すっかり秋めいて朝晩は涼しくて気持ちいいですね


それと同時に私の住んでいる所には

厄介な刺客が訪れてくるようになります



そうですカメムシです



周りの環境に緑や畑も多いのでその影響なのかもしれません


彼等は秋~冬の暖かな日中に二階のベランダにやってきて

洗濯物に付いたり、ヘタすると靴下の中にインしていたりもします



カメムシというと黄緑色の可愛いやつを想像しますが

ここにくる種は「クサギカメムシ」という名らしく

よく見るカメムシより一回り大きく、濃緑で斑模様があり

はっきり言って気持ち悪い姿です



調べてみると僅か数ミリの隙間から侵入できるらしく

仕事部屋で作業している時に

「ん・・?・・何だかカメムシ臭い・・」

と周りを見てみると壁にいたり

またある時暑くなったのでエアコンを作動すると

吹き出す風から強烈なカメムシ臭がして

仕方なくエアコン洗浄スプレーを吹きまくり

おそらくの侵入経路である排水パイプにネットを張ったりもしまし



市販のカメムシ忌避商品はあるのですが

どうやら効果は期待できないもよう


そこで意を決し

ベランダ全てに防虫ネットを張り巡らしました

95%は網羅出来、まず侵入はしてこれないと期待したのも束の間

早速干しているTシャツに張り付いているのを発見、絶望しました

ネットとネットのつなぎ目の隙間や雨樋の隙間から巧妙に入ってくるのでしょう



その日からカメムシパトロールを強化し

侵入者を駆逐する決意をしました


ペットボトルを半分に切り捕獲器とし

見つけたら確保です

奴らは想像以上に素早く、そして恐ろしい事に飛びます

ビビったら負けです



カメムシのガスの臭いはとても強力で

スズメバチ対カメムシの動画を見たことがあるのですが

臭いでスズメバチが戦闘不能状態になってました

また、己の臭いで自らも死んでしまう事があるそう

 


市販の殺虫剤も効かないらしく

ならば、と電タバリキッド作成用に所有していた

「メントールクリスタル」という

大量のメントールの結晶を無水エタノールに溶かして作る

「飽和メントール液」を試してみることにしました

奴らはハーブが苦手らしく、これは効果あるかも



ベランダでカメムシを発見、ペット器で確保

そして飽和メントールの入ったスプレーを噴霧してみました

数十秒もがいた後、死亡

メントール自体の効果なのか、瞬時に飽和するメントールでの窒息なのか分かりませんが

これは有効でした


しかし毎度の殺処分も気分が悪いので

メントールの刑で弱らせて裏の草地に戻す、という方法にしました

出来たら苦手意識を植え付けさせて二度と近寄らないといいのです

所詮奴等は虫です

それは無理でしょう



今秋も既に網際での戦いが行われてます

幸い網の外側に止まっている奴らにスプレーをお見舞いし

ジタバタしているところをデコピンで地上に撃墜させています

今のところ我が軍への侵入は防げています



しかし令和初の攻防戦はまだ始まったばかりなのです。



P.S 速報!
たった今侵入されてました.....。
U0p2LR6jbs.jpg


さてVAPE中心に移行して
リアルタバコ 一本/一日 から9か月
そしてリアルタバコ自体を吸わなくなって4か月
が経ちましたが
拍子抜けするほど何の苦もありませんでした

今リアルタバコが吸いたいか?というと

自分でのセッティングのマニトウ・ゴールド
ならちょっと吸ってみたい、とは思います
ただ以前のようには戻る事は無いなぁ


VAPEは吸い方に2通りあって

MTL(マウス・トゥ・ラング=タバコ吸い)
DL   (ダイレクト・ラング=直肺吸い)
があり

MTL は抵抗値(Ω)高めのコイルで低出力(W)でタバコ同様に吸い
DLは 抵抗値(Ω)低めのコイルで高出力(W)で深呼吸のように吸います

私はタバコからの移行なので最初はMTLでした

元々はリキッドも自作派でしたが
興味は市販リキッドにも移り
巷で評判の高い商品を幾つか試すようになりました
その中で
これは美味!と感動するものもあれば
う~ん、これは合わないな・・何でこれ人気なんだ?
と思うものもあり
しかしある時、試しでDLで吸ってみたところ
あれ・・?全然味が違う
合わないと思っていたリキッドが俄然美味しく感じられました

ワッテージ高めで深く吸い込む
吐き出す時に鼻と口にジューシーなミストの塊が
シャワーの如く降り注ぎ旨みに満たされる

ジュースのようでジュースに非ず
ましてや喫煙でもない
新しい嗜好品という感じ

セッティングによる味の違いはマーシャルJCM800みたいなもので
ボリュームを1で鳴らしてもヌケの弱いボソボソとした音で
ニコチンというエフェクターを必要とする
ボリューム4~で初めて本来のマーシャルの美味しい音を出す事が出来る
みたいな、またはその逆もあり、深い世界です

