さて関東も梅雨入りのような今日この頃ですが皆様如何お過ごしてしょうか

私は先日愛器の手入れをしておりましたよ
Gibson Les paul Jr 1956年製

ライブステージを行なっていた時は湿気に注意し
頻繁にワックスで保護していましたが
ここ数年穏やかな環境で
製作やレコーディングで使う位です
なのでご無沙汰でしたが
久しぶりのワックスがけです

ビンテージ用のポリッシュと
天然のワックスを使用します



このギターとの出会いは25年位前

その頃一応プロデビューしてはいましたが
楽器に関しては酷く無頓着でした
音なんて大して変わらんわ
とメインは国産の安物ギターを使っていたのですが
ギタリストの友人に
「お前はレスポールJrとか合いそう」
と知り合いの楽器屋に連れて行かれたのがきっかけでした

代々木駅前にあった
「Rough Time」
というビンテージを扱う楽器店

そこに’56年製と’55年製?だったか2本在庫していて
とにかく鳴りに驚きました
木が鳴っている感が凄く
音も「俺が俺が」と迫ってくる感じです

’55年?の方は音が太すぎな印象
’56年は音がぶっとくてしかもシャープ
ネックは丸太のような太さ
迷わずこちらを購入
確か28万円位でしたが
今で考えると破格です

ビンテージにハマったきっかけはここだったなぁ


そこからJrは自分の分身並みに
THE TRANSFORMER
Scars Borough
でのレコーディングの殆どを担い
ライブでも酷使してました
生き物のような音、というか
私の感情をそのまま表現してくれるギター
そんな存在です



ステージングは激しいプレイだったので

塗装はどんどん剥がれ 

パーツも消耗、故障等により
ペグ、フレット、ブリッジ、ポット交換

ピックアップのコイル切れには
ビンテージコイルでリワイヤリング

ギブソンあるあるとも言える
ネックヘッドに割れが入った時はショックだったなあ



それでも変わらず
ぶっとくてシャープ、艶っぽい音色は
有難いことに今も健在であります



よく冗談交じりに
「俺が死んだら一緒に墓に入れる」
なんて言ってましたが

勿論私が死ぬまで手放しはしませんが
いつかこの世から去った後は
他のアーティストの手に渡るべきギターなのでしょう

なんかそんな宿命を持った楽器なんじゃないかと思います。

さて今年で10年目を迎えた我が愛車ですが
去年までディーラーの定期点検パック的なものに加入しており
メンテナンスをお任せで行っておりました
まあディーラーなら間違い無いだろうし
また無頓着が故でもあります


で去年の秋の点検時に
翌年の車検整備の概算見積もりもお願いしたところ

ざっと27万円!との事でした

ディーラーは高いとは承知してましたが
これはなかなかな金額です


担当の方は
「車も10年目ですし、そろそろ新車の買い替えも検討されては」

ほーん

新車に買い替えるか
或いは乗り続けるなら町工場にでも行ったらいいんじゃないですか

と言われたような気になりました
 
違うカモだけど


まず購入からはや10年というのが驚きでした
早いもんだなあ

昔の常識として
10年でポンコツ扱い
みたいなのはありましたが
今の車はそんなこと無いようで
メンテさえしっかりしていれば
全然元気に走るぞ、と

ちなみに前回の愛車は
15年25万キロまで乗りつぶしました
当時は他に無い青紫っぽいボディカラーがお気に入りで
いい加減な管理でもよく走ってくれました

今回も乗りつぶす気満々なのです


買い替える時は
・他に欲しい車が現れた時
・今の車が嫌になった時
でしょう

私は未だ現車が好きだし
不具合も全然ありません


という訳でディーラー以外で車検整備を行う事にしました

勿論交換すべき箇所はしっかりやる、を前提です


見積書の交換項目を参考に自分でもネットで調べ
自分で調達、交換できる物はセルフで行う事にします

エンジンオイル、エレメント交換は自分ですることにし
スタジオに破棄予定の板材があったので
それで乗り上げ用スロープを作りました
IMG20210407163005.jpg


