月別アーカイブ / 2018年09月

この時期だからやるべきこと、やれることがあります。

同じことを繰り返しても成長はありません。
常にチャレンジした日々を過ごしたいものです。

DSC_0574.JPG

とにかく引き出しを増やし、その質を高めていくこと。

その途方もない作業にモチベーションを持って臨める選手、チームが強くなるのでしょう。

DSC_0573.JPG

応用は基礎の積み重ね。
基礎がない人は応用はできない。

成長していこう!!

地味に頑張ります。


冨成

猛牛を真似ると、、、

DSC_0562.JPG

こうなるそうです。
クオリティ高いですね(笑)

ありがとう、岸。


さて、、、

昨日は、朝から選手権の視察から始まり、仕事を挟み、夜はトレーニングでした。

選手権では、最近よくコミュニケーションを取らせていただいてる多摩大学福角監督と様々な話をさせてもらいました。

いつも話すと刺激をいただけて感謝しています。

選手権で試合ができるように最善を尽くしたいと思います。

DSC_0565.JPG

トレーニングでは、対人以外に丹羽が合流しました。

術後、7ヶ月。
徐々にできることも増えてきており、彼の絶え間ないリハビリでの努力が今日に繋がっているのでしょう。

焦らずコンディションを上げていきたいですね。


トップ昇格、強化指定の入れ替え、ファルコンズからの昇格などで多くメンバーが変わった9月。

第二の開幕戦と位置付けていた前節の都リーグは個人の能力際立つノルテさんに9-1で勝つことができ、F育成リーグは強敵町田アスピランチさんに8-4で勝つことができています。
何とか結果を出すことができていますが、さらに時間をかけて関係性を構築できたら、もっと良いチームになると確信しています。

スコアからもわかるようにまだまだ荒削りなので、一つ一つ磨く作業をしていきます。

DSC_0566.JPG

10月からはシーズン終盤に向かっていくので、チームの完成度が求められます。

大きな目標を掲げるよりも、目の前の試合を大切に戦っていきます。

地味に頑張ります。


冨成

次節に向けて逆算してプランニングしています。

前節の課題抽出、映像編集、トレーニングへの落とし込み、トレーニングマッチで精度確認、そして課題抽出。

合間にスカウティングも挟みながら、自分たちのストロング、ウィークを相手チームに適合して、どういうゲーム展開にしていくか構築する。

できることは山ほどある。

DSC_0522.JPG

勝ち点3のために、できる限りの準備をします。

今季は公式戦のフィードバックに時間を作っています。
相手の分析も大切ですが、そこに適応できるだけのあらゆる引き出しをまず持つことが重要だと考えています。

昨季、取り組んでいないことにもチャレンジしています。

一日一日を無駄にせず、次も勝つために最大限の努力を重ねていきたいです。

地味に頑張ります。


冨成

↑このページのトップへ