皆様如何お過ごしでしょうか

またまたブログを放置してしまいました

そうです、本郷信です

今夜久々に密やかに更新したいと思います


それにしても連日寒いですな
それ故に今季はよく鍋をやります
鍋とは言っても野菜と豆腐の汁物代わりのシンプルなものですが
唯一のこだわりはワタリガニの足を入れる事
これで旨味がグッと増します

そこでふと思いました

バーレーン王国からはるばるやって来たカニを買わずともワタリガニならそこら辺の海で捕れるではないか

折角引っ越して多少海に近くなったんだし行ってみるか、と

ついでに検証してみたい事がありました

東京湾奥の都市部の海の幸は美味しく食べられるのか?

透き通っていない茶色の海は今まで釣りの対象としてはいませんでした

昔と比べて今は東京湾の魚介類も美味しく食べられると聞きます

ならば自分で釣って食べてみるしかないだろう、と

19時に自宅を出て下道で1時間と掛からずポイントに到着

今回はカニ網という仕掛けを使います

カニ網はビラビラと細い網の根元にオモリとミカン網が付いていて、ミカン網に餌の魚を入れ足下に投入
餌に寄ってきたカニが細い網に引っ掛かって動けなくなる、というシンプルな仕掛けです

ポイントは工業地帯の湾で「東電前」というバス停の真ん前なので仕事終わりの人々が行き交い、ちょっと恥ずかしさも芽生えます

海にカニ網を投げ、後は人を待っているかのようなそぶりで時をやり過ごすだけです

今の時期はワタリガニやタイワンガザミは厳しいだろうけど、同じガザミ系のイシガニならいるはず

程なくイシガニが3杯掛かり、一回分の鍋には充分、と足早に帰りました

帰宅しまずは下処理を

水の入ったボウルにカニを放り込み、この時水面に油のようなものが浮いてましたが見なかった事にします

暴れるカニのハサミに注意しながら流水とタワシでキレイに洗い、フンドシとエラを取り鍋に投入

みるみるうちに美味しそうな赤に染まります

香りを嗅ぐとガザミ特有の良い匂いが

しない

何故??と思いながらまあ明日にはいい出汁が出てるはず、と信じ火を落としました

翌朝早速鍋の状態を確認してみると

何だかすえた臭いがしてました

カニの美味そうな匂いは皆無です

そんなバカな、、とおもむろにカニ味噌を口に入れてみると

グエエェ

不味い

思わず吐き出し鍋を捨てる事にしました

何がいけなかったのか

ドロ抜きが必要なのか?

いづれにしても暫くは湾奥の魚介は避ける事と決めたのでした


カニ達よ、食べる事なくただ殺してしまって本当に済まなかったがに。


大変ご無沙汰してます


ふと気がつけば年が明けてましたね

明けましておめでとうございます

音信不通状態でしたが私は元気です


下半期は制作に明け暮れた日々でしたが

その合間の10月に家の引っ越しをしました


前回の引っ越しからわずか一年で更に引っ越す事になろうとは夢にも思いませんでしたが

前回引っ越し先は住んで半年で「ここは違ったな」と思い密かに物件を探していました


なんだかんだずっと同じS市内に住んでいて

県内ではありますが人生初の市外となるY市に移住しました

快適ではありますが未だ家の中は未完成状態のままです

まだ隅にダンボールが積まれていたりしています

免許証の裏は住所の上書きまみれです


引っ越し作業の大部分は自力で

さすがに無理目な大物の荷物はプロに任せようと、前回の大手業者とは別の大手業者に依頼

しかしこれが間違いでした


引っ越し依頼も2度目となると多少目が肥えてきているので

色々な所が目につきます

養生が不十分だったり

作業が雑だったり

軍手もせず素手で行ったり

段取りが悪くて時間が掛かったり


前回の引っ越しの時は

「こんなソファーはこのドアから入りませんよね?」

というような時でも見事に入れてくれて関心しきりだったが

「お客様!このソファーはこのドアから出せませーん!」

と助けを求められ

挙げ句は新居の玄関を不注意で破損させられ

その後の会社の対応も悪く

後に3社もの修理業者が関わり12月まで掛かる、というグッタリ具合でありました


大手ならクオリティの差は無いんじゃないか、と思ってましたが

意識からノウハウまで段違いの差があります


「有名なところなら有り」は無いなと

引っ越しをされる方々、気をつけましょう。






さて最近はスタジオ三昧の生活でございます

しかし連日暑いですな

野外で働いている人を見ると頭が下がる思いです

スタジオの中は空調が効いてるから快適だけど、もしスタジオが野外だったらどんなに辛い事か




B「はい今のテイクOKです」

A「ふう、それにしても毎日暑いな。日傘が無いと熱中症になってしまいそうだ」

B「本当ですね。スタジオに篭り続きなのに青白くなるどころか日焼けで真っ黒ですよ」

A「全くだ・・・ん?何かノイズのような?ちょっと今のテイク、ソロで聴かせてくれ」

B「・・セミの鳴き声が歌に被っちゃってますね」

A「しかもアブラゼミじゃないか。仕方ない、録り直そう・・。まったく厄介な季節になって来たな」

B「アブラゼミが終わったらツクツクホウシの時期が来ますよ。日が暮れたら鈴虫攻撃も始まりますしね」

A「考えようによっては鈴虫も風情が出て来るだろうが、この曲はクリスマスソングだからな。全く季節感が逆だ」

B「何れにせよさっさと今のテイクの録り直ししますかね。そろそろ下校途中の小学生のリコーダー軍が通って来る時間帯になりますし。」

A「そりゃいかん、ここはスクールゾーンだからな。先を急ごう」

B「・・何でこのスタジオ野外なんでしょうね」

A「・・そうだな・・・ん・?」

B「・・あ・・雨?」

A「・・いや、この黒い雲は・・いかん!」

B「もしや・・!」

A「ゲリラ豪雨だ!!て・撤収ー!急げー!機材を守れー!撤収ー!撤収ー!」


↑このページのトップへ