月別アーカイブ / 2018年08月

昨日のトレーニングはオフ明けで次節まで2週間以上空くので基本的なことに触れました。

DSC_0463.JPG

セットも崩してみたり、ゲーム性の高いトレーニングに比重を起きました。

その日のトレーニングの意味合いをしっかり理解することは大切です。

指導者のトレーニングにおける「前・中・後」の関わりは重要です。

特に「前」はその日の質を決めるといっても過言ではありません。

準備(プランニング)からトレーニング前のマインドセットまでに重きを置いてます。
一番時間をかけるところです。

この日は次節の意味合いも含めて選手に伝え、そこに向けて一歩目ということで気持ちを揃えました。

コート内は気持ちが抜けることなく最後まで選手は高いパフォーマンスでした。

しっかり積み上げていきます。

DSC_0464.JPG

彼ともそろそろお別れですね。
指導者ですが、最後まで彼から吸収できるものはしようと思います。

地味に頑張ります。


冨成

都リーグはホントに勝つことが難しい。

だからこそ育成という視点も大切にしつつ、勝ちにこだわるスタンスで今季臨んでいる。

1534775025133.jpg

ゲームが決定的になっている場面でも、やるべきことを徹底させています。

1得点、1失点にこだわっています。

勝つためにトレーニングを積み、フィードバックを繰り返しながら前進しています。

その結果が前半戦を5勝1分で折り返すことができた要因でしょう。

次節、今季のターニングポイントだと考えています。
その理由は言えませんがとても重要な一戦です。

全員でベクトルを揃えて乗り越えていきます!!

地味に頑張ります。


冨成



昨日は都リーグでした。
非常に厳しい試合となりました。

1534680741385.jpg

SuperSports XEBIO
東京都フットサル1部リーグ2018
第7節
@小金井市総合体育館

vs 小金井ジュール

4-0 勝利!

得点者:村上×2、熊谷、山田

前提として何かを批判したり、非難することではなく、試合の構造がカオスでした。

マネジメントするのにストレスがかかり、選手をどうコントロールするかに意識が向く時間が長かったです。

IMG_20180819_220959.jpg

コート内はトレーニングしたことがしっかり表現されてしましたし、OKラインもしっかりクリアできました。

途中、自分自身が審判の方へ強く主張する場面がありました。
「強く主張する」と表現すると冷静になれよ、と思われることもあるかと思います。
ただはっきり言えることは冷静でいました。
個人的には、主張は大切にしてます。
昨年、公式戦を40試合近く戦ってきて感じたことでもあります。

そこは選手を守る意味でも大切ですし、何よりもそのプレー以降のゲームコントロールに影響が出るので基準を明確にしていかないといけません。

暴言も吐いていないですし、相手チーム、審判をリスペクトした中での主張です。
決して文句ではありません。

試合中、審判の方に主張できるのは監督とキャプテンだけだと認識しています。
そこも監督の役割なのでしょう。

そのような中でも辛抱強く戦った選手を評価しています。

ただ誰が悪いとかではなく怪我人も出てしまったのも事実。

選手は公式戦で成長できるものです。
その機会を極力奪いたくないのは自チームも相手チームも同じ。

クリーンでタフな強度の高い試合を増やせるように運営、審判、チームスタッフ、選手で築き上げていきたいですね。

学び多き一戦でした。

1534680762933.jpg

古巣でしたが、小金井ジュールは強かった。
きっと後半戦はリーグをかき乱す存在になる予感。

何はともあれ次節まで3週間。
しっかり準備していきます。

地味に頑張ります。


冨成

↑このページのトップへ