先日のプレーオフをかけた一戦。
サポーター席は素晴らしい雰囲気のように見えました。


dab0bab9782a8164372b28c4e41d1a57.jpeg

男性、女性、子供、下部組織の選手たちも混ざりトップチームを応援する姿は一体感があったように思います。

大一番だからではなくこれが日常である環境にしていきたいと強く思いました。

そのために、魅力的なクラブとなるため、魅力的な選手を育て、自身が魅力的な指導者となり、フットサルが魅力的であることを示していかなければなりません。

道が険しいのはわかっています。
だからこそやりがいがあるのでしょう。

できることから全力で。


地味に頑張ります。


冨成

⏬⏬⏬本格ブログも要チェック⏬⏬⏬