先日パーキングチケット(60分/¥300)を購入し路上に駐車

打ち合わせ場所に向かいました

思ったより打ち合わせが長引き、10分超過で車に向かったら

駐禁の紙が貼られてました

17分の超過との事です
 

つまりは

11:45~12:45(¥300)

12:45~13:02(¥15.000)

という事になります

始めに費やした300円がバカバカしく感じます


前方には絶賛取り締まり中の婦人警官がいました

一瞬物言いを言いたくなりましたが

完全に無駄と解っているのでやめました

私は狙い通りのカモという事です

真鯛釣りに来たのに真鯛をリリースする訳はありません

パーキングチケットは海老餌ということになります

今年は物凄く嫌な予感がします



それにしても寒い

今住んでいる所が木造家屋という事で尚更なのでしょう

以前住んでいたマンションは気密性が高く

この差は思いの外大きい

今の所は静かで駅近だし

隣人との生活音を気にすることもなく

他の点は現在の所は優っているけど

室温だけは負けているな

あとはカメムシくらいか


ということで結構寒さ対策は行なってきました

窓にはエアキャップシートを貼り

隙間用スポンジテープで冷気をガード

開け閉めしない窓枠には

農業用ビニール、通称「農ビ」で覆い

ダイニングにはコルクカーペットを敷き

軒下の穴は冬季限定で蓋をする

結構マシになった気がします

それでもやっぱり寒いけど


早く冬なんか終わって欲しいけど

空気が澄んでいるせいか

近隣で時たま富士山がチラ見できたりしますね

うっすらとてっぺんだけだったりしますが

特した気分になるのはやはり日本人ですね


この前物凄く急いでて焦っている時に

ビルの間からスコーンとくっきり富士山が見えました

「い・今ですか!?」

非常に複雑な気分になりました


今年はどことなく微妙な予感がします。


2018年もあと数時間で終わろうとしています

今年は考えさせられる年でした
曇が掛っていたような感じだったな


そういえば今年海に行けたのは6回くらいか
伊豆に行ったのは1回だけだったぞ
少なっ!
決して行きたく無かった訳ではなく
ジカリグを作ったり
エギバッグを進化させたり
家で夢は紡いでいたんだけどなぁ
こんなんじゃ駄目だな、もったいなさ過ぎる

というわけで2019年は
音楽も遊びもアクティブにいこうと思います
ブログは相変わらずだと思います

それでは皆様良いお年をお迎えください。

さて前回書いたVAPERBAについて


すっかりビルドの面白さにハマっていて

リアルタバコは相変わらず一本/日のまま

だんだん嫌いになるかと思ったら

むしろ美味しさがより解ってきた

流石究極のセッティングの一本、という感じか

でも少量で充分という感じである


ビルドに関しては

Vapefly Galaxies RDTAアトマイザーに入っていた

ニッケルNi80ワイヤー 26ゲージ 内径2.5mm 0.87Ω


その後コイルビルドセットに入っていた

カンタルワイヤー 24ゲージ 内径3mm 0.71.0Ω

で試している


爆煙でなく比較的低出力でチェーンする感じ


Ni80は立ち上がりが早くシャキッとしてて好き

今度はこのワイヤーも買っておこう



そんなこんなで吸っているうちに

味が薄くなり吸い心地ももっさりしてきた

コットンの限界が現れたもよう


しかし生憎ここはスタジオである

コットンは持ってきていなかった


そろそろちゃんとコットンを買っておこう、と思ってたので

近くで仕入れてみる事にした


コットンは専用品も売っているが

薬局で売っているやつでも充分らしい

ただコットン次第で味わいも違うようだ

付属で付いてきた内の一つ「Muji

これは無印良品ブランドらしいが

こちらは個人的にイマイチの印象だった


調べてみると資生堂の「クレ・ド・ポー ボーテ」

が最上のようで

しかし百貨店とかに行かないと無いものらしい

とりあえず他のメーカーも上げて近所のドラッグストアへ行ってみ



ドラッグストアにはリストに上げた物は一つも無かった

仕方ないので戻ると

スタジオの3件隣りに小さな化粧品店があった

しかし「資生堂」の看板が

恥ずかしさもあるが入ってみることにしよう


俺「す、すみません コットンを探していて@@@社の・・」

店「こちらは資生堂の専門店ですのでゴメンナサイね」

俺「あ!・・ならええっとクレドぽう・・」

店 キラッ「こちらでございます」

俺「そ、それください」

店「頼まれ事だと分からないですよねぇw」

俺「すみません実は電子タバコ用でして」

店「???」

俺「何か物凄く評判が良いらしくて・・」

店「このコットンはシルクが入っているんですよ

  それがいいのかしら」

俺「本当スイマセン・・」

店「こちらこそ貴重な情報ありがとうございますw」


めちゃ恥ずかしかったが思わぬ本命との出会いであった

一箱で2年は持つであろう・・良かった



スタジオに戻り

コイルをドライバーン(空焼き)してガンクを落とし

コットンをセットして吸ってみた


驚きの吸味

余すところない味の再現力というか

さっきまでのと比べるとレンジ幅がまるで違う

音で例えるなら

MP3とハイレゾ位の差である


まだコットンウィッキングのバラツキで

その差というのもあるだろうが

ちゃんと出来ればこの味に到達出来るであろうから

大正解である


ありがとう資生堂

2年後にまた。

P_20181214_104629.jpg

↑このページのトップへ