昨日は府中アスレティックサテライトさんとTMでした。

TOP監督の谷本さんが帯同されていました。
いつお話しても気さくな方。
とても魅力的な方です。

しかし、昨日は試合が始まるとアグレッシブにコート内にコーチング。
まさに静と動。

あれは選手がファイトしますよね。
また1つ刺激をもらいました。

IMG_20180212_220931.jpg

バッファローズはと言うと、前日のTMで出たエラーを整理しながらも、プレス回避について少し変化を付けました。

コート内の内容に関しては、課題は引き続きあるものの、納得できるものでした。

ただ、誰しも陥るのですが、「取り組む姿勢」、「気持ちの整理」という部分は2日間気になりました。

TMをどれだけ公式戦に近づけて取り組めるか。
そこの差を少なくできる選手は、成長の幅が変わってくると思ってます。

むしろそこの差を少なくできるだけで、それは一選手としての「個性」となるものだと思います。

あいつなんでTMなのにあんな気合い入ってんだ?
TMごときでそんな吠えるなよ。
TM負けたくらいで泣くなよ。

選手時代に相手チームから自分にかけられた言葉の諸々です。笑

それだけ1試合にかけていました。
選手っていつ終わるかわからないので、どんな状況になっても後悔したくはなかったです。

その姿勢や気持ちは、自分の個性だったのかなと。

だからこそ、バッファローズにも理解してもらいたい部分。

目の前のトレーニング、TMにもっと危機感を持ち、成長の機会にしていってほしいです。

それを毎回積み重ねた選手が飛躍できるのだと思います。

自分は、その姿勢が「選手としての延命」でしたが、みんなであれば必ず飛躍に繋がるはず。

1日、1試合、1回のトレーニングを大切に前進していきましょう!!

地味に頑張ります。


冨成