皆さま、こんばんは!
今年は夫の有休の具合で郷里長野県でゆったりとできたはうです♨️

実家で主に何をしていたかというと、此奴にメロメロデレデレしどうしでした😍

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5745.HEIC
我が実家のニューアイドルのゆきみです!

ゆきみ氏は母が6月中に休みが取れて上京した際に私のお気に入りの保護鳥カフェも兼ね備えたペットショップのことりのおうちさんでお迎えしました♪
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5619.HEIC
↑その日の唯一のお写真
母を特急に送った新宿駅でパシャり!

ゆきみ氏は3/18に産まれた仔という事で、白色の毛とその時期には信州ではまだ雪も珍しくない事から、雪見だいふくのイメージから、ゆきみと名付けました☃️

元気な男の子のようで、「ゆきみっ!」「はーい🙋‍♂️」などいろんなレパートリーの囀りも得意になってきています✨

十姉妹、ボタンインコ、セキセイ、文鳥は、間のあいた時期もありつつ、実家で飼っていた時期もありましたが(最初の十姉妹は番で飼いましたが、そのほかの鳥たちは全て一羽飼いです)、特に母の念願だったオカメさんのいる生活に両親はもうことり、、、もとい、もう虜になりどうしです✨😍😍
Instagramなどでオカメさんの先輩飼い主さんが多くおっしゃる事ですが、オカメさんは15年以上と長生きできる鳥種なので、まずは「オカメの3年」と呼ばれる時期を元気で楽しく越せる事が肝になってくるそうです。

私も今まで以上に時間をつくって、長野でゆきみ氏孝行と親孝行に勤しみたくなりました😆

ゆきみさん!我が実家にきてくれて本当にありがとう✨
そして、これかもよろしくね^_−☆

先週の日曜、富士急行線沿線にあります、ゲストハウスゆかりの大人気企画に夫と参加して参りました✨
BBQマスターのべんさんによる夢のようなBBQイベントです🍖

一般的にBBQは網焼きでわいわいなイメージですが、べんさんのBBQはまるでコースのような味わい🥺
しかもそれが、ダッチオーブンなどの専用の道具を使わなくて醸し出されるのです!!
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5710.JPG
特製タンドリーチキンとべんさん(青いTシャツの方)

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5711.JPG
手作り生詰ソーセージ

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5706.JPG
匠の技でワイン漬けした豚バラは、、、

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5709.JPG
ホイル焼きで絶妙なしっとりさ✨

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5712.JPG
塩漬けのバラ肉となす
なすはオリーブオイルをまんべんなく塗るという一手間で皮も中身もしっとりした味わいでした😳

あまりの美味しさにお写真を撮り忘れるほどでしたので、スタッフの青木さんのお写真をお借りしております🙏

火力など、BBQマスターのべんさんならではのダイナミックな技とお野菜の下ごしらえなど今すぐにでも実行できる技のミックスでお腹だけでなく感動でも満たされました!!

べんさんはこの時期特にご多忙ですので、今年はBBQ企画はもうないそうですが、来年も企画決定だそうなので、来年の夏のゆかりBBQも要チェック必須です!!!

お久しぶりです、はう改め?もあです!!

いつもと違う名を名乗ったのには訳があります♪
“もあ”とは私が一年だけ通えた(精神の病で休学のち退学したので)母大?の山梨県の都留(つる)文科大学で活動していた時のサークルネームなんです✨
サークルネームがあるのは何故かと申しますと、私が所属していた児童文化研究部では子どもたちに呼んでもらいやすいなどの理由でサークルネームで普段から呼び合うというオリジナルルールがあるんです!!

都留文科大学の児童文化研究部はOB・OGとの繋がりが強い部活で、いろいろな行事の際にOB・OGが何かと知恵や活動費や人手を貸す伝統があるのです😆

退学以来、私はあまり部活に関わる事が出来ませんでしたが、結婚を機に関東に引っ越したのをきっかけに昨年よりちょこちょこ後輩たちと交流をしていたのです♪

先月は部の関わる最も大きな行事の一つ、『つる子どもまつり』に前日準備と当日スタッフを中心に参加してまいりました!!

『つる子どもまつり』とは大学の講義棟の一棟をまるごとジャック(もちろんきちんと許可は取りますよ笑)して、学生と都留市民の方を中心とした「都留子どもまつり実行委員会」と当日スタッフ(高校生や大学生が中心ですが、社会人も結構います)が、子どもたちに思いっきり楽しんでもらうために一生懸命になるおまつりなのです!
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5466.JPG
楽しかったへいこくしきでの全体写真

各教室にくにと呼ばれるブースを設けて、プロアマ問わず自分たちの普段の活動の成果を存分に発揮して、子どもたちをガチで楽しませるという、子どもも大人も本気で楽しめる夢のようなおまつりなのです✨

ミニ本棚やきちんと座れる椅子、憧れの剣など好きな物が自由に作れる本格木工作の『こうさくのくに』や
のだめのミルヒィも真っ青!?速ぶり指揮にも吹奏楽部さんが笑顔で食らいつく指揮者体験もできる『らっぱのくに』
などなど個性的なくにがたくさんでます。

今年は50回目のアニバーサリーな事もあって例年より多くのくにがでました!
私はその中で今年のニューフェイスの移動プラネタリウムの『ほしつむぎのくに』のお手伝いをしました☆
このくには『ほしつむぎの村』という一般社団法人さんにゲストで来ていただいて直径7メートルを超える大きなプラネタリウムを上映するくにです☆彡

http://hoshitsumugi.main.jp/web/
↑ほしつむぎの村さんについて詳しくはこちらをご覧ください!

どのくらい大きいかというと
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5467.JPG
小ホールをどどん!と埋め尽くす存在感!!
なんと50人以上の子どもたちと大人が入れる大きさなのです!!
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5495.JPG
入る時はブラックホールの中に入るような!?どきどき感。ちなみに眼鏡の人が私、もあです🤓

私も4回の上映の内の一回も見られましたが、中は50人以上入っても意外と広く、足を伸ばしたり寝転んだりと、ゆったり星の世界に飛び込めてびっくりしました‼️
内容も星座の物語だけでなく太陽系や銀河系にも広がり、一応大人な私も初めて知る事もいっぱいで感動しました🥺

私の行っていた都留文科大学は田舎の小さな市が運営するのでいろいろと不便だったりするところもたくさんありますが、その分、市民の方など多く方とのかけがえない交流ができるところが魅力な大学です!!
魅力的な授業やカリキュラムはもちろん、個性的でほかではできない体験のたくさんできるサークルがたくさんありますので、高校生などの方の進路決定の選択肢の一つにおススメですよ!!

追伸 公立大学ではありますが、3教科で受験ができますし、中期日程もあるので、その意味でもおトク大のひとつだと思います😉

↑このページのトップへ