月別アーカイブ / 2016年10月

おはようございます!

連日、はい、カット!
の稽古でございます。

唐突ですが、

舞台に出るのは、
勇気がいります。

ファンの人にも、
身内の人にも、
関係者の人にも、
お金を払ってもらうものとして
時間を割いて劇場に
足を運んでいただく。

普段の関係や絆があるからこそ、
つまらないものを見せてしまうわけには
いけません。

その責任があるからこそ、
軽々しく舞台には出演出来ないし、
観て欲しいなんて言えないんです。

稽古をしてる中で
確かな手応えがある時は、
自信を持って伝えられます。

ぶっちゃけて言いますが、
今回はあまり、
稽古が順調とは言えませんでした。

もしかしたら面白くないかも、、、
という不安を拭うのは
どんな時でも難しいです。

でも、今回の座組は、
私が唯一繰り返し出ている座組で、
自由に丁寧に皆で作り上げていく所が
いい所だと思っています。

この何日かは、
一昨日より昨日、
昨日より今日と、
着実に良くなってきていると感じます。

やっぱり、
絶対面白くなるって信じて
あと4日必死にもがこうと思います。

だからやっぱり、
観に来て欲しいんです。


皆様お忙しいとは思いますが、
是非、観に来てください。
お願いします!



猿芝居 第9回公演
「はい、カット!」
脚本・演出  太田勝

[公演期間]
2016年10月6日(木)~10月10日(月祝)

[開演時間]
 10/6(木) 19:00
 10/7(金) 19:00
 10/8(土) 13:00/18:00
 10/9(日) 13:00/18:00
 10/10(月祝) 14:00
※一部Wキャストとなっております。(10/6・7・8・10、佐藤涼平    10/9、林隼也)
・開場は開演の30分前、受付は開演の45分前となっております。

[あらすじ]

映画の撮影現場で起こる騒動を描いたドタバタコメディ。

低予算の中、自主映画の撮影を開始するのだが、色々な問題が起こってしまう。
だが、どうしても映画を作りたいという理由がそこにはあった。

あの日の、あの時の、あの頃の
夏の終わりの忘れ物を取り戻しに…

[会  場]
萬劇場
〒170-0004 豊島区北大塚2-32-22萬ビル1F

[地  図]
http://yorozu-s.sub.jp/access/

■JR山手線「大塚駅」北口徒歩5分
■都電荒川線「巣鴨新田駅」…徒歩3分
注.駐車スペースがありませんので、車・オートバイでのご来館はご遠慮ください。

[出  演]
早戸裕/遠矢ひこの/堀有里/ガンジー横須賀/五十嵐三南子/てっしー手島/磯村アコ/伽紗凛/越川みつお/野本由布子/山本恵/福田裕也/権藤葵/折原陽子/市村大輔/佐藤涼平/林隼也

[チケット]  (日時指定・全席自由)
・前売¥3,500
・当日¥3,800
・セット割¥3,000
(※1  通常7,000円→セット割6,000円)
・スペ猿¥50,000(先着10名様限定)
(※2  全公演通しチケット・スペ猿な特典付き)
   
※1  セット割チケット(要予約)
各公演1枚ずつセットのチケットとなっております。
必ず第8回公演観劇前にご予約頂き、第8回公演観劇の際にチケット代金をお支払いください。
第8回公演観劇後に第9回公演をお申し込みになった場合は、セット割チケット適用にはなりませんが、第9回公演を500円引きでご観劇頂けます。
※2  スペ猿チケット(要予約)
第8・9回公演期間中全16公演をご観劇頂けるチケットとなっております。
ご予約の上、初回公演観劇の際にチケット代金金額をお支払いください。
スペ猿チケット予約申込締切:9月23日(金)

チケットのお申し込みは、http://ticket.corich.jp/apply/76381/011/
からお願い致します。

この絵本は
最近読んだ中で1番ってくらい
どしーんと心に残った。

基本的に絵本は
海外のものが好きなんだけど、

最近特に、文章だけとると
海外の絵本は
100%しっくりくるものがなくて

日本のものをもっと読んでみよう
と思っていた矢先。

なーんか海外の絵本と全く違う良さが
詰め込められてるような絵本と
出逢ってしまった感覚。

もともと岩崎ちひろさんの
イラストがだいすきなんです。

国語の教科書とかに載ってたかな?
定番だけど"おにたのぼうし"とか
すごい好き♡

だから迷わず手に取ったんですが、
内容も、なんていうか、
読んでよかった。

あとがきに
"星のように黙って輝くやさしさが、
ほんとうの強さの核になってほしい"
という言葉があった。

声高く叫んで、
ひとにほめられたりしながら
つき進む人も
立派だし、目立って評価されると思う。

ひさももっと声をあげていれば
誤解の少ない人生だったかもしれない。

だけど大切なのは
芯のあるやさしさや強さなのであって、
周りの人間はそれを
心の目でしっかりと
見なくちゃいけないんじゃないかな。
と思わされた。

大人もこどもも読むべき絵本!
海外の人にも読んでほしい。


作 斎藤隆介
絵 岩崎ちひろ

続くと言ったまま
続いていなかったブログを更新。

真夜中の百貨店、
撮影最終日はsnowで爆笑してました。
お腹抱えて笑いました。笑

共演のお二人には
本当にお世話になりました。

夜中の大量の台詞には
皆で苦戦し、励まし合いました。笑

こんなに
和気あいあいと撮影出来たのは
共演者の
大塚明夫さん、
渋谷謙人さんはじめ
スタッフの方々、皆さんのおかげです。

本当に感謝しています。

約半年間、
素敵な経験をありがとうございました。

この出逢いと縁を次に繋げていけるよう
これから更に頑張っていこうと思います。

そして、私自身、
このドラマを通して、
百貨店の良さや、
商品にかけられる想いについて
考えさせられました。

視聴者の皆様にも
何か想いが伝わるといいなと思います。

シーズン2は続いていくので、
私も楽しみに観ようと思います。

またお会い出来ますように♡

↑このページのトップへ