月別アーカイブ / 2019年04月

アガサ・クリスティ原作の映画「ねじれた家」を見て来ました。

最近はクリスティ作品の映像化が増えて来て、ポワロ・マープルもの以外のノンシリーズ作品も映像化されるようになって来ましたが、これもノンシリーズもの原作です。

映像化が増えて嬉しい半面、原作と全く違うストーリーになっているケースも往々にしてあるので少し不安だったのですが、この「ねじれた家」は原作を上手く映像化していてとても良かったです!原作ファンも安心して見れると思います。

ストーリー面の感想はネタバレになるので避けて、他の部分の感想を書きたいと思います。
まず舞台となるお屋敷が豪華絢爛で見応えがあります!登場人物のファッションもゴージャスで非日常感があって、映画の世界に没頭できます。
1950年代頃が舞台なのですが、当時の若者文化も描かれていて音楽も沢山使われいてお洒落です。イギリスのお屋敷や、ファッションや音楽等の当時の文化に興味がある人も楽しめると思います。

ゴージャスな映像とお洒落な音楽で、クリスティの原作をしっかり再現しているのでミステリーが好きな人にオススメの映画です(*^-^*)

原作も面白いですよ!

↑このページのトップへ