タイヤは近所に激安店を発見したのでそちらで交換

そして車検整備ですが
諸々の手数料がびっくりするほど安い店があり
少し不安でしたがそこにお願いすることに
簡単な交換作業だけだし
お試しということで


内訳はこんな感じ

(DIY)
・エンジンオイル、エレメント交換
・バッテリー交換
・ワイパーゴム交換
・エアコンフィルター交換
・発煙筒

(タイヤ店)
・タイヤ交換(Pirelli-P6)

(車検整備工場)
・ブレーキパッド、ライニング交換(初)
・ブレーキオイル交換
・クーラント交換(スーパーLLC)(初)
・各ベルト交換 (初)


諸々しめて15万円ちょいで終わりました
27万円→15万円なら上出来でしょう


今更ながらですが
自分で調べていくうちに
DIY整備に興味が出てしまいました
周りに詳しい人がいたらいいのになあ

とりあえず近い内に
自分でスパークプラグ交換をやってみたいと思います。

さて12月頃のブログに書いたシリコン洗車
今日現在まで続けております

興味の無い方にはなんのこっちゃな内容でしょうが
そもそも私のブログ自体なんのこっちゃな内容なので平常運転とさせて頂きます


以前、硬化型ガラスコーティングをしたもののイオンディポジット(雨染み)
に悩まされていた頃、Youtubeで知り購入した

「信越化学工業 シリコーン KF96-50CS」

車の洗車用品ではありませんが
シリコンは車関係商品他数多く原料として入っています
シャンプー・リンス等はたまた食品にも含まれているそうです

透明の液体でツルツルします
硬化せず揮発もしません

塗装面、ガラス、未塗装樹脂、ゴム等全てに使用出来て
このシリコンを車のボディに塗ると
表面の汚れに浸透しやがて塗装面に到達
これを「含浸」と呼ぶそうです
洗剤で簡単に落ちてしまい持続はそれほどでもなさそう
しかし逆に被膜の刷新が容易だから良いのでしょう


含浸以後の効果は

雨染みや汚れが取れ、以後付かなくなる
洗車傷を見えにくくする
ボディがピッカピカになる

との事

効果を実感するには
週1洗車を3か月続けること
だそうです

私は検証を始めてもうすぐ3か月になりますが
結論からいうと

大満足でした
車写真1.jpg
10年落ち洗車傷だらけの車の結果です


洗車傷に関しては直射日光下ではやはり見えます
ので△かな


本来ならボディ染みのままの状態でシリコンを塗布していくようなのですが
私は効果を早く見たかったので超鏡面コンパウンドで軽く下地処理を施し
しかし取り切れなかったデポジット、汚れは深追いせずそのままの状態からスタート

最初は「ドブ漬け」という、シリコンをベタベタに塗布し放置するらしく
私は一週間そのままにしてみました

その後は週1で
水洗車~シリコン塗布しふき取り
だけを繰り返し

数週間過ぎた頃からテカリ方が変わってきました
デポジットも完全では無いにしろ概ね見えなくなりました
「含侵」というやつに成功したようです

面白くなってきた私は
参考にさせて頂いたvwfixlife@youtubeチャンネルでの
派生品もマネして作成

簡易メンテ用「GTFS」
(水+ひば油+小麦粉+シリコン)

「カルナバX-1」
(カルナバ蝋の粉末をシリコンで濾したもの)
テッカテカになります


個人的にはGTFSがお気に入り

含侵したボディなら
水洗車のちGTFSで拭いてお仕舞い
かつ飴細工のような艶が出るのでこれでも充分かと
250mlのスプレーボトルあたり原価が数十円位で超コスパです


余談ですが
車以外で効果大だったのがトイレ掃除です

キラキラツヤツヤになり
便器の尿石等汚れはシリコンが犠牲被膜となり
固着は皆無です
出来ればお見せしたいのですが
自主規制とさせていただきます

ただし床にシリコンを付けてはいけません
滑って下手すると大怪我します


ともかくも
今はガラコもタイヤスプレーもカーシャンプーも不要となり
シンプルな装備となりました
IMG20210323161948.jpg

市販の商品とは異なり
万人受けは難しいかもしれませんが
DIY好きにはとても魅力的な遊びになりますね

果たして週1の洗車を行ってきた故に今や習慣となり
実感するのは

「こまめな洗車が一番重要」

という事でしょうか。

↑このページのトップへ