月別アーカイブ / 2018年09月

昨日は都リーグは休みでしたが、次節対戦相手を視察しました。

今季何回も試合は観てますし、映像もあります。

でも、大切なことは何を信じるかということ。

DSC_0622.JPG

人の情報を信じたり、映像を信じたりすることはしていません。

最後は自分の目と感性を大事にしています。
人の情報はその人の感性が入り、自分とのギャップが生まれます。
映像では、そのときの雰囲気やアップからの様子はかき消されます。

しっかり自分で観たものを大切にして、最後は自分を信じること。

ホームゲームの運営をせず、行かせてもらったクラブに感謝です。

その分、結果で返します。

地味に頑張ります。


冨成

夜な夜なパソコンに向かう日々。

昨日、、、いや今日も3時過ぎまでにらめっこしてました(笑)

DSC_0617.JPG

とにかく1試合ごとにこだわりを持って臨むこと。
試合こそ一番選手もコーチングスタッフも成長できる場。

その場に最高の準備をして臨むのが、自分の役割だと思っています。

それが今後のフウガドールすみだを支えるであろう選手たちであるバッファローズに対する責任でもあります。

そして何より負けたくないんです。
勝ちに飢えているんです。
後悔はしたくないんです。

6ddd6c2db072e863a5d1507121b0ae74.jpeg

この瞬間のためにやってるんです。

負けて良い試合なんてない。
何度でも選手とスタッフとサポーターと勝利を分かち合いたい。

地味に頑張ります。


冨成

選手へ発見を与えることが大切。

なるほど、と思わせたら後は自主的に取り組む。

DSC_0615.JPG

でも、どこか腑に落ちないと葛藤しながら取り組む。

どれだけ多くの発見を与えるかが指導者としての価値なのかもしれない。

そのためには常に自分が発見を得ること。
その発見を咀嚼し、選手に落とし込むことで選手に発見を与えることができる。

DSC_0616.JPG

そんな指導者でありたい。

地味に頑張ります。


冨成

↑このページのトップへ