キングダムを読んだことがある人はいますか??

私がとても好きなシーンがありまして…
それは『キングダム』の12巻です


このキングダムから学べる「リーダーシップ論」が
あるのでまだ読んでいない方は是非、
読んでみてください!

まずはこちらの1シーンなのですが…

_var_mobile_Media_DCIM_199APPLE_IMG_9858.JPG


恐らくこのシーンは、
読んでいると流し読み
されやすいシーンなのですが、、見方を変えて
 「チームづくりの視点」で見ると、
とても参考になります。



この右上にでているおじいさん(魯延=ろえん)は、
ただの老兵で、身分としては、偉くはありません。
なのですが、彼が、戦闘中に旗色が
悪くなったところで副将に声をかけるんです。


このままここで戦っていてもらちがあかんぞ。
そこでじゃよ……」と。


副将の、この前髪がパッツンの、
えんさんは彼のアイデアをすぐに採用して、
リーダーの信に伝えに行きます。


まさにこれが、
🌟🌟飛信隊のフラットな様子🌟🌟を
象徴しています。


仮に信が、すべてを引っ張り傲慢で
部下の意見を取り入れない
「リーダー」であれば、誰もこんな
アドバイスは届けないし、聞き入れもしないでしょう。




キングダムを読んでいる人は
なんとなくイメージがつきやすいと思いますが
このようなシーンは、ほかのどの部隊にも見られません。破天荒なキャラを除くと、ほぼみんな
自分の身分にあった通りの振る舞いをしています。


作中では、個性こそ違いますが
「完璧なリーダー」にぴったりの
将軍ばかりが登場しています。

このキングダムで勉強となるのは
私たちも「ウェルビーイング」を掲げているからこそ、
自分で考えて判断し、自分自身を指令する
インサイドアウトスタイルが
改めて大切だと思いました。


それぞれが「リーダー」になれるような世界。

この状況をきっかけに✨✨✨




ほりえってぃより✨✨