ポチポチスキー用品を片付けてます。

で、今シーズンはメルカリで中古のブーツを買ってテストをしてました。

本ちゃんで使ってるブーツいきなり加工するのは怖くて、実験用で一足欲しいと探していたら、ちょうど履けるサイズとモデルが一万円以下で出ていたのでゲット。
年式はソコソコ古くてレーサーの娘が使っていたみたいですが、年数の割に程度は悪く無かったので、丁度良かった感じ。

で、やりたかった加工

ブーツの上部、外側を凹ますようにカットしました。


最初は裏側にメーカーがカット出来るようにミシン目がついており、それに沿って部分カット。

なんでこれやったかと言うと、ターンの切り替えをし易くする為です。

とあるスキーヤーがこれやったら激的にターンが変わったというので
ならばやってみるかと、黒いブーツを買い最初は緑の◯で囲ったくらい浅くカットして滑ってみました。

おー確かにこれだけでも違うぞな!
と、喜んで使ってましたが、まだなんか変えられそう。

うーむ、もうちょいカットしてたみたいな…と実験用に買った黒ブーツ。
これまた更に薄〜くミシン目が付いていていまして。

この画像は古いご先祖様に当たるブーツですが


こんな感じでバックル上を凹ます感じでカットしたら、更に違うかなと。

幸いミシン目ついてるから、赤◯で囲ったカット出来ました。
ハサミとカッターでやったもんで、仕上がり雑ですけどね。

で、これで先日の渋峠滑ったら

うおー!全然違う!
こっちの方がダイレクトに効いてる!
切り替えし易いし、捉えも違う。

慎重にやってましたが、最初からこんくらいカットしといても良かったな…

とまあ、私には好感触だったのですが、この辺は人それぞれなので

この加工が合う人合わない人が居ると思います。
メーカーやブーツの硬さも色々ありますし、カット用のミシン目がどの機種にもある訳では無く…

カットの必要無い人も当然居ますので

このあたりは自己責任で加工てとこですね。











消してしまったブログから


そうですね。

私もこの資格は先が無いと思います。

何も知らずにこの業界入りましたけど、実態が伴わないし、学校でこういうトコは教育してない?と思います。

私出たクズ学校のクズ講師は「卒業したら直ぐ開業出来るからさあ〜」なんて軽く言ってましたがな。

今は制度変わって無理なんですけどね。

そらそーだ。現実知ったら中退続出、入学もしないでしょうね。

これからこの資格取りたいて人が目の前に居たら
ワタクシ全力で止めますね。(笑)

他の事しなさいよと。

これからまだ大不況が迫ってくるでしょう。
ただでさえ、財布の紐を締める時代。

これから更に生き残りゲームが進んでいくのです。






今週の仕事はマイペースな感じ。

患者さん来院は波がありますが、ここ最近は平均値でしたが、今週は久しぶりに多少落ち着きました。

私の場合は患者さん1人に時間掛かるんで、数はこなせないんですけどね。

流れ作業みたいにハイハイとこなせる感じの方が疲労少ないかもしれません。(笑)

気を使う必要無いですからね。

精神的エネルギー消費がパネェす。(笑)


先日の厄介なギックリ腰の患者さんが落ち着いてきたので、多少は肩の荷が降りたかな。





↑このページのトップへ