何だかデマに踊らされて結果現実のものになるという

笑うに笑えない事態が起きてますね

ちょっと皆さんパニックになってませんかねぇ



今なら「ぶんちんがウィルスに効く」という

デマを流しても信じられそうな気がする


文具店のぶんちんに長い行列が


メルカリでぶんちんが高額取引に


ぶんちんパトロール


すみません、悪い冗談です



先日スーパーに行ったら

ひきわり納豆が売り切れになってました

「TV番組の影響により・・」との張り紙が


止めてくれよ


週に3日は納豆を食べる私としては困るのだ

不思議なのは小粒納豆は平積みで在庫豊富

???だが

まぁこの類は数日で平常に戻るやつだろう


ちなみに私は

小粒とひきわりをミックスし

がごめ昆布(粉末状にする)

キムチ(細かく刻む)

卵黄

白ごま(すりおろす)

ねぎ(青部分多め)

タレは一個分のみを使用

400回こねる(精神論)


とても美味しいのです




最近花粉症の症状が出てきました

早くもグズグズです

しかしマスクは全然売っておりません

かといってウロウロ探しに出掛けて

感染でもしたら本末転倒です

使い捨てに高額を出したり

並んだ挙句殴り合いもしたくありません


そこで前回ブログでも書きましたが

自作をしてみました


まずは警視庁から発表された案で作成

ハリセンみたいなやつですね、確かに簡単です

しかし装着した姿を鏡で見て

残念ながら恥ずかしすぎて外出する気になれませんでした

「マスクが無くて可哀想な人」感が半端ありません



もうちょっとリアルな形にすることにしました

これなら外出は余裕

しかしよく見るとキッチンペーパーの質感は否めず


折角なので見た目クオリティの高さを目指しました

私はエギ以外でも工夫出来る男なのです

現在のこの苦境の中、楽しんだ者勝ちとも思います


表面側に不織布を一枚合わせ

キチペ感をカバー

寸法折り目の台紙を作成し

ヨレや傾きを無くす


P_20200229_155421_vHDR_On.jpg
完璧な自作使い捨てマスクの完成です(当者比)

ノーズワイヤー入りで大きさもホールド感もバッチリ

コーヒーでも飲みながら数分でささっと作れ

楽勝です



今や見えない敵に対して

それぞれが自己防衛するしかありません

たかが簡易マスクではありますがそれは

丸腰で立ち向かう我々の意思の盾なのかもしれません。

新型コロナウイルスの猛威が止まりませんね



私は漫画の「アイアムアヒーロー」を思い出しましたよ

あちらは噛まれてZQN化する話でしたがこちらはウイルス感染というステルスモード

敵がどこにいるのか全く見えないのは恐ろしい限りです



マスクは売っていないので手持ちもあと少しのみ

試しにキッチンペーパーで作るやつを掛けてみたところ、悪くないです



例えば今、既に感染していて発症していない無自覚状態と仮定します

こまめに手を洗い、マスクと可能なら眼鏡を掛け無意識的に目口鼻の粘膜に触れないようにする

外で他人に伝染さない為に


これだけでも全ての人が心掛けたらかなり効果があると思うんだけどな

公共の場でノーマスクの人結構見かけます




さて2月22日は

THE TRANSFORMERのヴォーカル

桐嶋直志の命日です


もう2年も経ったのか、と驚きですが


時間と供にそれは薄れてゆき

こんな日に想いを馳せてみる

とか

自分にとってそういうものではありませんでした



それは日々ある事で

 

しかし感傷とかではなく

感情を動かされる訳でもなく


例えば何かの集中を解いたとき

ふと外の風景を見て

ああ空が青いな、と

思うことに似ています


フラットな心の中に

淡々とそれが存在する

という感じです


これもある意味

人の心の中で生きる

という事なのかわかりませんが

自然体の今の自分にある

当たり前なものになってるんだと思います。

f1PVhY1vjX.jpeg

さて2020年もいつの間にか二月でしたか
今更ですが今年も密やかに更新したいと思います


巷ではウィルス問題が深刻化していますね
とにかくも手洗いをこまめにやることが有効のようです
マスクも飛沫感染を防止する意味でやったほうが良いのでしょう
つーかウィルス関係なく外で咳する奴マスクしろや

以前スーパーの惣菜コーナーでかき揚げを買おうとしたところ
思いっきり惣菜に向かって咳しているお婆さんがいて
かき揚げを諦めた事があります

ノーガードで陳列してる惣菜とかパンとか、好きになれません


前回までのワクワクダイソーエギの件ですが
行ってきました。
一月の半ばだったかな
本当なら12月中に行きたかったけど時間が取れず残念

大体において釣り人という生き物は
釣れなかった時に

*入りたかったポイントに先行者がいて入れなかったから
*風が酷くて釣りにならなかったわ
*今日は全然潮が効いていなくてダメだな
*今年は本当にイカはダメな年だ、去年はここで良い型が釣れてさぁ

などとほざくのですが
そっくり私の言葉と替えさせて頂きます

まあ時期的に期待は出来なかったけどね
次の検証は春かなー
続編として「光るワームで釣れるのか」
ワクワク本郷根魚編を行ってみたいと思います
時間の取れた時に製作にかかろうと思っています


さてこの程私が制作に関わらせて戴いたアーティスト
「Aqilla」のリリースが決定致しました
発売は四月で事前にMVの発表も予定されているので
宜しかったら是非チェックしてみて下さい。
17019.jpg

Aqilla 1st EP『Vinegar』
2020.04.15(wed)Release
GUPN-2001/¥1,500(tax in)
Penny Note Records

収録曲
M1.Bitter Face
M2.HAKURO
M3.炭酸ロード
M4.レンズ雲
M5.アカリップ

Twitter
Official_Aqilla
Aqilla Information

↑このページのトップへ