月別アーカイブ / 2018年03月

去年の秋の事



引っ越し作業で荷物をまとめている際に

懐かしいカセットテープが沢山出てきました

タイトルは


「ミッドナイト・ロックシティ同録」


ミッドナイト・ロックシティ(MRC)とは

FM Nack5のTHE TRANSFORMERがパーソナリティーのフリートーク主体の番組で

毎週水曜日深夜1~3時の生放送を2年以上続けていました


懐かしいなー、とおもむろにラジカセを出してきて聴いてみたら

手前味噌ながら結構面白い

カラッとした明るい空気感で、実に楽しそうにメンバー同士でしゃべっている


全国どこに居ようが必ず水曜の23時には銀座のスタジオに戻るという習慣で

時にメンバー間でささくれだった雰囲気の時でも

ラジオが始まってしまえば自然といつもの雰囲気に戻って

「ま、いっか」とリセットの場になっていた気がします


荷造りの最中、この同録を流しっぱなしにして聴いていました

そして超断捨離の中、いくつかの同録は取っておく事にしました





直志のお通夜の前日、トシと連絡を取り合い

DVDで映像を流す事が出来るらしくPVを用意する事になり

ならば俺はMRCをCDに起こすよ、となりました

斎場にこの楽しそうな直志の声を流したくなったのです


当日急いで編集し、行きの車の中で再生チェックです


無作為に選択したカセットの内容に

リスナーから送られたワードを元に即興で曲にし生演奏する

というコーナーがありました

「朝焼けの仮面ライダー」「半蔵門」「メキシコ」等のワードを選び

T-Rex風の曲を作り演奏するという、よくこんな事やってたなという内容です

「決して馬鹿にしてる訳じゃありません」

「この曲楽しいな!」

とご満悦の様子で思わず聴いていて笑ってしまいます

夕焼けの車の中でお通夜に向かっているのが信じられませんでした

この段階でも「トシが頭おかしくなって訳解らんデマを言っている説」は胸中20%ありました



斎場に入ると

Tom Waitsの「Grapefruit Moon」が聴こえてきました


そーれーはーやーめーろーやー!


Tom Waitsは思い出がありすぎです


祭壇には直志のアー写の遺影と

メインのギター2本

愛用のマイク、様々な写真等

飾られています

かなりいい感じ


幼少の写真の隣に

「おかあさんがいなくなりました。誰か探して下さい」

とつたなく書かれたメモの写真があり

ほほう、こんな可愛い幼少期があったのかね

と思っていたら

それは親猫の事らしく、近年の出来事だと

ただ単に字が汚いだけだったと昨日知りました


プロジェクターでトラフォからは「錆びた雨」を上映

そして式の後にMRCを流し

会場に少しカラッとした明るい空気が運べた気がして

奴もちょっと懐かしんでくれたんじゃないかな、と思います。




「お知らせ」


この度、直志所属のBLIND BIRDとTHE TRANSFORMERとで

「桐嶋直志を偲ぶ会」を行うこととなりました


5月11日(金) 町田プレイハウスにて

Open 18:00    Start 19:00


お別れの出来なかったファンの方々や関係者、音楽仲間等

改めて明るく直志を送り出してあげられたら、と思い企画しました

是非御参加の上、皆で想いの共有が出来たらと思います。

詳細が決まり次第、追ってご報告致します。

宜しくお願いいたします。

P_20180320_104738.jpg




悲しいお知らせがあります
 



BLIND BIRDそしてTHE TRANSFORMERのヴォーカリスト
 

桐嶋直志が2018222
 

心不全により他界しました
 
 



ご遺族のお気持ちを考え
 

告別式を終えてからの
 

本日のお知らせとさせて頂きました





10年以上濃密に苦楽を共にした同志を失うって
 

こんなにも辛い気持ちにさせられるんですね
 
 
 


まさかこんな文章を書く日があろうとは
 

夢にも思っていませんでした
 




奴は私の今までの人生の中で
 

とても大きく
 

かつ影響を与えてくれた存在でした

 
 


また別々の活動になってからも
 

私という人間を最も理解してくれる一人だったと思っています





そんな奴から
 

突然この世界からイチ抜け、みたいに
 

置いて行かれた気分です

 



正直まだちゃんと実感は出来ていません
 
 
 


先日お別れをしてきたけど
 

電話を掛けたら
 

ニッと笑ったような声で出てくれそうな
 

そんな気がしてしまいます





想いのまま文字にすると
 

延々ととりとめの無い文章になりそうなので
 

端的にまとめておきます





最後に



この先、私がどんな人生を歩もうとも
 

懸命に精一杯生き続けてやろうと
 

改めて誓いました




合掌


3uNbs04JLW.jpg

↑このページのトップへ