こんばんは!

今日は僕の唯一無二の親友、
蒼木陣くんの誕生日です!


みなさん、お祝いしてあげてください(*´ω`*)



でわでわ

















なんて。笑


せっかくなんで、陣との思い出でも書きましょうか。


陣とは中学のクラスが同じで、
僕から陣への第一印象が、

「挨拶の声がやたらとデカイ出席番号1番」

でした。

陣「おはよぉおおござぁあいまぁすッッ」

(*´ω`*)「うわ、めっちゃ元気なやつおる。」


そんな印象でした。笑

あ、以下、
(*´ω`*)は、れお氏です。

当時、僕はすでにブレイクダンスを始めていて、


なんでか。


なんでかわからないのですが。


陣をダンスに誘ったのであります。


特別に仲良かったわけでもないんですが…笑

あの時の事は鮮明に覚えてるなー。
階段ですよ階段。
階段でスカウトしたんだったなー。


その時の陣のお返事も、今でも覚えています。



陣「お母さんに聞いてみる。」


いやいやいや!笑
別に習い事でもないし、ただ遊びの延長だよ!?笑

この当時の陣くんはかなり優等生ボーイだったのであります。



そして、ダンスを一緒にやりはじめたのでありました。


当時の彼はね…


本ッッ当にセンスが無かった!!笑


一緒に出場した大会も、僕は表彰されて、陣は予選落ち…なんてことばかり。


そして、高校3年の時、僕が怪我をしてしまうんですねー。
今でも後遺症があって、それをキッカケに僕は前線を離れました。
大会には出場しなくなったんです。


ちょうどそれくらいで、
陣が大阪へ。
僕は東京へ。

別々の道を歩き始めました。


その時からかなー。
陣のレベルがとてつもなく上がったのは。

本当に本当に上手くなりました。
昔夢みてた技なんて、バンバンやっとりますからね!

当時の僕でも、もう勝てないでしょうなー。




そして、僕は俳優の道へ。
その頃も、定期的に電話とかで連絡は取り合ってて。

一年くらいしてからかな?

陣との電話で、

(*´ω`*)「陣は進路どーするん?将来の夢とかあるん?」

陣「んーわからん。卒業してすぐは就職せんと思う。」

(*´ω`*)「そーかそーか。なら上京しーや。俳優なろで。」

陣「えー、うん。わかった。」


くらいのノリで陣の上京が決まりました。笑

いや、実際はもうちょいちゃんと話し合ったんですけどね笑



そして、陣、上京。


そこから、お互い別々の舞台に出演し、
陣は、兄ちゃんやとのちゃんと共演。


お互い、いつか共演するのが夢だなと話していました。


それが叶ったのが、みなさんご存知、

テニミュです。

陣が山吹に決まった時は、本当に嬉しかったなー。


共演出来て本当によかった。



これからも、
いい友として、いいライバルとして、

切磋琢磨していきましょう。




おれと出会ってくれてありがとう。

陣と出会えたことは、おれにとって一生の宝物の一つです。




写真はこの前も上げたやつだけどね。


{95178001-98B5-4477-89F0-98B6CB9F05C6}




でわでわ