月別アーカイブ / 2016年10月

こんばんは✨






こんな時間に失礼しますです








寒くなったり暑くなったり全く困っちゃう







でも、寒いより暑い方がいいや(笑)




夜はあったかいお茶が欠かせない季節になりました
マグカップで緑茶を飲むのが私のスタイル











今夜、6杯目(笑)







この前、知り合いのお誘いで行ってきちゃいました



ウィーンフィルの演奏会





パンフレットも豪勢(笑)


サントリーホールでの演奏会、高校生の時以来






普通、クラシックの演奏会というか舞台もそうか、お客さんの前に奏者だったり役者がいて目の前でみるでしょ!?







でも、このサントリーホールは違うの
360度客席があって、前からも後ろからも見える会場なんです
クラシックの演奏会の場合、指揮者の背中を見るのが普通なんだけど、ここは正面からも見れちゃうってことで







いっかい、指揮者を正面から見て見たいなーって思ってたの
そしたらね、まさかのまさか
正面から見る席でした
いつもとは違う感じの見方ができて本当に素敵な時間が過ごせた










そして、私もあーんな大きなところで演奏したくなっちゃった(笑)
オーケストラをバックにまた演奏したくなっちゃった(笑)
演奏きいてて、すごーく大学の頃思い出した!
演奏会に出るためのオーディションをたくさん受けたり、いろんな人たちと演奏したり、たくさん練習したり、演奏聴きに行ったり
当時はすごく毎日が大変だったけど今思えば幸せだったなーって







のだめカンタービレなんかも思い出しちゃって。帰ってから全話見ました(笑)
なんとも単純な私(笑)







たまにはクラシックの世界に行くのもいいですね
一応音大出身だもん
クラシック聴いたりするんですよ(笑)







クラシック、いいですよぉ〜








音渕かおりでしたーーー






















ども。こんにちは。

横須賀です。


ロシアW杯アジア最終予選やってますね。


アジアのレベルは上がってきましたね。

それでも、世界ではまだまだですが。

厳しい試合が多いですね。

というか、1試合も簡単な試合はないですね。

うん。

プロの中でも選ばれし人たち。

単純に、スゲーなと思います。

プロフェッショナルな人たちは。

特にサッカーは自分もやっていたから好きですが他のスポーツもそうですね。


純粋だと思います。

うまくなりたい。試合に出たい。勝ちたい。

誰に言われたわけでもなくやってるし。

その、純粋なところをみれる。

しかも、世間は結果しかみてもらえないのであーだこーだといろいろな事を言われてもそれでも黙ってやるしかないと。

スゲーなと思います。

まだまだ、厳しい状況ですがW杯にいくために頑張ってほしいですね。


頑張れ!

おはようございます🎶
今日の担当は、藤原敬子です

最近、朝と夜が急に寒くなりよりいっそう朝、お布団から出るのが辛くなってきたきましたね💦💦

先日、パワー注入をしに久しぶりに地元の大阪と神戸に行きました❗
image


image


image


image


久々にゆっくり街を歩いたり、モザイクでボーっとしながら珈琲を飲んだり、三ノ宮で食べ歩きしたりと地元を楽しみました🎶

こんな街に住んでいたんだなぁ~と懐かしさに浸ってました笑

地元パワーをしっかり注入したのでまた元気に頑張ります🎶🎶
image


では、恒例の健康コラムをお届けします(*^^*)  
今日は、数日後の10月20日は「世界骨粗しょう症デー」について、ご紹介します♪

これはイギリスの骨粗しょう症学会が、骨粗しょう症の啓発を目的に創設したものです。イギリスではこの病気に悩む人々が多いそうですが、日本でも「骨粗しょう症」は誰でもなりうる可能性がある、とても身近な病気です。

骨粗しょう症とは?

骨粗しょう症とは、骨の中がスカスカになってもろくなり、骨折しやすくなる病気です。骨の内部で進行するため自覚症状が少なく、気付いたときにはかなり進行していたというケースが少なくありません。
骨粗しょう症になると、背骨が曲がったり、背が縮んだりします。腰が曲がるので痛みを感じる人もいます。もっとも怖いのが、もろくなった骨による骨折です。骨粗しょう症の人は日常生活のちょっとしたこと、例えば道端で転ぶ程度でも骨折を起こしてしまいます。

骨粗しょう症の主な原因は加齢による骨の老化です。無理なダイエットによるカルシウム不足なども要因の一つと考えられています。一方で、他の病気や薬が骨粗しょう症を引き起こす場合があります。この場合は病気や薬により、骨の代謝に影響するホルモンの不足や、骨を作る細胞に異常が起こることで発症します。

骨粗しょう症かどうかの判断は、病院でさまざまな検査を行うことにより診断が確定します。 特に下記の症状がある場合は骨粗しょう症の可能性がありますので、参考にしてください。

・最近、身長が2センチ以上縮んだ
・背中や腰が曲がり、姿勢が悪くなった
・腰に重苦しさや鈍い痛みを感じる

骨粗しょう症では、主に薬を飲んで治療します。治療に使用する薬には、古い骨を壊す働きを促進する薬と、新しい骨を作る働きを促進する薬の2種類があります。これらの薬は個人の症状に合わせて処方されるため、自分用に処方された薬をしっかりと飲むことが必要です。

予防には生活習慣の改善を

骨粗しょう症の予防法には、食事と運動があります。

・食事で防ぐ
食事では、骨のもととなるカルシウムや、骨の代謝を盛んにするビタミンDを特に補いましょう。カルシウムは牛乳などの乳製品はもちろん、小魚や大豆、小松菜などにも多く含まれています。ビタミンDはサンマなどの魚介類や、シイタケなどのキノコ類に豊富です。 これらの栄養も含めてバランスの取れた食事を、一日3食食べましょう。海藻の入った味噌汁や、牛乳をたっぷりと使ったシチューなども良いですね。

・運動で防ぐ
運動して骨に負荷をかけることで、骨を丈夫にして骨密度を上げます。ただし、「ジムで10キロ走る」などの激しい運動は必要ありません。ウォーキングやサイクリングなどの軽い運動を、日常的に続けることが大切です。


健康な骨を目指しましょう(^^)v

↑このページのトップへ