月別アーカイブ / 2019年02月

フットボールの魅力は観るスポーツであることに加え、簡易的でわかりやすいスポーツでもある。

見ず知らずの人とボールを蹴ると自然と打ち解けてコミュニケーションが生まれたりもする。

ボールを蹴ったらアミーゴ♪

みたいな言葉もあるくらいだ。

かつでフウガドールすみだ所属だった西谷選手。

当時馴染みのあったバッファローズの選手たちと談笑する場面がありました。

DSC_1238.JPG

チームは変われど、関係性は変わらない。

これからもフットボールが繋げた関わりを一人一人大事にしてもらいたい。

自戒の念を込めて。

地味に頑張ります。


冨成

今季も最終局面です。
残り2週間集中していきます。

名古屋での余韻もあり、ふわふわしている選手もいるでしょう。

DSC_1237.JPG

今日もしっかりオフを取り、明日から3月2日(土)に向けて具体的に取り組んでいきます。

今季、シーズン前に掲げた目標。

①関東リーグ参入
②選手権全国大会出場

DSC_1120.JPG

そこは達成できました。

あとは自分たちの可能性との戦い。
1試合でも多く戦うことが、自分たちの成長を促し、未来への可能性を広げていきます。

平均年齢20歳の選手たちの挑戦を是非ご覧いただければと思います。

2018Bss_01-077.jpg

今年もTOPと共に駒沢に帰還できるように最善を尽くしていきます。

応援よろしくお願いします。


冨成






昨日は兼ねてから予定していた名古屋遠征でした。

日本の頂点に君臨する名古屋オーシャンズTOPチームとTMを組むことができました。

この重要な時期にTMを組ませていただけたことに感謝しかありません。

DSC_1233.JPG

選手たちはこのような機会を得てやや興奮気味でした。

試合前、選手へマインドセットしたことは2つ。

①今、何ができて、できないのかを明確にすること。

未来に向けた大事な試合にすること。
自分たちが辿り着かないといけない領域を知り、解離がどれだけあるかを知る。
それによりこれから取り組むべきことを明確にする。

②試合中に起きる「できない」を少しでも「できる」に近付ける。

試合の中でいつも以上に「できない」ことが多く出ることが予測される。

それを1つでも「できる」ように適応していくこと。

DSC_1235.JPG

そんなことを話して臨んだ。

相手はベストメンバー。

やはり技術、戦術、フィジカルなどの要素において1つどころか2、3つ群を抜いていた印象でした。

その中でもうまくいかないなり、方向性を揃え取り組んだことで1ゴールもぎ取りました。

未来に繋がる大きな意味のあるゴールだったと思います。

試合が終わればノーサイド。
選手間でも交流させてもらいました。

DSC_1241_DIAGONAL.JPG

バー当ては完全にフウガが勝利をおさめました。笑

有意義な遠征でした。


しっかりオフを挟んで、選手権に向けて準備していきます。

地味に頑張ります。


冨成

↑このページのトップへ