お久しぶりです。ゆーまおです。

ヒトリエは、自身がリスナーとして憧れた大先輩のバンドと2マンのガチンコライブ「bAnd」を定期的に行っている。
つい先日は THE BACK HORN との対バン。漢という文字がイメージにハマるアツいメロディと演奏と、ステージに立つ姿だけで男らしくかっこいい方達であった。1日が楽しすぎてベースの岡峰さんと朝まで飲めてとても嬉しかった。

この間まで周っていたヒトリエのワンマンツアーを経て、私個人のことなのか、またはバンドとしてなのか、演奏や表現が一つ皮が剥けた様な感覚がある。文章で表現するのも難しいが、放出の仕方が身体の動きで具体的になった実感である。
先に進んだ感覚を掴めば、今度は目標となる壁が現れ、極端に言えば何をしても何も良く聞こえない演奏状態で、今はまさにその渦中に自分はいる。
そんな好調とは思えない事を書いたが、私にとっては気持ちが晴れないモヤモヤした状態がポジティブだと捉えて歯を食いしばっている。
自分がいつの間にか違う自分に変わって研ぎ澄まされて、より大きく包容力のある風格が生まれる事を願い、第三者へ伝わったらそれ程嬉しく思うことはないと思っている。

でも今はピカチュウを捕まえに新宿御苑に行きたい。