現在はリキッドにより
MTL (ニコチン有り)
DL    (ニコチン無し)
半々で吸っている
自分の中では別物の感覚です

まああくまでもこれは私個人的な見解です
続いて現在使用しているリキッドについて書いてみようと思います


「Bandito Juice 白ブドウ」マレーシア産
個人的にダントツ一位
濃厚なマスカットの果汁感と甘み
ただ一か月すると若干風味が抜けてきたような気が、、
主にMTLにて使用


「Phat Juice Blue Slush」マレーシア産
ハニーデューメロン味
もろメロン果汁の味
さっぱりと吸えてチェーンしてしまう
主にMTLにて


「スノーフリークス メガマスカットプレミアム」国産
Bandito の味がミッド寄りの感じとしたらこちらはミッドハイの味
スコーンとした旨み
これも美味いがややお菓子寄りの平たい味 
MTLにて使用  


「Bandito Juice マンゴスチン」  マレーシア産
初め開封時は鼻から抜ける風味が
モンシロチョウの鱗粉のような味がして絶望した
一週間スティープ(空気にさらして熟成)のち
モンシロ感がうまいこと抜けて美味しいライチっぽい味に変化
MTL, DL兼用


「小江戸工房 セックスオンザビーチ」国産
購入当時MTLで試すも味のヌケも悪く化粧品のような感じで
全然好きではなかったのだが
その後DLで吸ってみたらとても美味しい事が判明した逸品


「Skwezed グリーンアップル」米国
完全にハイチュウみたいな青りんご
DLまたは自作青りんごリキッドとブレンドでMTL


「スノーフリークス ギガグリーンアップル」国産  
濃厚、青りんご+お酒っぽい深み
MTLにて


「Sugoi vapor    SAKURA」米国
あっさりと美味いパイン主のフルーツミックス
両用だがMTLの方がそれぞれの味がハッキリと感じられる


「りきっどや スムースタバコ」国産
数年前に電子タバコを始めた頃
市販のタバコ味リキッドを吸って
全然美味しく感じられず
それ以来自作リキッドの道に
様々なフレーバーを試した結論として
タバコの味を再現するのは無理、だった
そんな中、去年暮れに当商品を試したところあっさりと
これでいいじゃん、という気分にさせられた
これをベースに自作タバコフレーバーをミックスして
MTLにて使用


先日、米国で電子タバコリキッドの規制に関するニュースがあったけど
何だか裏がありそうな話だなぁ
疾患の症例も多くは大麻(麻薬成分THCでCBDに非ず)入りの闇リキッドだそうで
未成年の使用を抑制する目的なのに市販リキッド自体を規制掛けるって変な話だ
ましてやタバコ味は規制の対象外って何だそりゃ
今どきピーチタバコとかラムタバコ味とか複雑なリキッドあるんだけど、どう区分するのかね

何にせよ現実にならないよう私も嘆願書に署名をしました
国内でも変な偏見が広がらないといいなぁ。
P_20190730_115504_vHDR_Auto.jpg

先日伊豆へ行ってきました
目的はエギングでの春のデカイカです
しかしこれが全くアタリなし
つーか全く気配なし

つまらなくなってきたので
ワームを刺したフック自体にオモリを付けた
「直リグ」で根魚狙いに変更

これが一投目でアタリあり
一瞬根に潜られかけつつも何とか引っ張り出し
抜きあげてみると正体は見事な
「ミノカサゴ」
水族館でお馴染みのヒレに毒針を持つ危険な魚です
wOxJiENrod.jpg

堤防のおっちゃんが
「要らないなら貰うよ」
と言ってきますが
私はこいつが美味い魚なのを知っています
「折角なので持って帰って食べてみます」
「それがいい。毒魚は美味いんもんだ」

車へ戻ろうと港内を歩いていると
アカヤガラみたいのがヘチ際でクネクネと泳いでいた
よく見るとそれはイカで、しかし見たことない個体だったので掬ってみた
P_20190531_063352.jpg

ゼラチン質のそれは気持ち悪くすぐにお帰り願った
後で調べてみると
「ユウレイイカ」
と呼ばれる珍しい深海生物で
検索キーワードに

「ユウレイイカ 地震」

と出てきたりする
何でこんなところにいたのだろう
悪い事が起こらなければいいのですが・・

さて持ち帰ったミノカサゴ
危険なのでヒレをハサミで切り取ってから捌く事とした
myKcAqzWhj.jpg

まじまじと見てみるとヒレの先端に
透明のハリが出ている
なるほどこれがサクッと刺さって毒が入るのね
ともかくも3枚におろしてから汁物として頂きました
grYa874g4W.jpg

癖の無い白身と上品な出汁が良い味を出していましたよ

しかし満足はしていないのです
私が欲しいのはユウレイイカでなくアオリイカなのです。

↑このページのトップへ