こんにちは。

かなり長く連載してきた当ブログもいよいよ最終回になりました。

最終回としてはHMBAで学んだことよりも、当ブログを運営していて感じたことを書いていきます。

感じたことは3点あります。ただ、この3点は入れ子方式で実は7点や8点、ということではなく、本当に3点です。

1点目はHMBAで学んだことを総復習できた点で、自分にも意味があったということです。

HMBAでの学術的な学びはほぼありません。

しかし、ブログを見返してみると、在学中に様々な経験ができたと率直に思います。

特に一生プライベートでも、ビジネス面でも顔を合わせそうな人と何人か知り合えたのは良かったと思います。

コミュ力はそこまで高くない筆者ですが、それでもある程度はHMBA内で人脈ができました。

そのため、一般的なコミュ力をある程度の水準で備えていれば人脈や友人ができる気がします。

2点目は、やはり大事なのは「継続」という点です。

このブログを始めた当初は1日多くても閲覧数が30ほどでした。

しかし、今では300を超えることも時々あるほど、ある程度の知名度を備えたブログとなりました。

継続の方向性が正しいか、結果を閲覧数で測ってもいいのかはわかりません。

それでも、時折寄せられるコメントを見る限りはHMBA内外の人の暇つぶしにはなっているようで嬉しいです。

3点目は文章の執筆が自分の好きな分野だと気がつけた点です。

筆者は引っ込み思案で発言をするのが苦手ですが、基本的にはおしゃべり好きです。

ただ、当たり前ですが、職場や大学院で私語がある程度の節度を守るよう、制限がかかっています。

そんなストレスが溜まる環境の中、ブログという形でストレスを解消できたので私の
精神衛生上も意味がありました。

4月からはついに社会復帰しますが、今回のブログの味をしめて別のブログを書いていこうと思います。

更新頻度は下がりますし、掲載媒体についても未定ですが、またお知らせいたします。

約10ヶ月間、お付き合いありがとうございました。


こんばんは。

前回まではHMBAの修了式までの流れを説明しました。

今回はその後に行われた、学位記授与式の模様をご紹介します。

実は修了式から学位授与式の間には1時間ほどスキマ時間が存在します。

このスキマ時間が修了式が伸びてしまったときの保険なのか、修了式後に学生が写真を取るための配慮なのかは不明です。

ただ、この時点では学位記は渡されていません。

そのため、単純に門や一橋のインスタグラム映えしそうなスポットで写真を取るしかなく下さいイマイチ卒業感は出ない気がします。

ちなみに、筆者はこの時間は教務課の応接室でこってり絞られていました。

空いた時間で手帳を買いに行こうと考えていたのですが、すっかり計算が狂わされてしまいましたね。

やはり人生は計算どおりに行かないものです。

そして、その後はいよいよ学位記の授与式に移ります。

ただ、ここでは特段面白いエピソードは起こりませんでした。

修了式ではパソコンをやっている学生もいたのに対し、学位記を授与する際には誰も勝手な行動を取らなかったのが残念なところです。

なぜ授与式で勝手な行動を誰も取らなかったのかは不明です。

ただ、筆者の勝手な推測ですと、恐らく授与式が行われた教室が小さかったため、勝手な行動が目立ちやすいからでしょう。

ゲーム理論で言えば監視機能のおかげで非協調的な行動が抑えられていたのだと思います。

執行機能が存在しないのでは?というツッコミも入りそうですが、もう学門の世界からは足を洗ったので、細かい論理的枠組みは無視させていただきます。

次回は本ブログの最終回です。

こんにちは。

前回はHMBAの卒業者発表の方法と、どれくらいの人数が今年度は卒業したかについて述べました。

今回は2019年、3/18日に行われた卒業式の模様をご紹介いたします。

まず、卒業式の開始時間は14時からになります。

ただ、私の場合は13時には招集がかかりました。

理由としてはワークショップを担当してくださった教員の方に感謝の気持ちを込めて研究室訪問を行うためです。

しかし、招集がかかったのが2日前ほどだったので、一部の学生は急なスケジューリングに対応できませんでした。

留学中で参加できない場合や身内の方が病に付している場合は理解できますが、単純に面倒だからという理由で参加しなかった方もいらっしゃると思います。

なんの理由もなく休んでもお咎めがないのがHMBAのいいところですね。

そして、その後は修了式という名の先生方のありがたいお話や、総代の挨拶を聞く会に移行します。

特に総代の方のお話は圧巻でした。

HMBAで結婚から出産まで経験されたのに、さらに日本語学まで極められたとのことです。

日本語学を極められたからなのかはわかりませんが、謎の衣装を着ていらしたのも印象的です。

やはり語学を突き詰めると世間的には奇抜都とられかねない世界に足を踏み入れるのでしょう。

次回は卒業式の模様を紹介いたします。

↑このページのトップへ