月別アーカイブ / 2020年09月

_var_mobile_Media_DCIM_213APPLE_IMG_3432.JPG

やっと、、、、
会えた、、、、💓💓💓

_var_mobile_Media_DCIM_213APPLE_IMG_3431.JPG
みなさんに癒しをお届け𓂃◌𓂂 
_var_mobile_Media_DCIM_213APPLE_IMG_3410.JPG
迎えに来てくれましたにっこり♡

_var_mobile_Media_DCIM_213APPLE_IMG_3441.JPG

麻衣と半年ぶり!
はぁ、、会えて嬉しかった😭💓💓



ほりえってぃより✨



21世紀は心の時代。
心から揺さぶられた感動を最近いつしましたか?
と聞かれると、、、、んーーーーっと
パッとした何かというものはでてこない。




20世紀は物質やお金や経済が優先され、
そして情報化社会となり
情報にある意味、縛られるようになった。


本当の"実態"って結局なにかわからない。

何かを目指そうとした時も、結局過去の
成功事例であったり、いろんな情報から
こういうものなりたい!とか
いわゆる"将来の夢ランキング"みたいなものが
"決まって"いく。

こういう人になりたいとか、
自分の心から震えて、これやりたぁぁぁい!と
なっているのか、、その理想と現実との自分の解離で
あれ、自分ってホントにしたいことはこれだっけ?と
もがくことが多い。



ただ、これからの時代は、心の時代。
21世紀の課題である「孤独退屈不安」を
解決するには、自らの「心」で決めた挑戦したい
気持ちだったり、1番シンプルな
自分の姿を心が先で、ツールの一つとして
思考を使っていくのが、ある意味
本当の自分の姿なのかなぁ、、


思考ももちろん大切。
直感ももちろん大切。

自分が感じた大切だと思う目先の事実を
ありのままに捉えていこうと思う✨



_var_mobile_Media_DCIM_213APPLE_IMG_3035.JPG




_var_mobile_Media_DCIM_212APPLE_IMG_2712.JPG
先日、ジャパンハート活動支援クラファン
による支援者限定オンラインイベントを
行いました。



吉岡秀人先生は
先週からカンボジアへ手術をしに
行かれました。

オンラインイベントでは、
医学生の方からこのような質問がありました

「吉岡先生の著書に心に芯を入れろ、
と書いてあって、そこに発展途上国の医療を
見ていないのに、"やりたい"と思うのは
心に芯をもてていないと書いてあった。
その言葉を受けて自分の将来に迷いが生じている。」

それに対して吉岡先生は、


「思いつく限りやれることを全部やる。
何が将来役に立つかなんてわからない。
例えば僕は、医療者関係だけでなく
別の分野の人と付き合っている。
そういったところで出会ったものや知ったことが、
将来に約立つこともある。

また今自分がやりたくてやっていることが、
本当に自分がしたいことかを見極める事が大切。

したいことじゃなければ続かないし、
長く続かないということは通過点でもある。


今はその先が見えないかもしれないけど
そこにたどり着くことによって
また次のものが見えることもある。
今見えるもののところまで今は精いっぱいやるべき。

プロ野球選手も登山家も
冬に何もしないのではなく、野球、
次の山登りの際に、

"自分に何が必要かを考えて"準備をしている。

先を見据えて、今何が必要かを考えて
準備することが大切。」

と話されていました。

自分にとって、何が大切なのか。
そう見つめなおしていきたいと思います✨


🌈ジャパンハート活動支援クラファンに
ついて、、詳しくはこちら!👇


ほりえってぃより✨


↑このページのトップへ