私は、嫌なことはしない方が良いと、よく言っている。

だが、嫌いなことは一切していません!という人も中々少ないだろう。

私も、嫌いな仕事は、できる限りしないようにしている。
でも、実際のところは、経費精算は自分でしているし、何のためか良く分からない事務入力もしている。

ただ、そこに時間をかけないことがとても大切だ。

経費精算が好きという人は少ないだろう。
だからこそ、その仕事をためていると、だんだんだんだん気持ちが重くなる。

それに加え、私が嫌いなことの1つに役所関係の手続きというものがある。

これは、中々人に頼めるものでもないし、やらなければならないことだ。

だが、嫌いなので、これをためていると私はイライラしてしまう。

なので、こういうことも早めに片付けることが大切だ。

よく周りの人に、どうやって仕事の優先順位をつけているんですか?
と聞かれる。
私は、あまりオンオフを分けていないので、仕事の優先順位というより、生きていてやるべきことの優先順位という感じで、業務に取り組んでいる。

私の最優先は、
トラブルなどの緊急性の高い事項
次に
5分以内で終わる仕事(メールの返信など)
嫌だけどやらなければならないこと
〆切が近い仕事
という順番だ。

優先順位のつけ方に悩んでいるという人は、参考にしてみてください。

雪国に異動することになりました。
インスタ映えするかもしれない雪国の写メを送るので、是非支援してください!
300円~です!


IMG_20190119_123929.jpg
村田善昭


昨日、チラっと書いたが、
雪国に異動することになった。

IMG_20190119_123929.jpg
少し、年末に気持ちを書いた。


正直、最初は少しショックだった。
そして、行ったことのない土地、やったことない業務になるので不安な気持ちになった。

もう一度、本当に自分のやりたいことは何なのか、年末年始に自問自答した。

それこそ、思い切って転職してしまおうかと思った時もあった。


本当にゼロベースにして、色々考えた。

そして、考えた結果、私がやりたいことは、この会社にいる方が達成しやすいと思った。

いつも書いている、個人とサラリーマンの両立だ。


あと、これは私のことを知っている人からしたら意外に思うかもしれないが、今の会社が好きだ。

今の会社が好きというより、今の会社の根本の考え方が好きだ。
小さい頃から、うちの会社のサービスで育っているということもあるのかもしれないが。
(会社名は現段階では控えています。会社名をオープンにすると、私の考えが会社の考えであると誤解されるからです。しかるべきタイミングで会社に相談し、オープンにしたいと思っています。)

なので、色々考えた結果、うちの会社で頑張ることに決めた。
未来は分からないので、いつまでかは分からないが、とりあえずもう少し頑張ってみようと思う。

決めたからには、あとは圧倒的努力をするだけだ。
この選択があとで振り返った時に、正解だったと思えるように、努力すること。
そして、その時その時、今を一生懸命生きていれば、いつか一本の線になる。
そう信じて、頑張ります。

これから遠くなってしまう方も、今後とも応援していただけると、幸いです。

そして、そんな村田からお願いがあります。

雪国は寒いらしい。
寝室にエアコンがない状態だと生きていけない。
そして、エアコンを村田は持っていません。
エアコンを買わないといけません。

どうか、異動のお祝いとして、polcaのご支援をいただけませんでしょうか?
300円から支援していただけます。

おそらくインスタ映えするであろう、スマホで撮影した雪国の写真をLINE、Twitter、Facebook、Instagramなどで送ります。

お願いいたします!
村田善昭


決断をしないといけないときがある。

判断は、色々な人からアドバイスを受けて、相談しながらしても良い。

ただ、決断はたった一人でするしかないのだ。

この記事も合わせて読んでいただけると嬉しい。


決断は一人でするものだ。
ただ、誤解してはいけないのは、「覚悟を持って」決断することだ。

「覚悟を持って」決断して、「自分で」決めたなら、それが一番良い道だ。

だからこそ、決めた後は、それが一番良い道だったと自分自身で認めることができるように、圧倒的努力をするのだ。

なので、決断は変えてはいけない。
突き進むのだ。
ぶれてはいけない。

あなたは、スラムダンクを読んだことがあるだろうか?
私の一番好きな漫画だ。


山王戦。
桜木花道は、背中に痛みを感じる。

一度、ベンチに下がった後、花道は再びコートに戻ることを決意。
選手生命に関わると、安西先生や彩子さん、湘北メンバーは花道を止める。

そこで花道は、安西先生にこう伝える。



「オヤジ、やっとできたぜ、オヤジの言ってたのが...」

「ダンコたる決意ってのができたよ」



あなたは、何か決断をしただろうか?
その決断は自分で決めただろうか?
覚悟を持って、決断しただろうか?

「ダンコたる決意」はできただろうか?

「ダンコたる決意」ができていれば、それがどんな決断であっても、応援してもらえる。

逆に言うと、「ダンコたる決意」ができていなければ、応援してもらえない。

今からでも遅くない。
「ダンコたる決意」をして、決断しよう。

そんな村田から、皆様へのお願いです。
「ダンコたる決意」でご支援お願いいたします。

ダンコ村田からのお願いです。



そして、もう一度、スラムダンクを一から読み直そう。


IMG_20190119_073424.jpg

村田善昭


↑このページのトップへ