先日はIBUKIの清算会でした!
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7165.JPG
IBUKIの千秋楽から、もう一週間も経ってしまったなんて……!

一週間が経った今でも、
まだ感想を書いてくれてる人がいます。

嬉しい。

細かい所まで観ていただいて本当に幸せです。

昨年IBUKIをやった時は、
そのとき出来る最大限までまひるを演じた気持ちでいて。

毎日毎公演、前回に劣りたくない
っていうプレッシャーを自らかけて
どうにか乗り切って。

それを今年の再演でもう一度やるのかと思うと、
正直かなり悩みました。

一年で、そんなに違った姿を魅せられる自信もないし、
かといって昨年と全く同じでも嫌だし。

それでも出演すると決心して、
今年も、どうにか千秋楽まで乗り切りました。笑
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7072.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7071.JPG
再演なので、少しネタバレになりますが、
ラストに、主人公のまひるが
溜まっていた想いの丈を思い切りぶちまけるシーンがありまして。

その時まで、前半シーンで色んな想いを積み重ねるんです。

私にとっては、ものすごく繊細なことで、
集中して集中してやっと出来るシーンなんです。

今年は、昨年のIBUKIのDVDを観なおしたり、
演出の擁さんにヒントをもらったりしながら作り上げました。

結果的に、たくさんの人から
昨年よりパワーアップしてると言っていただけました。

それも、昨年と全く違うまひるになるのも嫌で、
積み重ねて深めたまひるにしたかったのですが、
その部分を、昨年一緒に演じた仲間、
昨年の初演を観ていただいた方にも
わかっていただけたのが、とっても嬉しかったです!

これも擁さんに言われたのですが、
ほりゆりって意外と負けず嫌いなんです。笑

というか、"意外"というのは言われて改めて自覚しました。
負けず嫌いなのですが、
やっぱりどこか隠してる部分はあるし、
普段ぽや〜っとしてるので
一見そうは見えないみたい。笑

他のことに対してはあまりないのですが、
女優の仕事だけには、
やっぱり、"負けたくない"とか
"ここまでやりきりたい"、"絶対にこれだけは守る"とか、
野心?みたいな強い気持ちが存在してます。
実は。ほりゆりって。笑

これは昨年にも言った気がするけど、
そういう女優ほりゆりの気持ちを、
まひるがデザイナーに対してかけてる気持ちのヒントにして
演じていました。

だから、雨宮まひるという役を通じて、
その強い想いや負けず嫌いな一面を発散出来た気がしています。

もちろん、満足なんて一生しないだろうし、
毎年、感じ方も違えば演じ方も変わっていくんだろうけど。

今年は今年で、出演して、全力で向き合えて、本当によかったです。

今回も、雨宮まひるに姿勢を正されました。

ツイートにも書きましたが、
終演後に、たくさんのお声がけをいただいて。
今年のIBUKIの面会期間が
女優人生で一番嬉しい褒め言葉を
一番たくさん貰えた時間だったような気がします。

お仕事、学業、一生懸命頑張ってる人、
もがいている人、焦っている人、劣等感を感じている人、
色々な人がいると思います。

報われる時間は本当に一瞬だったりします。

でもその一瞬の為に、
情熱を持って、最高の仕事をしていきたい、ね。
していきましょう!

この演劇に触れた人全員が、
少しでも前に進めますように。
_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7123.JPG

Fleur 雨宮まひる役/堀有里