某有名掲示板の事を以前に書きましたが

そのスレッドから今でも印象に残る書き込みがありました。

書いた人がオーストリーのスキー教師に教わったみたいなんですが

その教師は元WCのダウンヒルレーサーでシングルに入った事がある強者だったそうです。

ようはトップレーサー。

名前は書いてあったけど忘れちゃった…

で教わった内容が殆ど低速種目ばかり。
超低速のギルランデやらされたそうなんですが、あまりのストレスに教師抜こうとしたら、嫌がらせの様に更に低速になり…
その低速でエッジ立ててしっかりカービングターン。
そうなると誰も後を付いていけなくなったそうです。

その後にその教師はこの格言を残していったそうです。

「速く滑りたければゆっくり滑れ。」

これが私の頭から離れなくなったんですよ。

元ダウンヒラーだけに余計に印象に残りました。


教わった人、凄くいい経験したと思います。
ダウンヒルレーサーになんて教わる機会はそうはありません。
オーストリーは元ダウンヒラーがスキー教師を普通にしてるとは恐るべし。(笑)

いつでも基本て大事ですね。

私は今モーグル教わってますけど、レッスンでは必ず低速種目やますから。
そこから段階踏んで上がっていくのです。

至極当たり前の事なんですが。(笑)

今年も超低速練習で気付かされた事がありました。