さて本日2月22日はTHE TRANSFORMERのヴォーカル
桐嶋直志の命日です

この一年間は凄く短く感じましたね

去年も既にコロナが始まっていて
その後の行動が大きく制限されていた事も一因なのでしょう
んで今日現在も緊急事態宣言の最中
このループももう無しにしてほしいですね


そんな最近ですが
ぼんやり昔の事を思い出していました


出会ってすぐの頃
しょっちゅう私の家で酒を飲みながら話をしていました
まだベースのトシが加入する前です


電子機器とブラックライトだけの薄暗い部屋で
お互いの好きなCDや映像を再生しながら
これは良いとかこれは嫌いだとか
お互いのフェイバリットであるトムウエイツを聴きながら熱く語り合ったり

そして始めるトラフォの事も話し合ってました

お互い作詞曲をするので共通の認識を持とう、と
詞の世界観から主人公の視点はこうだのああだの
非常に詳細にわたって話していたのを覚えています
とてもワクワクする時間でしたね



だいたい夜中に集合して日の出に帰るパターンでしたが
奴は苦手な日本酒を飲みすぎてトイレに籠城してて
しょうがねえか、と私は寝室に寝に行き
起きたらいつの間にか帰っていた、なんて日もあったり


歌詞が出来るまで帰れま10的な事もやってました

お互いそれぞれの作詞をするだけなのですが
タコ部屋状態にして逃げの機会を排除し
ひたすら集中する、というものです

食事は私が蕎麦やホットサンドみたいな物を作り
ブラインドから僅かに漏れる陽の光だけが
ああ次の日が始まったんだな、と感じさせる状態で

たまに

「そっちはどんな感じ?」

「いやそっちっこそどうよ?」

みたいなやりとりだけです


確か私が「錆びた雨」という曲を書いている時
奴の「赤い花」というタイトルの書きなぐった紙が何枚も転がっていました



今もリアルに思い起こせられるのは
基本的に現在もやっていることは同じだからなのでしょう
まあ今は夜に寝て朝起きる健全な生活ですが


たまに酷く煮詰まった時に
何かアイデア考えてくれねえかな、と思ったり
せめてヒントだけでもさ


なんて冗談ですよ。
MOgQ6GYVW4.jpg