今季の公式戦が無くなり来季に向けて準備したくなるのが運営側の心理。

でも、目の前には成長に飢えている選手たちがいる。

4f96e9eccaee6a4179172b76213bffaa.jpeg

そんな選手たちがいる限り目の前に全力を尽くすのが指導者としての務め。

フウガドールすみだというクラブに携わってから50名ほどの選手を指導してきました。

これからも関係が続こうが、チームを離れる決断をしようが、全員が自分の宝であり、教科書です。

最後の最後まで全力を注ぎ、シーズンを全うしたい。


地味に頑張ります。


冨成

⏬⏬⏬本格ブログも要チェック⏬⏬⏬