月別アーカイブ / 2018年11月

KIMG1087.JPG
ノルウェイの森✨
どこまでも続く、黄金に輝くススキの森🌾✨
あまりにも神々しくて、「わーっ」と言いながら、カメラ片手に飛び出したホタテパパ💠


しかし、いつもの一眼レフカメラ📷は、「電池残量がなくなりました🔋」の表示・・・?
ホタテパパ痛恨のミス(;゜∀゜)💦

今回は残念ながらスマホ画像です😁
悪しからず💠
KIMG1061.JPG
ここは、兵庫県神河町✴
砥峰(とのみね)高原です🌾✨
KIMG1060.JPG
まむし🐍?

い、いや・・・
怖いし(|| ゜Д゜)
KIMG1063.JPG
クマ🐻?

い、いえ・・・
結構です((((;゜Д゜)))!
軍師官兵衛のロケ地だったのですね(*´ω`*)✨
KIMG1072.JPG
新シリーズ✨
大河ドラマ「平ホタ盛(たいらのほたもり)」が始まるのか(;・ω・)?
KIMG1075.JPG
そして、ノルウェイの森のロケ地だったのです(*´ω`*)✨

マツケンも来ていたのかな?
(※マツケン=松山ケンイチ)

KIMG1129.JPGKIMG1086.JPG
KIMG1080.JPG
あまりに神々しくて🌾✨
写真では伝わりにくい~😁

ぜひ記事の最初にある動画を☺


ノルウェイパパでした💠



IMGP9440.JPG
ホタテとパパの2人旅🐝🐝🐝
殿様気分でスタートだ‼

時は1693年
これは、後の赤穂浪士討ち入り
つながる、壮大なドラマである🍁

IMGP9437.JPG
(※ホタ蔵助の後ろに見える雲☁に注目!)


備中松山藩 お家断絶で、所領没収の上、藩士たちも改易(クビ😵)の可能性があり、幕府との戦もあり得る危険な状態😓
IMGP9466.JPG
IMGP9501.JPG
(※雲に浮かぶ天空の城☁ これは海ではなく、本当に出会った雲海です✨)


水森家の居城、備中松山城の受取人に任命されたのが、後の吉良上野介(きらこうずけのすけ)刃傷事件を起こす、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)



そして、備中松山城の仕切りを任されたのが、
我らが大石ホタ蔵助❕

IMGP9358.JPG
(※我らがホタ蔵助😆)
IMGP9367.JPG
(美作国は、奥津渓の紅葉🍁を背景にホタ蔵助😆 なんてカラフル、加工なしです☺)

IMGP9451.JPG
ホタ蔵助(以下、ホタ)
「城内には、千人からの兵がおる😓
このままでは戦は必至じゃ❕」
「ここは、儂が一人で参るぞ❗」
IMGP9460.JPG
ホタ「待っておれ、鶴見内蔵助❕」

そう、時の総大将は、鶴見内蔵助(つるみくらのすけ)
なんと、2人の内蔵助が激論を交わしたのです❗
IMGP9457.JPG
ホタ「雲☁に浮かぶ城とな❗」
IMGP9507.JPG(※大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像に使われた石垣😆)
_sHRLyCnnM.JPG
ホタ「我こそは、赤穂藩の大石ホタ蔵助じゃ❕」
IMGP9476.JPG
IMGP9486.JPG
(※庭園の魔術師、小堀遠州や、水谷氏が完成させた、現存12天守のひとつ😉)
IMGP9487.JPG
agSZsIuFCK.JPG
ホタ「鶴見殿は、どこじゃ?」
gnym2GBJz7.JPG
ホタ「天守に囲炉裏など、見たことがないぞ、さすが天下の名城じゃ❕」
IMGP8925.JPG
鶴見内蔵助
「儂が鶴見じゃ❕ 一人で来るとは、大石ホタ蔵助、大したものじゃ❗」

大石ホタ蔵助の、決死の説得は成功を収め、備中松山城は無事に受け取ることができた🏯


この領地没収事件のあと、受取人である浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が刃傷事件で切腹、領地没収となり、同じ運命をたどることになる🍁
KIMG0710.JPG
まさかの赤穂城跡Σ(゚ロ゚;)
KIMG0720.JPG
大石ホタ蔵助も見たであろう、赤穂藩の山✨
ホタ蔵助は、赤穂浪士討ち入りに動くこととなる❗


続く・・・かも😓



美作の国、オマケ
↓↓↓↓↓
IMGP9392.JPG
まさかのワンちゃん露天風呂♨
IMGP9390.JPG
本物の温泉は、源泉掛け流し☺
IMGP9388.JPG
ホタ「美作の国は極楽なり♨」
IMGP9386.JPG
ホタ「温泉でフワフワになるかのう💠」
IMGP9369.JPG
大石ホタ蔵助 ー完ー
※この物語はフィクションです😉
※高梁市のホームページには、備中松山城内に犬の同伴可能と書いてありますが、実際にはペット禁止となっていました。
特別に入城させて頂きました。

↑このページのトップへ