月別アーカイブ / 2017年09月

9月16日(土)~18日(祝月)まで高知県にて
全国選抜フットサル大会が開催されます。

東京都選抜としてバッファローズから4名が選出され、しばしチームから離れることになります。

岸、山村、三笠、岡崎。

東京都の代表として責任を持って最後までしっかり戦ってきてほしいですね。

2017F15-9.jpg

責任感が強く、ムードメーカーになる岸。
コート内のみならず、ベンチ内にいても存在感を発揮するゴレイロ。

もちろん実力も伴っており、まだまだ伸び代だらけ。

選抜での経験をチーム内(小林、茂呂)に是非還元してほしい。

2017f08_bs-4.jpg

左足の切れ味がいつもより増してきた山村。
チームでもコンスタントに結果を出して、コンディションは整っている。
左足だけではなく、右足でも結果を出せる男。

エッジを効かせたプレーは必見。

2017F15-10.jpg

当初フィクソでセンターラインを支えていた三笠。
通称セミ丸。

しかし、アラへのコンバートから脅威度が増してきた。

守れて、仕掛けて、蹴り込める選手。
夏の時期は終わってもフウガのセミは絶好調。

AC2A1332.jpg
※写真:Futsalstyleより

良い意味でプレーがやんちゃな岡崎。
誰にも恐れない姿勢は自分に自信があるから。

何だかんだで結果を出す男。
フウガ全体でもトップレベルのスピードは相手に脅威となるでしょう。

今回も選抜キャプテンか!?
キャプテンシーがないようである!!


そんな4名が全国の頂点を目指して戦います。

ただ、忘れてはいけないのが、選抜に行くことはチームを離れること。

虎視眈々とポジションを狙ってる選手たちが大会中にトレーニングを積んでいます。

遅れを取れば、選抜選手と言えども試合に出れるかはわかりません。

競争していこう!!

地味に頑張ります。


冨成

競技フットサルに携わりながら仕事をすることは選手、スタッフ共に凄く大変なこと。

職場の理解がなければ正直続けることは難しいかもしれません。

自分は幸いにも仕事もフットボール業界で働いています。
ホントに有り難いことに今年で14年目。

好きなことを仕事に出来る人は一握りだとは思いますが、それをできていることに日々喜びを感じています。

IMG_20170913_180850.jpg

昨日は自分が受け持つジュニアスクールのフットサルクラスでの指導。

ここのスクール出身者はファルコンズ鈴木雅史、ウィングス村山力などがいます。
少数ですがフウガに輩出しています。

そんな中、自分のアシスタントに入ってくれているのが大泉和也。

_20170913_202257.JPG

若いけどフットボールに熱い男。

そして、自社運営しているジュニアユースチームのOBでもある。

さらに、何を隠そう彼はJリーガー(J3)。

おまけに、トップチーム田村佳翔と同級生。

トップの競技者として色々な話を聞くことで刺激をもらってます。


仕事もフットサルに携わり指導者をしています。
さらに指導者養成などの品質管理部門で専門的にフットサルに触れることで様々な発見があります。

同じ部署で最も時間を共有する時間が長いのは元フットサル女子日本代表監督、現JFAインストラクター在原正明。

元上司は、JFAテクニカルダイレクター小西鉄平、サブダイレクター小森隆弘。

そして部署が違うもののいつも的確な助言をくれるファイルフォックス元選手兼監督の北智之。

素晴らしい環境で仕事をしていることに改めて感謝しかありません

仕事も全力で取り組んでいきます。

地味に頑張ります。


冨成

雨にも負けず風にも負けず。
屋外コートでの経験は心身共に成長させてくれます。

IMG_20170912_213318.jpg

怪我人、体調不良、トップ帯同などに人数は少なめ。
ファルコンズより4名招集してトレーニング強度を保ちました。

IMG_20170912_223029.jpg

全日本ユースで話題になったOK佐藤。
らしさを出してました。

シーズンインして6ヶ月。
今が一番疲労が蓄積している時期だと思います。
怪我人も5名。
来週中にも復帰予定がほとんどですが、強度調整とセルフケアの意識を高めることを並行して行わないといけません。

彼らは日々必死でわからないとは思いますが、個人的には個々の成長を強く感じています。

選手がそれを実感できるのはチームとしても、個人としても去年よりも良い結果を出すことなんだと思います。

そこに達するように自分も努力を続けていきます。

トレーニング後に「バー当て」をトワ、ボブとやりました。

あっさり勝利。

_20170912_222951.JPG

トワ先輩、ごちそうさまです。
今度、おごるから飯でも行きましょう(笑)

地味に頑張ります。


冨成

↑このページのトップへ