆の前で演奏したい。
今あるライブ空間の天井をさらに突き破る二曲だと信じている。

「ヌレギヌ」の大合唱、

「fantasia」では高らかに手があがる絵を想像している。

ヌレギヌ配信の時に、
「少し大きい音で聴いてみて」と言っていると思うのだけど、
ライブを想像して大きい音で聴いてほしい。という意味で綴っていた。
雨ばかりだし、大きい音で聴くのも良い。

俺が好きなバンドは
いつだって感動的なシーンを作り出す。
ステージはもちろん、
となりにいるお客さんや、会場全体の雰囲気から更に感動する。

いつもそう。
SEが流れて歓声があがって鳥肌が立つし、
何万人もの大合唱にあたりを見渡してふと泣けてくる。

そんな未来を夢見て、
皆で必死こいて作った二曲。

Decemberの初期衝動
BIRDCAGE.epの飛び出す衝動
Mr.HOLICのポップス爆発させる衝動

その全てが
「Andante」にはある。

どこからかHOWLBEQUIETを聞かなくなった、そこのあなた、
ちょっと聴いて見てよ。
取り戻したものが沢山あるんだ。

🎹先行配信「fantasia」はこちらから(LINE MUSIC)🎹

✒️「Andante」全曲歌詞先行公開中!!✒️

S__71016467.jpg

懐かしの一枚。

7月。まだそんなに夏は感じない。いつから「あっち〜」って汗だくになりながら言うんだっけね。
去年の夏は何してたっけ。おととしの夏はアルバムツアー回ってたなー。よく「大人になると時が経つのは早い」と言うけど、まさにそれ。でも早いんじゃないのよね。思い出とか濃い時間を過ごすことが少なくなってるだけなのよね。小学校とか中学校とか、馬鹿みたいに毎日ドラマがあって。友達と5分休みのたんびにふざけ合ったり、好きな子を自然と探して、目が合って慌てふためいたり、折り紙で折った剣でチャンバラしたり、廊下走り回ったり、喧嘩したり怪我したり、部活で吐きそうなほど走らされたり、それなのに帰りに公園でバスケしたり。バカだなーと思うけど、青春の匂いがした。

いまさらあの頃には戻れない。あんな日々や、あんなドラマを当たり前のように過ごせた時には戻れない。だったら、数少ない一個一個のドラマや出来事を子どもの頃以上に深く刻み込むしかないじゃないか、と大人になったワタシは思うのです。

ありがたいことに今がその時だ。2年振りのアルバム、それを引っ提げたツアー。この夏を青春する準備は整ってる。本日よりその予告編として「fantasia」が先行配信。こんなにまっすぐな歌を書いたのはいつぶりだろうか。次はいつ書けるだろうか。そんなことはわからないけど、いまこの歌が出来たこと。いまこの歌を歌えること。それが幸せです。アルバムを作ってて、最後に作った曲。照れることなく、遠回りもせず、ただひたすら一直線に。届いて欲しいと願います。

長くなっちった。
それでは「音楽の日」
まっすぐに歌ってくるね。

↑このページのトップへ