こんばんわー☆

皆さんのコメントやリプを見て本当に嬉しかったです(;_;)

ありがとうございました!

事務所に届いたものも受け取らせて頂きました☆


舞台も終わったので役について書きたいなと思います☆


僕が今回演じさせて頂いたのは、

雲雀野高校2年生
Aチーム控え
「西原亮」という人物です。

・落ちこぼれのBチームは目に入っていない
・土門先輩の一人プレーが気に入らない

これが大まかな設定かな?


そこから自分でつけていったわけですけど、

土門先輩のことを西原は嫌っていたわけではないように作っていました。

西原にとってAチームは本当に本当に尊敬しているメンバー。
その中で土門先輩はエースですからね!

といっても秩序を乱すのはご法度、という意識は持っている感じです。


小山圭太さんやたっきーさんと話し合って作りました☆


そして大会目前のある練習の日、
元気なBチームの挨拶。
そこに加わる土門。

変わりましたよねー。みたいな。笑



AチームなのでAチームの調整を手伝わせて頂いたり、

演技直前に袖の円陣にも加えてもらったりもしました。

物語でも、リアルでも本当に尊敬出来る人達です。


あとはオープニングダンスと、ドラゴンヌードルのダンスですかね!


ドラゴンヌードルの時は西原として出ているので、バレないようにタオルを深く付けて!などの演出もあったり…笑




長くなりましたが、こういう気持ちでやっていました(*´ω`*)



西原くんありがとうね!



photo:01




ではー

舞台タンブリングVol.4、全公演終了致しました。


この今の気持ちを言葉にしてまとめる自信が全くありません。笑


とにかく、僕はこのカンパニーが大好きです。

Aチーム、先生達、ダンサーさん達、

そしてBチーム。


一番長く一緒にいたBチーム。

本稽古に入った時のことを考えたら怖かったのを覚えてるなー。


でもそんな不安はすぐに消えて。



photo:01



この2人と一緒にいることが多かったかな。

公人くんにはお世話になりっぱなしでした。

photo:02



佐香くんとは「おれらも一緒に跳んでるよ」とお互い言い合ってました。

photo:03



りょーすけとはくだらないことばっか話してたなー。笑


photo:04



このアクロバットマシーンめ!笑
聖也とは練習したりもするし、ある意味一番近い存在かも。



photo:05



純平の存在が僕の背中を推してくれました。
本当にありがとう。



写真がない方もいらっしゃいますが、
単純に撮るどころではなかっただけです。笑


そんな感じです。


泣きすぎて目があきません。笑



プレゼントやお手紙はしっかり全て受け取っています。


皆さんの声が聞ける時間が僕は大好きです。

今日は公演でもらったやつ全部読み返したのですが、楽屋でこっそり泣かせて頂きました。笑



これからもよろしくお願いします。






では今日はこの辺で。




ご観劇して頂いた皆様、本当にありがとうございました。














今日は激動を観劇してきました☆


凄いですねー。

とにかく役者さんたちの気迫が凄いです。


悲しいお話ですが、とても勉強になりました(`・ω・´)




久しぶりに舞台観劇をして思ったのですが…


やっぱお芝居っていいなー。


舞台上で人が生きているというか…


こっちからは普通に見えてるのに、向こうからは客席は存在しないというか。

なんていうんだろ。笑

まるで別世界が目の前にある雰囲気が僕はとても好きです(*´ω`*)


自分もそういうお芝居が出来るようになりたいな!


と、改めて思った一日でしたー☆


でわでわ

↑このページのトップへ