月別アーカイブ / 2016年09月

こんにちは(*^^*)
今日の担当は藤原敬子です(σ≧▽≦)σ
image


image


舞台が終わってから日がたつのも早く、もうすぐ10月ですね💦💦

最近は朝や夜中はなんだか肌寒い時もあり、秋が間近に来てますね~♪

時がたつのが早い💦💦

秋になると、食欲の秋、読書の秋、運動の秋
(*´ω`*)
過ごしやすくなるからお出かけたくさんしたくなります♪
image

image

今年はどこかに紅葉🍁見に行きたいです😁
どこかいいところあったら教えてください♪

では、最後に、恒例の健康コラムをお届け☆


「春は苦味、夏は酸味、秋は甘味、冬は厚味」

秋は収穫の季節であり、 1年の中で最も旬の食材が豊かです。

秋の食材はビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で 夏場の疲れをとる働きがあり、 これから迎える厳しい冬に備えた体作りに役立つといわれます。

また、栄養素だけでなく食材の持つ味わいは 「春は苦味、夏は酸味、秋は甘味、冬は厚味」 という具合に季節ごとに変化します。

※厚味:味がこってりしていて、おいしいこと。

秋の食材

秋の代表的な食材

●魚介類:水温が低くなるため、身に脂がのり、美味しくなります。

鮭………消化・吸収のよい良質のたんぱく質やビタミン類を含みます。 また、身に含まれる赤の色素はアスタキサンチンと呼ばれ、 ビタミンEの約1000倍という強い抗酸化力を持っています。

鯖………9~10月頃に獲れるものを「秋鯖」と呼び、 脂がのった秋鯖は、EPAやDHAをより多く含んでいます。 また、血合いには鉄分やビタミン類が豊富です。

秋刀魚…「秋といえば秋刀魚!」といわれるほど、秋の食材の代表格です。 脂には動脈硬化など生活習慣病予防にも役立つEPAやDHAが 多く含まれ、たんぱく質、ビタミンB12、カルシウム、鉄分など 栄養バランスも優れています。

●いも類:食物繊維やカリウムが豊富です。

さつまいも…ビタミンC、E、食物繊維が豊富です。 特にいも類に含まれるビタミンCは、 加熱しても壊れにくいという特長があります。

さといも……水分が多く、いも類の中では低カロリーです。 独特のねばりには、傷ついた粘膜の修復作用や 胃や腸の壁を保護する働きが認められています。

●きのこ類:食物繊維やビタミンB群、ビタミンDが多く含まれます。

しいたけ…世界3大栽培きのこ※の1つで、日本で栽培法が開発されました。 また、日光に当てるとビタミンDに変化するエルゴステロールを多く含むので、調理前には天日干しするのがおすすめです。

※世界3大栽培きのこ:しいたけ・ふくろたけ・マッシュルーム

しめじ……「香りまつたけ、味しめじ」といわれるように、旨みが強いのが特長です。きのこの中でも特にビタミンDが豊富です。

まいたけ…しめじと並んで旨み成分の多いきのこです。 他のきのこに比べて食物繊維の一種であるグルカンが多く、ガンや高脂血症の予防効果でも注目されています。 

●果物類:夏場の果物に比べて酸味が少なく、甘味の強いものが多くみられます。

柿………あまり知られていませんがビタミンCが抜群に多く、みかんやレモン果汁よりも多く含まれています。 また、二日酔いの予防にも効果があるといわれています。

梨………アスパラギン酸、クエン酸、リンゴ酸など 疲労回復作用のある酸が豊富です。

ぶどう…糖類の中でもっとも吸収のよいブドウ糖が主成分のため、疲労回復に最適な果物です。 抗酸化作用のあるポリフェノールは、皮や種に多く含まれているので、皮ごとミキサーにかけて摂るのが理想的です。

●種実類:植物の発芽に必要な成分が蓄えられており、栄養価が高い食品です。

銀杏…木の実の中ではビタミンCとカリウムが多いのが特長で、良質な脂質、たんぱく質も含まれる栄養食品です。

栗……栗の渋皮にはポリフェノールのタンニンが含まれ、ガン予防や動脈硬化予防に効果が期待されています。


秋の食材の組み合わせのコツ

食べ物のもつ栄養素は、単体でなく、 組み合わせることによって一層力を発揮します。

【鯖×酢・緑黄色野菜・オリーブオイル】
鯖に含まれるEPAやDHAは酸化されやすいため、 抗酸化力のある食材と組み合わせると効果的です。 代表的なものに、酢を使ったしめ鯖があります。

【さつまいも×緑黄色野菜】
さつまいもはβ-カロテンを含む緑黄色野菜と組み合わせることで ビタミンC、E、β-カロテンの3大抗酸化ビタミンがそろいます。 豚汁(+人参)や、炊き込みご飯(+かぼちゃ)にするのもおすすめです。

【きのこ類×小魚・乳製品・大豆製品・海藻類】
きのこ類に多く含まれるビタミンDはカルシウムの吸収を高めます。 グラタンやひじき煮、ごまやちりめんじゃこを使った和え物に加えるのも◎です。

【梨×肉類】
梨はたんぱく質の分解酵素を含むので、肉類の消化を助けます。 韓国料理では肉の下味やユッケの添え物にも梨が使われているんですよ。

【銀杏×卵・かぼちゃ・まぐろの油漬缶詰】
銀杏はビタミンEの多い食材と合わせると、抗酸化力がさらに高まります。

おはようございます







舞台が終わったら気がついたら秋になってて、ヒートテックが欠かせない季節になりました(笑)










すでにもう愛用中(笑)









音渕かおりです










改めまして・・・






放課後ランナープロデュース公演、『MOMO-TARO』にご来場頂き、誠にありがとうございました







平日にもかかわらず、たくさんの方々に来ていただいて感謝の気持ちでいっぱいです
本当に本当にありがとうございました










今回私が演じたのは、都の人の「宝生」
そう、私は前回と同じ役をやらせて頂きました









今回ペアだった姉さんと


どんな役というと、簡単に都の偉い人の家来です(笑)簡単すぎるね(笑)










今回は前回と同じ役ということで、いつもとは違ったプレッシャーがあって・・・







でも、いろんな意味ですごくいろんなものが見えたし、たくさんのことを学べた
本当に本当に沢山のこと教えてもらった










そしてね、当時、あまり好きになれなかった宝生という役・・・








今回本当は違う役に挑戦しようと思っていたんだけど、あまり好きになれなかった役を好きにしたいという気持ちで挑んだ宝生!!!!










結果、きちんと好きにもなれた









宝生を通して本当に沢山のことを学んだ数ヶ月だった









沢山思うことはあるけど、次の課題が沢山見つかった
次の舞台に向けて突き進むゾーーーーーーーーー









そして今回、初めてこんなに濃いメイクをしてというかしてもらって楽しかったんだ(笑)














みんな濃いね(笑)
そして今回も私の髪をやってくれた横須賀先生







自分では化粧も髪もできないだめかおりでした(笑)








本当にありがとうございました








これからは、次に向けてただただ進むのみ











ありがとうございました




音渕かおりでした







どうも。

横須賀です。


お題でてますね。


感想は

不完全燃焼



現在地の確認



現段階の自分の容量の把握


といったとこですね。



怪我と大きな事件も無く終わったのはよかったですね。


ご来場の皆様ありがとうございました。

↑このページのトップへ