月別アーカイブ / 2015年07月







































公演期間中から、大好きなお花にかこまれて、メルヘンな世界に現実逃避させていただいている、桐山さんです...♪( ´▽`)


放課後ランナー、新体制にして第10回公演、ご来場くださいました皆さま、温かい応援のメッセージをくださった皆さま、本当に本当に、本当にありがとうございました(>_<)!!

舞台は、観てくださるお客さまがいて初めて成立するものと、改めて痛感する日々...。一緒に作品をつくってくださった皆さまに、厚く御礼申し上げます。

お稽古から公演期間中まで、さくらとして生きさせていただいた時間、本当に幸せでした。

お客さまの温かい拍手と、スタッフの皆さまの多大なるご尽力と、団員みんなの優しさ&支えをいただきながら、さくらとして最後まで駆け抜けることができました。

皆様にも桜の花びらが心に残っていますように...


この感謝の気持ちを忘れず、今回の作品を通して新しく見えた課題の山に、これからも懸命に全身全霊をかけて取り組み、走り続けたいと思っております。

今後とも何とぞ、皆さまのご愛顧・ご声援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

桐山果穂


































こんばんはー!


鈴木歩です( ´ ▽ ` )ノ




放課後ランナー第10回公演
『弱虫堂々』
無事に閉幕いたしました。

みなさま、ありがとうございました。


公演が終わって、時間も余裕出来たし
撮り溜めてたアニメやドラマをみよーって思ったのですが、部屋を見て驚きました。


部屋が汚い!!!!(笑)


部屋の汚さ、洗濯物の溜まり具合に驚き、急遽、大掃除しました。



まあ、ここまでではありませんけど。(笑)


いやー、いつもこうなるのわかってるのに学習できません。



今回のお題は公演について。です!


観劇に来て頂いた皆様、いかがでしたでしょうか?

楽しんで頂けましたか?

何かを感じていただけましたか?

僕は、それはもう楽しんで公演をさせて頂きました。

芝居を通じて、役の想いや、作品を感じていただけたのならいいなと思っています。

今回、僕は作品の台詞を通して少し価値観が変わりました。


桜木ゆいさん演じる教頭先生の
『歳をいくつ、重ねても青春はできる』

もう、この台詞が僕の心にズッキューンときました。


学生時代には戻れない。青春はもう終わったのかなあって思ってた僕にはすっごく心に来ました。


この台詞を聞いてから

俺の青春は今この瞬間じゃん!!!

やべー!青春してるよ!俺!!!!

なんて思えるようになりました。

そんなことを教えてもらえた、この作品に、ただただ、感謝しかないです。

この言葉を忘れずに僕は生きていこうと決めました。

本当に忘れていた何かを思い出すことの出来た作品になりました。


ってことで、僕と一緒に皆様も青春していきましょうね。(笑)


まとまらなくてすんません。(笑)


ご来場頂いた皆様

応援してくださった皆様

本当にありがとうございました!

また劇団ブログでお会いしましょう!

鈴木歩でした。














↑このページのトップへ